離婚してでも一緒になりたい女の特別な魅力を解明!既婚男性に一緒になりたいと決意させる方法

不倫をしているとき、ふと男性は「やっぱりこの人と離婚してでも一緒になりたい」と思うことがあります。

それだけその人が魅力的だと感じているのはもちろん、妻と比較し、離婚という大きなリスクの上での行動をやり遂げた後の将来を考えてみても、それでも一緒になりたいと結論を出してしまうほど、魅力的な女性だと言えるのです。

しかし、残念なことにそのような離婚してでも一緒になりたいと思ってもらえる女性はほんの一握り、不倫恋愛をしていたとしても誰しもが選んでもらえるわけではありません。

離婚してでも一緒に居たい、再婚相手に選びたい、そんな風に思ってもらえる、決意してもらえる女性はいったいどんな魅力があるのでしょうか?

家庭を終わらせたとしても男性からぜひ、と望まれる女の人について、その魅力をこの記事では徹底解説していきます。

既婚男性が離婚したくてもなかなか決意できない理由

妻に対して多少の情がある


離婚してでも一緒に居たい、そんな女性と不倫を始めて少し経つと男性は本気で離婚をしようと考え始めます。

けれど、離婚に踏み切る人は本当に少なく、中には離婚に踏み切ることなく家庭を取って内密の関係を結んでいた恋人を切り捨てることも。

もしくは、自身から離婚を伝えるのではなく妻から離婚訴訟を起こされ、慰謝料などをむしり取られることだってあります。

どうしてそんなにも離婚について本気で考えているのに決意できないのか、その理由の一つにあげられるのが、妻に対しての情の有無です。

例え離婚を考えたとしても、彼にとって奥さんは長年連れ添ってきた人。

恋人の時から結婚し、妻となった後もずっと一緒に過ごして思い出もたくさんある相手ですので、それだけ情が湧きます。

異性としてすでに魅力を感じなくなっていたとしても、確かに家族としてのカテゴリーには入っていて、切り捨てるには強い決意が必要になるので、下手な選択を簡単に下せるような相手では無いのです。

簡単に決断してしまえば確実に後悔する、長く連れ添ってきたからこその絆や感覚があるから捨てるに捨てられない、そんな思いが邪魔をして離婚を決断できなくなっています。

奥さんの方に何かしらの問題があり、離婚しなければ自分や子供もその被害にあってしまう、なんていう状況であれば男性も離婚に対して戸惑うことはなく、簡単に離婚届けを相手に突き付けられるのですが、全く問題ない妻であり、不貞という問題を起こしているのが彼自身だからこそ言うに言えない気持ちはあるでしょう。

情というのは厄介で、簡単に捨てられるものではないばかりか「もったいない」「安定感があるのはこちらではないか」という不安を安定させるための判断材料に大きく影響をもたらすところもあるので、離婚に対しての決意を別の意味で鈍らせる原因にもなります。

子供の環境の変化などが心配


奥さんに対しての情だけではなく、離婚を踏みとどまってしまう理由の一つとしては子供のこともあげられます。

妻に対して何にも思うところがないのであったとしても、子供に対しては申し訳なさやその後の心配をしてしまうもので、どちらに引き取られたとしても元気でいられるのか、生活や学校のことで困ったことは出てくる可能性は無いかと考えてしまうのです。

ちゃんとどうして離婚するのかを話して納得してもらえるような年齢ではなく、まだ幼く離婚の意味をきちんと理解できない子供であればなおさら、強い罪悪感を抱いてしまうでしょう。

離婚するというのは自身や妻だけの問題ではなく、子供を大きく振り回してしまう問題でもあり、片親になるだけでなく生活スタイルが一気に変化します。

それまで専業主婦だった母側に引き取られたのであれば、いつも家に帰ったら一緒にいるはずの母は仕事に出ていない、それまで購入できていたものが購入できない、家が変わることでストレスを感じてしまうといった影響や変化が表れ始めるでしょう。

