年下男性が惚れてるサインはこんな言動や仕草に表れる!ほんのり脈あり段階のサインと本気の好意のサイン

仕事や交友関係で年下の男性と接することがある女性は多いです。

先輩として、教育係や頼れる年上の知り合いとして接していたところ、急に彼の言動や仕草に変化が表れて、あれ?と思ったことは一度や二度ではないでしょう。

そんな言動や仕草が変化した年下男性は、実はあなたに好意を抱いている可能性があります。

まさか惚れているとは思わないかもしれませんし、そんな素振りを感じない仕草や言動のケースもありますが、そうした場合はまだほんのりと「あ、いいな」と思っているくらいの段階であるかもしれません。

本気で好意を抱き始めたことを示すサインとはまた違ったものも存在するので、女性側はそうは思っていなくても男性の方はほんのりと好意を抱いている可能性は十分あります。

この間から少し言動が前と変わっている年下男性がいる、自分のことが好きなんじゃないかと疑っている年下男性がいるといった気になる人がいるのなら、ぜひこの記事で好意を抱いているのを示すサインや言動などをチェックしてみてくださいね。

年下の男性から惚れられやすい女性のタイプや特徴

男性を立ててくれる女性


年上年下関係なく相手と接していたとしても、年下の男性だからこそ琴線に触れるものがあり、その特徴やタイプの女性こそが年下の男性に惚れられやすい人でもあります。

タイプや特徴は人によって様々ではありますが、やはり男性ということで自身を立ててくれる女性はタイプの人としても非常に上位に入ってくる特徴を持っている人です。

男性は他の人に自分を良い様に見せたい、自分の実力を認めてもらいたいと思っているため、他の人から褒められることがとてもうれしいと思い、なおかつ満足感を覚えます。

年上だからと何でもかんでも引き受けて男性の出番を無くしてしまう女性ではなく、やはり自身の出番をしっかりと譲ってくれて、さらに「○○さん、すごいんですよ」と他の人にその雄姿や実力を知らしめてくれる人は大好きです。

そのため、自分をよく見て、話しを聞いてほめてくれる、実力を認めてくれる相手に対して好意を抱きやすい傾向にあります。

自身の実力を認めてくれる人はそれだけ自身をしっかりと見て判断してくれている、どんな能力を持っているのかをよく見てくれていると徐々に思うようになるのもあり、他の人たちとの関係性や仕事などにおける環境によっては「僕を認めてくれるのは彼女だけだ」と強い好意を抱くきっかけになることもあるのです。

交際に発展したとしても、男性を立ててくれる女性は気配り上手で周りをよく見て話をすることができる人も多いので、周りをよく見て判断できる人というのもあって互いの友人へ紹介したり、初めて会った時だったりに男性に不利な立ち回りや話の振り方をしない安心感もあって交際しやすいというのも大きなポイントになります。

面倒見がよく、さばさばした姉御肌タイプ


年下の男性は好意を抱いた相手が年下であればかなり無茶や無理をしてでも自分をよりよく見せるための努力を怠りませんが、年上の女性に好意を抱く場合は相手の女性が面倒見の良い、姉御肌タイプの人であることも多いです。

好意を抱いた異性にいいところを見せたいと思っても、男性にも限界というものが存在します。

時折好きな人に甘えたいと思うこともあれば、ミスしたときに力強くサポートしてもらいたいという気持ちが沸き上がってくることもあるのです。

そうした面倒見の良さは年上の女性ならではなところがあるので、甘えてもそれを受け入れてくれる包容力があり、男性が手助けしてほしいと思ったところでしっかりと助けてくれる年上の姉御肌な女性は非常にモテます。

また、姉御肌な人は性格的にもさばさばしていて付き合っていてとても気持ちがいいと感じる場合も多いので、嫌なことがあってうじうじしているときもあっさりと前向きな気持ちに切り替えさせてくれる点からも男性から好意的に思われるケースがあるのです。