最初のうちはお父さんがいなくなったことに疑問を感じ、さらに寂しさもあって泣いてしまうかもしれません。

学校では親がいきなり離婚した影響で名字が変わり、他の子から何か言われているかもしれない、そんなことを考えると子供の置かれてしまうかもしれない離婚後の環境に申し訳なさの方が強くなってしまい、それなら自分が妻に対して我慢すればまだどうにかなるかもしれないと考えるようになってしまいます。

他にも多感な時期の子供であれば、離婚に大反対してくるだけでなく、父側に引き取られると新しい母になる可能性のある交際相手に強く反発するのも目に見えているので、どう接していいのか分からない困った状況に陥るでしょう。

どちらに引き取られたとしても年齢と子供のその時の性格などによっては、新しい片親というのが受け入れられずに、離婚後ある程度して親に恋人ができたとしても再婚にはいい顔をしません。

子供の意見をしっかりと聞いて再婚したいという男性にとっては、子供からの反応はとても重要な物であり、優先しておきたいと考えているのであれば、離婚は辞めておいた方が面倒事はないだろうと結論を出してしまいます。

元から子供が夫婦どちらとも非常に仲が良い家庭であるのなら、余計に子供も惑わせてしまうかもしれない可能性に離婚の文字をそっとしまってしまうでしょう。

仕事や実家からの反応の違い、変化が怖い


離婚する際に決断を鈍らせてしまう要因には、家庭のことだけでなく仕事や周囲の変化というのもあげられます。

離婚というのは一大事であり、他の人たちから見てみるとあまり良い感情で見られないものでもあるので、ひっそりと離婚届けを出してほとぼりが冷めたあたりで仲の良いごく一部の友人たちに告げるといった方法で乗り切っている人は多いです。

勤め先にも上司や人事の人にこっそりと報告して、信頼できる同僚や先輩のみにだけ広めておくという人もいるほど、仕事においての周りからの好奇の目を制限するためにも色々と苦心しなければならないことが出てきます。

現代において離婚は多少好奇の目を引くものですが、すでにそれほど珍しいことではないものの、地方や地域によってはどのような原因であったとしても離婚したという事実があるのであれば職場から退職を促されるような会社もあるのです。

離婚原因が不倫であれば、内緒の恋人がどこの人間か、会社内部か取引先かといったところまでがっつりと聞きだされた挙句、内部であれば二人が二度と醜聞にならないようにそれぞれが逆方向の地方に飛ばされる、もしくはどちらか一人が退職勧告を受けるといったケースが多くなります。

取引先であれば不倫をしていたそれぞれの処分はもちろんのこと、取引に関しての不正が無いかも調べられるかもしれません。

それほど大きな影響をもたらしかねないものだからこそ、男性は特に職場からの視線や噂、環境の変化におびえます。

また、妻と自身の実家の仲が良好であったのであれば、男性に非があるということを知った実家の両親、兄弟姉妹から怒りを買った挙句絶縁宣言をされる可能性もあるでしょう。

特に両親は自身の子供ということもあって、不貞をした男性を強く叱責して奥さん側へ謝罪へ向かいます。

奥さんの方から「もう気にしないでください」「お二方に責任は全くありませんから」と言われたところで気が収まらないのは当然ですし、そんな息子を育ててしまった自分たちにも怒りがこみあげてくるのです。

結果、自分たちが許せないのと同時に、そのように育てたことはない息子がやらかした過ちのフォローをそれ以上やりたくない気持ちが出てくるため、二度と家に帰ってくるな、敷居を跨ぐなと言い放って縁を切ってしまいます。

それまで味方だった人たちが疎遠となり、今後一生会うことはなくなってしまうかもしれないと考えれば、離婚に踏み切ることが非常に恐ろしいものに見えてくるのです。

既婚男性に「離婚してでも一緒になりたい!」と思わせる女性の特別な魅力

真摯に愛情を示してくれる


離婚してでも一緒になりたい、そう思わせる女性は愛情を真摯に示し、一途に彼を愛しているというのをしっかりと表す人が多いです。

不倫恋愛において離婚してもらえる女性は体の相性が良かったり、性行為において刺激があって楽しい、夢中になってしまうといったりしたものをイメージしてしまいがちですが、実際のところ体のみで相手を引き留める、離婚を決意させるというのは非常に難しいことでもあります。