更に姉御肌な女性の中でも年上であることをひけらかし、偉そうにしない親しみやすい人は人気があるでしょう。

逆に年下の可愛い女の子であっても、嫌なことがあったらいつまでもうじうじ悩んでいて、前向きにするために膨大な時間がかかってしまうようであれば、男性もいつまでも付き合っていられないので、交際している時間がもったいない、他の女性の方が自分の人生的にもプラスになるのではないかと思われて破局してしまうケースもあります。

交際と同時に将来を考えるのであれば、明るく前向きに、互いを支え合っていける二人でいたいと思うのは当然です。

だからこそ、年下男性が年上女性に好意を抱いた時、その相手が姉御肌な明るいタイプの女性であるという人も良く見かけます。

年齢相応に見えない若さや美しさを保っている


年下の男性にモテる女性の特徴の中でも、最も大きく影響するのが美しさや若さ。

年下であっても男性ですから、見た目が綺麗な人や若い人というのが非常に好意を抱きやすい特徴としてもあげられます。

化粧でごまかしたような若作りではなく、毎日の健康管理から始まるアンチエイジング、肌のお手入れによって作り上げられた実年齢には見えない若さや美しさというのが男性の目を引くのです。

化粧をして頑張って若作りした状態を見ると、女性であっても「メイクが濃いんじゃないか」「あれはちょっと若作りしすぎ」と思ってしまうのと同じで、男性もそのメイクの不自然さや濃さに関しては思うところが必ず出てきます。

ただ、交際や結婚もしていない女性に対してそれを面と向かって言うのは失礼だと思っているから言わないだけで、内心はメイクに関してあれこれ思っている可能性はあるでしょう。

逆に、スキンケアによって白く綺麗な肌を維持し続けている女性を見て、「綺麗だな」「若いな」と思って年齢を聞くと全くそう見えない実年齢に驚き、それと同時に「すごくきれいな人だ」と思うのに男女の性差がないのと同じで、年下の男性の目を引き、アプローチしたいなと思うきっかけを作ることができるのが自然な美しさと言えます。

そのため、毎日きちんと睡眠時間を決めて肌を整え、スキンケアによってより綺麗な肌を目指していくことで、健康的な若さや美しさのある外見へ変化させていけば、第一印象のほとんどを決める外見においてアプローチしたいと思わせやすくしていけるのです。

当然、外見だけでなく内面も同じように磨いておかなければ第一印象は良くても、その後の接している際に出てくる内面で幻滅されてしまう可能性はあります。

しかし、年下男性が頑張ってアタックしたいと思う女性の多くは、実年齢よりもずっと若く美しい人が多いのです。

ほんのり脈あり!年下男性が好意の初期に出す惚れてるサイン

LINEやメールの返信が早い


男性が惚れていると分かるのは相手の行動やサインが独特のものに変化しているからこそですが、ほんのりと惚れている、ちょっといいなと思って行動し始めているといった初期の初期に出すサインというのはとても分かりにくいものです。

しかし、その中にも何となく変化があるなとわかりやすいサインの一つがLINEやメールといったメッセージのやり取りでの返信が早いというもの。

男性はこうしたメッセージのやり取りに関して、興味の有無が非常に浮き彫りになる傾向にあります。

興味がない人からのメッセージは必要ないのなら返信しないうえ、するとしてもかなり時間が経ってからふと思い出して返信するということも多いですし、忙しいときにはそのまま既読無視する、未読無視するといった返信する必要性を感じないと考えて相手にしない人も珍しくありません。

しかし、好意的な興味がある人からのメッセージというのは、それだけやり取りに対しても好意的な感情を抱いているので返信に対しても意欲的です。

時間が許してくれるならすぐに返信してメッセージを送った後の相手の反応を待ちますし、どうしても忙しくて手が離せない状態であっても決して返信することを忘れたりはしません。