なにせ、離婚したとしても相手が本当に愛情を示してくれているのか、また浮気をしたりしないかなど、不安要素を抱えた再婚になってしまうのです。

更に体をつなげたところで心をしっかりとつなぎ留められているとはいえず、離婚を悩んだ末、心のつながりのある奥さんを選んでしまうでしょう。

体の相性うんぬんではなく、その愛情が本物かどうかを男性はチェックしています。

一度不倫をしている現状、また同じように不倫をして誰か別の人を好きになってしまう不安が男性にはありますので、ちゃんと愛してくれているのか、自分だけなのかを気にしてしまうのです。

そのため、心をつなぎとめるために一人の男性として好意を抱いているのだと、強く示してあげることで離婚しても彼女は離れていかない、離婚してでも一緒に居たいと思えるほど自分を強く愛してくれていると実感し、妻と離れるための行動を決意します。

感情のコントロールが上手で精神的に安定している


女性というのは感情的になりやすく、ちょっとしたことでも不機嫌をあらわにします。

生理周期はもちろん、普段の生活におけるストレスなどが蓄積した結果、イライラしたり無性に誰かに八つ当たりしたくてたまらなくなったりと、感情的な行動に出てしまう女性も珍しくはありません。

感情をしっかり出してくれるというのは、喜びや楽しい感情であれば一緒に楽しさや喜びを分かち合うことやつられてその雰囲気に染まってしまうことだってできるのでしょうが、そのストレートな感情の噴出は怒りや悲しみになってくると対応するのがとても難しい状態に陥るケースもあります。

女性側も男性が怒りや悲しみを感じたら、感情のまま泣いたり怒ってイライラしたりするのはとても面倒だと感じるのと同じで、男性も同じように女性のストレートな感情表現に対して思うところがあるのです。

また、単純にストレートな感情表現をする女性が面倒くさいと感じる場合もあります。

家に帰ると疲れているのにさらに疲れさせるような明るく面倒くさい感情表現をしてくる女性が待っていると感じると、余計に再婚相手としては無理だなと彼は考えるのです。

そのため、離婚してでも一緒に居たいと思う女性は非常に感情のコントロールが上手く、不快感を与えるような感情表現をしない人が多くなります。

精神的に安定していることを表すコントロールできている感情は、不快感を与えないのと同じく、話していると安心できる要素も兼ね備えているため仕事で疲れた男性を癒してあげることも可能です。

仕事で帰って疲れている彼が家について一番に求めるのは、まさしく癒し。

話していて不快感もなく、感情のストレートさに苛立つこともない、話していて安心できる、癒されるといった彼女との時間とも言えます。

だからこそ、離婚してでも一緒に居たいと思える女性は不倫恋愛をしているときから感情をストレートに表すのではなく、その人に合わせてコントロールしながら適度に表していくことができる人なのです。

男性の迷惑にならないように感情を抑えつつ表す彼女に、男性は「こんな人と結婚したい」「家で待っていてほしいな」と思うようになります。

弱っているときに優しい


妻と別れて彼女と一緒になりたいと思ってもらえる女性の特徴として、男性が弱っているときや病気の時に優しくしてくれるというものがあります。

弱っているときというのは男女関係なく、誰かに優しくされたいもの。

仕事で上手く行かない、ミスをして上司から怒られてしまった、そうした日々の中での失敗により落ち込んだ時、疲れやそのほかの心労が重なってひどく疲れてしまった時、誰かに優しくされるとそれだけでうれしいと思います。

また、その慰めるような行動に出てくれたのが好意を抱いている女性であれば、ずっと一緒にいてほしいと思うようになるのは当然です。

妻からは「もっとしっかりして」「落ち込んでいる暇はないよ」と背中を押すように見えて追い込む言葉しかもらえなかった男性であれば、余計に女性に好意を抱いて離婚を真剣に検討し始めます。

疲れた体や心、そして体調不良で弱ってしまった時に優しくされ、看病してくれるような彼女であれば、そのやさしさや心配りが身に染みて、余計に妻の冷たい対応や言葉と比較してしまうのでより結婚して一緒に居たいと思うようになるのです。