「ごめん、忙しくて返事が遅くなった」と一言添えるなりして遅くなったとしても確実に返事を返します。

こうした相手の返信に対する意欲、速度といったものが他の人と比較してみるととても分かりやすい初期の好意を示すサインになるのです。

忙しくない時間帯だろうと思われる時間にLINEやメールを送った時、あまり時間をおかずに返信が来る、もしくは即座に返事が来るといった他の人よりもすぐに対応してもらえるのなら、どういった感情かはわからなくても確実に好意的な気持ちは抱いてもらえています。

おなじように年下の彼とLINEやメールをしている人に一度返信頻度について軽く聞いてみると、自分と他の人との返信頻度の差を実感し、彼にほんのりとでも好意を抱かれていると強く感じやすいです。

それが恋からくるものかどうかはその後の強いサインへの変化によるでしょうが、それでも悪く思われていないと感じられ、なおかつあなたに対して返事を返そうと思うくらいには好意的に接されているというサインになるでしょう。

何気なく目が合う回数が増える


年下男性からのほんのりと好意を抱かれていると分かるサインの中には、彼と目が合う言うものもあります。

何気なくそちらを見ると彼とふと目が合う頻度が多い、もしくは前はそれほどでもなかったのにここ最近よく目が合う回数が増えたといった、さりげない変化もまた好意的である証明です。

彼と目が合うというのはそれだけ彼があなたの方を見ていることを意味し、強く注目し始めているというのもわかるサインでもあります。

気になる人でなければ視線が合うことはありませんし、そもそも男性は女性の方を見ずに仕事などに集中して手元に視線をやるようになるでしょう。

しかし、視線が合うようになったのであれば、ふとそちらを見てしまう程度にはあなたのことが気になり始めている証明です。

とはいえ、中には中途採用の新入社員である年上の女性が心配でそちらを見ている、なにかしら思うところがあってそちらを見ているということもあります。

年下の男性で女性の方が先輩の立場であれば、仕事のミスなどでどうしようかわからず、とりあえず頼れるかもしれないと思ったあなたの方を見ているだけなのかもしれません。

心配や仕事におけるミスなどの理由で好意的な視線ではなく、どちらかというと自身のやらかしたことへの不安などが強く出ているサインの可能性もありますが、それでも十分頼っていい人だと思われている程度には好意的です。

目が合った後笑顔を浮かべてもらえたり、そのあと話を軽くできたりしているのなら、それまでに先輩後輩同士親しい状態から、次第に異性としての好意を持ち始めている変化の表れなのかもしれません。

興味が無ければまずそちらをむこうともしない男性たちですので、それだけあなたに興味と好意があり、アプローチするにも悩んでいてつい視線だけ向けてしまう状態になっている男性の可能性も高まります。

それまでの相手との関係、親しい仲であるか不仲であるかを思い返したり、仕事におけるやり取りで相手に心配されてしまうような重大なミスをしたりしなかったかなどを振り返ってみると、自身をどのような思いで見ているのか、視線を向ける頻度が多くなったのかをある程度察してあげられるでしょう。

確実に異性として好かれているというのはわからないものの、好意的なものか心配からくるものなのかは判別できるので、一度彼との関係を含めてしっかりと考えてみるとほんのりと好意を抱き始めているサインか否かを確認できます。

前に話したことを覚えている


ほんのりとでも好意を抱いている異性というのは、それだけその人のことに関するものを覚えていようと思うものです。

好きな物、嫌いな物、得意なことなどを筆頭にそれ以前に話していた会話の内容なども好きな人のことであれば覚えているもの。

年下の男性と言えどもそれは変わらないので、前に話したことを覚えてくれているか否かというのは好意を持ってもらっているのかを判断する重要なサインやポイントになることが多いです。

誰だって好きな人のことは知っていたいと思うものですし、会話の内容から分かることはそのあと本気で好きになった後にアプローチするにも有利に働く要素はたくさんあります。

会話の内容を盛り上げてより好意を抱いてもらうために必要な話題に関してや、ちょっとした贈り物をしたいと思った時、食事に誘おうと思ったときには相手の好みを知らなければなりませんから、詳細をすべて覚えている必要は無くても大まかなところは抑えておかなければならないものです。