彼がもしも体調不良でひどく疲れたような状態であったり、何かが原因で落ち込んでいたりするのであれば彼に合わせた対応を取ってあげられるようにしておきましょう。

声をかけて愚痴を聞いてあげるのが良い人もいれば、何も言わずにそっと寄り添ってほしいという人もいるので、彼はどのようにそんな時に対応してほしいのかを先にそれとなく聞いておくのが良いです。

お酒の入った時やミスや体調不良で困ったときにどんな風にされるとうれしいのかを軽く話題に出してみて、彼の答えを待ってみましょう。

不倫相手の既婚男性に一緒になりたいと本気で決意させる方法

少し距離を置いてみる


不倫相手の彼に離婚してもらいたい、と思うのは本気で彼を愛しているのなら当然の考えです。

けれど不倫恋愛において相手に「早く離婚してほしい」「まだ離婚しないの?」と口にするのはNGですので、逆に彼に離婚を踏みとどまらせてしまいます。

さらに言うのなら、離婚を催促することで彼女に対して面倒くさいという気持ちが芽生えてしまうことも考えられるのです。

そのため、離婚を本気で決意させる、自身と一緒になりたいと本気で思わせたいのであれば離婚に関して彼が悩み始めたころに少し距離を置いておきましょう。

距離を少し置くことで彼は家族と自分自身をしっかりと見つめなおして、家族と別れる選択をきちんと考えることができるようになります。

勢いで離婚してしまうと彼も後から悔やんでしまうような事態に陥ってしまうケースもあるので、今のうちにしっかりと考えてもらい、後悔のないお別れをしてもらうに限るのです。

また、しばらく会わないようにしておくと彼の方が「彼女は何かあったのかな」と不安に思って恋人のことを強く考えるようになるうえ、奥さんに怪しまれているときにはこれ以上ない予防策にもなってくれます。

離婚の話し合いが出てくると、奥さんは非常に感情的になりやすく、デリケートな期間に入ってしまうので、証拠になりかねない逢瀬を探偵によって抑えられてしまうと非常に危険です。

離婚の原因やどちらに過失があるのかを彼がどのように説明しているのかが分からない以上、下手にこちら側が悪いという証拠を奥さんに与えてしまうと彼が離婚訴訟で不利な立場に追いやられますし、女性側にも奥さんが慰謝料を請求してくる可能性が高まります。

彼に後悔のない離婚を選択してほしいという思いとともに、少し放っておくとちゃんと考えたうえでの決断をしてくれるはずです。

その結果が離婚であればあなたの努力と愛情が認められたと感じられるでしょう。

逆に離婚ではなく自身との別れを選んだのであれば、彼はどうしても譲れない何かがあったため、別れなければならないのです。

どのような決断になるかは彼自身でない以上わかりませんが、彼が真剣に悩んで出した決断ですので否定せずにしっかりと受け止めてあげてください。

どうにか離婚への決意を強くさせたいのであれば、彼にあった愛情表現を忘れずに、一途に彼を愛しておく、そして彼の心を体だけでなくしっかりとつかんでおくのが重要です。

奥さんの不満を自分が埋める


不倫をしている男性の多くは奥さんに対して何らかの不満を持っている人が多いです。

秘密の恋の関係を築いたのち、あなたが彼から愚痴のように聞かされた奥さんの悪口はたくさんあるでしょう。

ただ、彼の奥さんだからといっても結局外様なのは自身の方ですから、あまり悪口を自分から言うのは避けたり、悪く言わないように奥さんの話題は自分から振らないようにしたりしてきた人は多いはずです。

けれど、どうにか奥さんよりも素敵な女性として離婚を決意してもらえるようになりたいと思う気持ちはどんどん強くなっていくため、どうにも感情をコントロールできなくなってしまう人も出てきます。