だからこそ、淡い好意であっても「いいな」と思う限り男性はそう思った異性が教えてくれた情報をしっかりと覚えているためにも、いろいろな話題を覚えています。

中には話した本人が覚えていないものも覚えていたり、他の人と話しているのが聞こえたりしたものを覚えていることもあるでしょう。

真剣に交際について考えるほど本気で好意を抱いているわけではなくても、友人や知人としてより仲良く、そして親しい間柄を続けていきたいと思っているのであれば、多少は好意的にその人のことを覚えようとするもの。

最初は好きな物や嫌いな物、誕生日などの話題が多く、それ以上に何かを覚えようとするかどうかは個人によるでしょうが、何か自身について仕事以外のことで覚えようとしてくれるのであれば、それだけでも好意的に思って大丈夫です。

逆に、何かしらの失敗や相手にとって不快に感じる態度を取ったことが原因で悪い印象を持たれ、それが原因で会話の内容などを覚えられているようなことが無ければ、基本的に異性のことを覚えようとする努力は好意的なものですので、それほど心配はありません。

覚えていてくれたのであれば、素直にうれしいと感じ、どのような思いからくるものであっても好意を持ってくれているのだと自覚して構わないでしょう。

ただ、好意を持ってくれているからと言ってそのまま交際できるかもしれないと早合点するのは良くないので、その点だけには注意しておくのが良いです。

告白も間近?本気の好意を感じている年下男性が年上の女性に送るサイン

会えなかった日のことをよく質問される


本気の好意を抱き、女性に対してのアプローチを本格的なものにしていく男性の中にはサインの中に質問が多くなる傾向にあります。

中でもその異性の為人を知るためや、何が好きで何が嫌いかを判断するための質問ではなく、会えなかった日のことをよく質問されるようになっているのであればそれはかなり本格的に好意を抱き、告白を含めたアプローチを近く行おうとしているサインです。

普通の質問だけではなく、会えなかった日に何をしているのかというのを知るにはそれなりに親しくなければなりません。

更に、休日に何をしていたのかを知ることができれば、その女性に他に休日を一緒に楽しむような男性がいるかいないかを知ることもできるので、告白前に女性側に親しい異性がほかにいないのかの確認を兼ねてこの質問を行う人も多いです。

他に異性と一緒に過ごしていたのが分かったのであれば、その男性が女性にとってどんな存在なのかを知るためにさらに質問してくるでしょう。

告白したい、でも本当に女性に好きな人がいないか、気になる異性がいないかを確かめておきたいと思うからこその質問です。

男性からの好意に気付いていない女性であれば、質問されたときに何気なく答える人もいれば、そのさりげない聞き込みに「なんで教えなきゃいけないんだろう」と思う人もいるでしょう。

けれど、その問いかけこそが男性がどうにか現状で出せるささやかな嫉妬心のあらわれであるという現実も理解してあげてください。

恋人でもない、年下の後輩、部下、友人知人の状態である彼が嫉妬心をあらわにしたところで、恋人でもないのにとあしらわれておしまいなのです。

他にもいる男性、それも頼りになる年上の男性にあなたを取られまいと必死になって周辺を知ろうとする問いでもあれば、良いなと思う年下の彼が告白しても大丈夫なのか不安を解消するために問いかけているのだとも言えます。

それまで親しい方だと思っていたけれど、ここ最近になってより親しい状態になった、または何かと近かったり、話をよくするようになったりするなどの変化が表れていた状態で、さらに休日などの内容も知ろうとしてくるのであれば相当な好意を抱かれていると思って良いです。

告白間近、もしくは告白するために確実的な要素が欲しいと思われている状態でもあるので、幻滅するようなことをしなければもしかすると近いうちに告白されるかもしれません。

理想の女性像の話や本格的な将来の話を聞かされる


好意が本格的なものになると、男性は自身の理想や将来についての話をしっかりと聞いてほしいと考えるようになります。

年齢が結婚も視野に入れて将来を考えるようなものであればなおさら、自分がどのような人と交際し結婚したいのか、結婚したのちのことも含めた将来についての話を聞いておいてもらって自身と交際することを検討してもらいたいとも思うようになるので、余計に自分の理想像について語りだすのです。

特にそうした話題がすんなりと出てくるのがお酒の席でしょう。

お酒が入ると饒舌になる人は非常に多く、いらない人ことまで言ってしまうような人が多発するほど口が開きやすくなるのがお酒の席です。

また、一緒にお酒を飲んでいるという親しみを感じやすいところでもあるので、告白してOKをもらう前に、自身がどんな女性に何を望んでいるのかを明確に表すためにもはっきりと口に出して女性に聞いてもらいます。

お酒の席であればその後の反応があまり著しいものではなくても、お酒が入っていたからと女性の方も終わらせてしまいやすいですし、反応がかなり良ければお酒の席関係なく別の機会にアプローチを仕掛けて告白すれば成功率も高くなるというもの。

将来のことも考えて告白を成功させたい、結婚前にもめ事やトラブルを引き起こしたくないという男性が良くとる方法でもあるので、そうした話題が出てきてあなたにそれを伝えてくるのであれば、より強い好意を抱いており、告白を成功させた後結婚なども視野に入れた交際をしていきたいからこそのサインだと思って良いです。

奥手な男性になるとそっけない態度になる


年下の男性といっても性格的には様々あり、懐っこく好意的なサインを隠さずに堂々とアプローチしてくる人もいれば、逆に好意を自覚したからこそ奥手になってしまう人もいます。

ただ奥手になってしまったとしても、それなりの関係を築いて維持できるような人であれば好意的なアプローチをあきらめずに少しずつ表していくこともできるでしょうが、奥手な性格が災いして、好きになってしまったと自覚したからこそどう接していいのか分からなくなってしまうという人もいるのが現実です。

そっけない態度を示してしまうものの、好意を抱いているの本当であるため、どうにかしようと頑張って打開策を考えているのでしょうが、急にそっけなくなってしまった態度に困惑した女性が「自分が何かしてしまったのではないか」と勘違いして恋が終わってしまうケースも多いのがこのパターンでもあります。

なので、急にそっけない態度を取られたとしても相手が自分を嫌ってしまったというわけではなく、奥手だからこそどうアプローチしていいのか分からなくなってしまっているのだと思ってください。

特に嫌いになるような喧嘩や取り返しのつかない失敗などをしていないのであれば余計に嫌われたかもしれないという心配は無用です。

もともとの男性の性格などを鑑みて、そういえばおとなしい人だった、積極的にいかずに奥手なところがあったといった、奥手の男性に当てはまるような人であれば、あなたに好意を抱いているものの性格が災いしてしまっているだけなのかもしれません。

惚れられてると思ったら勘違い…脈ありに見えて実は違う年下男性の言動や仕草

話すときにはきっちりと敬語


年下の男性と接していると時折「これは私に脈ありでしょ!」と思うような行動や言動を取る人もいますが、年下の場合はその脈あり判断を下せるようなものが実はそうじゃないものも多いのです。

惚れているだろうと判断できるのであっても、ちょっと待ってと判断するのを一度よく考えたい言動や仕草の一つが話すときに敬語を必ず使うもの。

とてもフランクに話をしてくる相手であっても、敬語である以上親しみは一定の線引きを置かれたものです。

中には仕事をよりスムーズに進ませるためにあえてフランクな対応をしているだけで、それ以上の進展はあり得ないからこそ敬語を使って距離を取ろうとしている人もいます。

そのため、話している最中に彼が敬語を延々と取ろうとしないのであれば、好意を強く持たれているわけではないと判断できるのです。

仕事やプライベートにおける先輩、知人としては親しみを持って接してくれているのでしょうが、それ以上の進展はまずかないません。

本気で好意を抱いている男性は、一定以上の親しみを相手にわかってもらおうとするために敬語を外して時折ため口を交えてきます。

特に後輩の立場に甘んじやすい年下の男性であれば、自身が女性と対等の関係になれる存在であるとアピールするために敬語を外す人が多いので、延々と敬語を外さずに会話をしているのであればあまり脈があるとは言えません。