そんなときには奥さんの不満を自分が埋めてあげるように行動しましょう。

妻の愚痴の内容の中で彼が不満に思っている行動を自身が補填するように動き、家事をしない奥さんの代わりに家事をしっかりこなせる姿を見せて部屋に歓迎する、人を気遣うような言葉をかけてくれない奥さんの代わりに疲れている時やしんどそうな時に「大丈夫?」「しんどいなら少し休んでね」といった言葉をかけて彼が心理的に楽になる状況を作るといった奥さんへの不満をあなたが解消してあげるのです。

奥さんに不満があるからこそ不倫をしている男性にとって、奥さんへ不満に思っていることをきちんとこなしてくれる女性はひどく魅力的に映ります。

奥さん以上に私はできる!というアピールをすると逆効果ですので、さりげなく、そして勘づかれないように気を付けなければなりませんが、多少誘導してあげるだけで離婚に対して強く決意しやすい心理状況になるのです。

「彼女はあれだけやれるのにどうして妻は」と彼の方が比較するケースもあれば、「彼女であれば不満に思うことなく夫婦生活ができる」と妻がやらなかったことをきちんとやってくれる姿に再婚後の未来を脳裏に描いて、離婚を強く決意する人もいます。

表立って奥さんと対抗するような真似は基本的には避けるべき行動です。

しかし、恋というのは時としてあざとく彼の気を引かなければならないときも確かにあります。

だからこそ、表立ってではなくそれとなく彼があなたを選んでくれるように、奥さんと自身を比較するようにこっそりと行動を始めてみるのもおすすめです。

彼と一緒になる準備ができているとさりげなく伝える


不倫において、離婚と再婚というのは意外とトラブル続きで困ったことが起きるケースが多いです。

特に離婚訴訟における慰謝料が発生した人や養育費の支払いをしていかなければならない人との再婚ともなれば、金銭トラブルが非常に大きくのしかかります。

慰謝料の支払いで預金もすっからかんになってしまった男性は、女性に負担をかけるのを嫌がり、再婚するのをためらう人も多いです。

それは男性のプライドでもあるでしょうし、お金に関する大きな負担をかけてしまう申し訳なさもあるでしょう。

どうしても自分で必要な生活費を用意できるようになるまで再婚するのは待ってほしい、もしくはこれ以上負担をかけてしまう前に彼女を手放した方がいいのではないかという思考回路になってしまうのです。

そうした男性に離婚と再婚を決意させるのであれば、女性側の準備がきちんと整っているというのを伝えるのも良いでしょう。

お金に関すること、子供に関すること、様々な準備が整っているというのを男性が知ることができれば、それだけ離婚によるトラブルや再婚相手に負担をかけてしまう不安を取り除くことができます。

当然、離婚に関しても勇気をもらうことができるので、ある程度決意は固まっていたけれどもう一押し、不安を取り除ける何かが欲しいという時にはうれしい勇気の湧いてくる一つになってくれるのです。

既婚男性が今の奥さんと離婚する意思を固めた時に取る行動

妻側の実家や親類との付き合いをしなくなる


既婚男性が妻との離婚を強く決意したのであれば、行動が大きく変わるようになります。

特に顕著に表れるのが妻側の実家や親類との付き合いをしなくなるというものです。

離婚するというのに奥さんの親類や実家と付き合いがあると、それだけ向こうから反感を買うようになります。

あれだけ実家に来て付き合いもしていたのに離婚するってどういう神経なの?と向こうから思われても仕方ありません。

むしろ離婚するのなら付き合いを控えて、徐々に会わないようにしてから離婚の手続きに入ってそのまま疎遠になるというのが自然なパターンです。

だからこそ、妻側の実家に行く頻度が極端に減ります。

離婚の話をしていない時期であれば、仕事を家に持ち帰っているからやらなければならない、仕事で忙しかったから疲れているといった言い訳をして実家に行くことを拒否するでしょう。

それまで仲良くやってきた義実家で義両親の顔を見ると離婚に関してもう一度思い直すような考えが頭をよぎってしまうかもしれません。

強く決意したのにもかかわらず、また自問自答の日々に戻ってしまう可能性は男性としても避けておきたいところですし、何よりも義両親をはじめとした親類との付き合いが非常に面倒くさいと思ってしまう人であれば、余計に行きたくない、会いたくないと思ってしまうものです。