あったとしても、それは尊敬できる先輩としての脈だけなので、尊敬や親愛を受けることはあっても情愛を受けられることはあまり期待しないほうが良いでしょう。

下手に期待をすると後で裏切られたと思ってしまうので、仲良くなっても敬語のままならばそうした期待は持たないほうが良いです。

ランチにしか誘わない


ごはんに誘われると相手から「あ、好きになってもらってる」と思うようになる人は多いのですが、年下の男性から誘われるのがランチばかりであれば要注意です。

普通食事にランチだけであっても誘われるのなら多少脈があるだろうと判断してしまいがちなのですが、年下の男性の場合年上の女性に何か話そうと思っても職場や知人がいる場所では話しづらいと思った時に誘えるのがランチになります。

食事をしながらゆっくりと相談事を聞いてほしい、仕事などにおける相談をしっかりと聞いてほしいと思っているからこそ、食事に誘うのです。

特に仕事に関する相談事は他の人に聞かれると困るものもあるケースが多いですし、職場内で相談しようにも相談相手が仕事で忙しくしてしまう可能性もあるので、確実なのが昼休憩のランチでもあります。

だからこそ、ランチにだけ誘うというのは食事の誘いだから脈があると勘違いしてしまいがちではあるものの、当人からすれば全くそんな素振りのない勘違いに終わってしまうケースが後を絶ちません。

実際に脈ありと判断できる年下男性はランチのみではなく、ディナーや飲みへの誘いもしてくるので、その点と比較すると勘違いに終わるかどうかを判別しやすくなります。

お酒が入ればその人の本音や言いたいことがより詳しく聞けるようになる場合もありますし、何よりランチと違ってプライベートな時間だからこそ出せる雰囲気というものもありますので、相手に本気であると分かってもらいやすいのです。

だからこそ、本気で好意を持っている年下男性は相手をお酒の席やディナーに誘います。

スキンシップが多い


年下の男性の中にはスキンシップの多い人もおり、とても懐っこい人が良く見かけられます。

激しいスキンシップはそうないものの、ちょっと肩をポンポンとされるなどの触れ合いは日常茶飯事という人は意外と多いです。

けれど、こうしたスキンシップの多い人もまた勘違いを起こしやすい注意が必要な人の1人でもあります。

スキンシップが多い、懐っこい性格をしている人の中には仕事などを円滑に進ませるために必要だからこそ、一定のスキンシップをしているという人も多く、その結果勘違いされてしまうという男性も一定数以上存在しているのです。

また、年下の男性の中には実際に兄弟の中でも一番下で、甘えたな性格がところどころから出てしまった結果、スキンシップなどで多少甘えたいという気持ちを抑えているという人もいるので、自身が頼られていると年上の女性に勘違いさせてしまう傾向にもあります。

やっていることは悪くないことではあるのですが、男性の思わぬところで勘違いをしてしまう女性がいるのも事実、スキンシップが多く少々甘えたな部分が見える年下男性には注意がいるでしょう。

職場の年下男性から好意を持たれたり告白された時の大人な対処法

年齢のせいにしない


年下の男性から好意を抱かれたり、告白されたりすることもあります。

しかし、その好意に答えるのは少し難しい、お断りしなければならないといった事態の人もいるのは確か。

ではどのように対処すればいいのかというと、まず断る際には決して相手の好意が年齢が若いからくるものであると勝手に決めつけないことが重要です。

男女間の恋愛やそれに付随する好意というのは年齢は関係なく、その人へ良いなと思った気持ちから発生していくものでもあるので、「君は若いから」「若いから勘違いしているだけだよ」などと言われてしまえば、自身の年齢をかさに都合よく断ろうとしているようにしか見えません。