離婚への決意が鈍ってしまうこと、そして面倒な付き合いを回避しておきたいという意味からも極端に顔を合わせる頻度が減っていきます。

「別れたい」と奥さんに言った後は顔を出しにくいのもあっていかないというのもあるでしょうが、そうでないときに仕事などを言い訳に義実家への顔出しをそれとなく拒否し始めたのであれば、離婚を本気で考えていると思って良いでしょう。

離婚後は関係ない人たちになる、気まずい気持ちで接することができないと人によって理由はあるでしょうが、会わないという行動自体が彼の答えです。

自宅に帰る頻度が多くなる


離婚を決意した既婚男性は、不倫相手の恋人の元へ足を運ぶことが少なくなるのも特徴の一つです。

これは自宅に戻って離婚後離れ離れになってしまう子供との時間を過ごしていたり、まだ離婚に納得していない奥さんとの話し合いのために色々とやらなければならないことが多かったりと、自宅でしかできないことをしていかなければならないからでもあります。

なかなかこっちにきてくれないな、と不安に思う気持ちはあるでしょう。

もしかすると、やっぱり奥さんの方がいいと思っているのではないかとも考えてしまうこともあります。

けれど、そうした不安をどうにかするために彼は必至で行動しているのです。

奥さんにきちんと納得してもらい、円満とはいかなくても後悔のない別れにするために話し合い、妥協点を探り、慰謝料や養育費に関しても弁護士を間に入れて話し合う、そんな忙しい時間を過ごしています。

だからこそ、離婚を本気で考えているからこそ家に戻っているのだとポジティブに考えてください。

もしも内緒の恋人であるあなたと別れると決めたのなら、男性は決めた時にそのまま別れを告げてきます。

別れ話もなく、急遽自宅に帰る頻度が多くなったのであれば、それまでに離婚を決意したような会話があったかを思い返しながら彼を信じて待ってみましょう。

一人で休日に外出するようになる


妻と別れると決めた男性は実は一人で休日を過ごすことが多くなります。

それも休日は誰にも邪魔されないように外出し、離婚に関してのあれこれを考えるのです。

そんな離婚に関する悩み事は普段からできるのではないか、と思われる人も多いのですが、普段特に平日は男性は一日中仕事で忙しく駆け回っています。

仕事の最中に離婚のことばかり考えるわけにはいきませんし、何より仕事でミスをしてしまうかもしれないことを考えれば、別れ話について悩んでいる暇もありません。

時期によっては繁忙期に重なってしまう人もいますので、離婚したとしても続けていく仕事の方を優先して考えるようにし、離婚に関しては平日は二の次三の次で後回しにしてしまうのです。

そのため、じっくりと一人離縁に関して悩むことができる休日は一人で行動するようになります。

下手に奥さんと会話をするのも気まずいですし、離婚をしようと思っている男性が奥さんと話すことで決意が鈍るかもしれないと思ってしまい、避けてしまいますので、結局外へ出て邪魔をされないように自分から遠ざかっていくのです。

スムーズに結婚するために!既婚男性が離婚して迎えに来た時に取るべき対応

離婚した際の慰謝料や養育費に関してを把握しておく


本当に離婚して彼女のところに戻ってきてくれた、再婚相手は君が良いと迎えに来てくれた男性の姿を見ると本当にうれしいと思うものです。

とにかくうれしいし、自分を本当に選んでくれたのだという特別感に飲まれて他のことなどどうでもいいとすら思ってしまうでしょう。

けれど、どうでもいいと放置していてはダメなこともいくつもあります。

特にいくつかの点は放置しておくとスムーズに結婚するための障害になってしまうケースもあるので、うれしい気持ちを表すのは良いですが、きちんと話し合いをしておきましょう。

中でも特に把握しておかなければまずいのが慰謝料や養育費について。

結婚したのちに毎月彼のところから消えていくお金があるわけですので、いくらほど相手に支払わなければならないのかをちゃんと把握しておかなければ家計に大きなダメージを与えてしまいます。