更に年上に対して好意を抱くのが悪いことだと言われているようなものでもあるので、それは激怒するでしょう。

断り文句を聞いて幻滅したような態度を隠さず、その後の関係性も悪化するような事態に陥る場合もあるので、決してその好意を断るとしても年齢のせいで勘違いしているなどという言葉は使わないでください。

仕事においてそれを出さない


告白されたり、好意を持たれていると自覚したりすると動揺してそれが態度に出てしまう人もいます。

あまりそう言ったことに耐性がない人はもちろんのこと、中には男性自身が告白したけれどどうしようと困惑や不安をあらわにしてしまい、普段通りに過ごせずにぎくしゃくした関係性になってしまうケースも多いです。

そのため、大人に対応するのなら仕事や学業などで関わる点においてそれを決して出さないというのはとても重要になります。

仕事や学業などでぎくしゃくしているとどうしても進展や進捗に関わりますし、周囲からも何かあったのではないか、関係性が悪化していて本当に大丈夫かと不安を抱かせてしまうので、プライベートはともかく、きちんとしなければならないところでは決してそれをおくびに出さないのも大切です。

女性の方がきちんと大人な対応をし、仕事上においてはいつも通りに接するようにできれば男性の方も徐々に対応ができるようになっていきます。

告白して関係が微妙であっても仕事などにおいてはいつも通りの対応でいいのだと分かれば、あとは自分自身でどう対応していけばいいのかを判断できるので、まずは女性の方がお手本になるようにいつも通りの態度で接してあげてください。

だめならダメとちゃんと断る


告白した男性にとって、最も嫌だと思うのがだめだと思うのにまるで希望があるかのように断られることです。

勇気を出して告白したけれど、だめならダメとちゃんと言ってほしいというのが男性たちの総意でもあり、下手に希望があるように断られるとあきらめるにも諦められなくなってしまうので困ってしまいます。

もっと頑張れば彼女は自分を見てくれるのではないか、もう少し時間をおいて自分が良い男になればいいのではないか、そう考えてしまうせいで結局断られてしまった結果、ひどく時間を無駄にし、見当違いな努力をしたと悲しい思いをしてしまうのです。

だからこそ、それ以上の進展はない、交際に発展することはないと女性が確信しているのなら、彼のためにもはっきりと断らなければなりません。

下手に期待を持たせると中にはどうにか見てもらおうと付きまといをし始める男性もいるので、余計に厄介な事態に陥り、後々困ってしまうようにもなります。

年下男性の好意のサインはわかりにくいものも多い。きちんと判別して脈の有り無しを判断しよう


基本的に好意を持つことに関して、年上年下の概念はそれほどありません。

相手のことを気に入り、なおかつ交際する相手としても魅力的だなと思うからこそ好意を抱いているわけですので、それなりのサインを送り、自身が異性としてあなたを魅力的だと思っていることを知ってほしいと思い、行動し始めます。

けれど、年下の男性の場合、そのサインが非常に分かりにくいものも珍しくなく、中には好意があると判断してしまうような行動であっても実際の場合はそんな意図のない、ただ仕事などを円滑に進めるためのコミュニケーションの一環としてしか思っていない行動がサインと勘違いしてしまうケースもあるのです。

勘違いしたのちにそのアプローチに応えようとしたのであれば、とんでもない大恥をかいてしまいますし、何より相手との関係が非常に微妙なものになってしまいます。

下手に勘違いしないため、そして彼からのサインが本当に強い好意からの物であると判断するためにも相手から送られてくるサインをしっかりと判断し、脈ありがからこそ送られてくるものか否かを確認してから、その思いにこたえるか否かを考えてください。

また、考えた結果お断りするとしても決して年齢などのせいで迷っているのだと言わず、また期待を持たせるような一言も付け加えずにきちんとお断りしましょう。

おすすめの記事