最悪の場合はどうしてそんなに高額な慰謝料を請求されたのかと彼を責め立ててしまう可能性もあるので、そうならないためにもいくら支払う必要があるのか、二人の給与と必要な生活費はいくらなのかを計算しておく必要があるのです。

互いの両親への紹介はいつにするか念入りに話し合い


離婚した相手と結婚する、それも不倫恋愛で結ばれた相手と結婚するという状態は周りの目からしても非常に厳しいもので見ざるを得ない状況と言えるでしょう。

それもお互いの両親からしてみれば、そんな結婚は本当に大丈夫なのか、再婚する相手としてその人は本当に信用できるのかが非常に不安です。

不倫恋愛という許されない行為の果てに離婚し、その相手とやり直すというのであれば相応の説明と説得が必要になります。

そのため、真剣に結婚に関して話し合うのであればきちんと両親への紹介について念入りに話し合わなければならないのです。

二人ともが心の底から祝福してもらえるというのは非常に難しいとはいえ、きちんと説明をして結婚の許可をもらいたい気持ちは確かな物。

話し合って許してもらえるか否かはわからないけれど、この人と結婚したいのだという気持ちだけはわかってもらわなければ結婚できないという人もいるでしょう。

特に不倫とはいえ独身である女性の場合は初婚になるわけですから、余計に両親に話を聞いてもらって結婚を進めていかなければなりません。

誰にも何も言わずに結婚するという方法もあるでしょうが、そのような方法を取るのはさすがに嫌だというのなら両親との話し合い、紹介に関してよく話し合ってください。

とにかくお疲れ様とねぎらってあげる


離婚を終えた彼はとにかく疲れ切っています。

弁護士との長期間の話し合いはもちろん、中には奥さんとの話し合いがこじれに拗れ、ひどく消耗してしまった人もいることでしょう。

だからこそ、話し合いなどもとても重要ですが、それ以上に彼をねぎらってあげてください。

あなたと結婚するために彼は資金はもちろん、そのほかの面においてもとても負担がかかってるので、結婚をせかすことなく少し疲れをいやしてあげるための時間を取り、彼が結婚のための気力や体力をきちんと回復できたのを見計らって、結婚のための準備に取り掛かりましょう。

結婚するとなると、上記で説明したような両親への紹介のほかにもやることはたくさんあります。

結婚式をするかしないかも含めた話し合いになるでしょうから、こちらも両親への説得や親族への説明も込みの物だと考えると、下手をすると離婚訴訟以上に長い時間が必要になるカップルもいるので、男性の体力や気力の問題が影響してくるのです。

男性への感謝はもちろん、それまでの長い道のりに対してのねぎらいと休憩の時間をここで取ってあげてください。

離婚してでも一緒に居たい女性は癒しになる人が多い。本気で結婚したいなら彼に愛情を信じさせよう


離婚してでも一緒に居たいと思えるほど、素敵な女性というのは不倫恋愛においてもほんの一握りです。

どれだけ彼にとって素敵な女性になって再婚相手に選ばれたいと思っても、その行動が本当に彼にとって素敵な女性のものになるとは限りませんし、体の相性が良いからと言っても心までもが引き留められるわけではありません。

だからこそ、一緒に居たいと思える女性の特徴はとても重要です。

感情をストレートに表現しない、弱っているときに確かに手を差し伸べてくれるやさしさ、気配りがあるといった特徴などは男性にとってとてもうれしいものばかり。

ストレートに感情を表現してくれる人は素直でいい人だとは思うのですが、疲れているときにストレートに表現される感情はかなり重たく面倒くさいと思うこともあるので、ある程度感情をコントロールして、苛立ちや悲しみを表に出そうとはせず、付き合いやすいようにしてくれる安定感のある女性の方が男性はうれしいものです。

特に不倫恋愛にまで発展している関係の男性は、妻の性格や感情表現などに対して思うところがある人も多いので、素直に思い切り感情を出していると付き合っていると疲れると思われる可能性もあります。

それを含めても、重要なのは男性が女性の愛情を信じてくれるかどうかです。

真摯に、そして一途に愛情を注ぎ、彼が本当に自分が愛しているというのを信じてくれるように行動しましょう。

おすすめの記事