ツインレイ男性の愛情表現を100%理解して正しく受け止める方法とツインレイ男性の上手な愛し方

魂の片割れ、これ以上転生する必要ない状態で出会った運命の人とも呼ばれるツインレイ。

1つの魂が2つに分かれ、そして幾度も転生したのちにようやく出会えた二人ではありますが、ツインレイの男性の愛情表現は普通の男性のものと違い、非常に独特です。

普通の恋人がしてくれるような愛情表現ではないこともあり、女性の中にはその表現に気付くことなく、そのまま特別な関係になることなく終わってしまうケースもあります。

しかし、せっかく出会えた魂の片割れの男性とお別れしてしまうのはもったいないですし、何よりつらいですよね。

そんなツインレイの男性の愛情表現、そして受け止めるための上手な愛し方についてこの記事では紹介していきます。

自分にとってとても素敵な男性がツインレイだとしたら、その特徴と愛し方に関して良く知っておかないと知らぬ間にお別れしてしまうかもしれませんから、彼と上手に付き合っていくためにもぜひチェックしてみてくださいね。

ツインレイ男性の他の男性とはまるで違うわかりやすい特徴

ワンネスを感じ、恋人になるのはこの人だと確信する


ツインレイの男性と出会うと、普通の男性と出会った時とは違い、女性側にも色々なサインや直感的なものを感じることが多くなります。

その分かりやすい特徴ともいえるうちの一つが、ワンネスを感じ、恋人になるのはこの人だろうと確信に近いものを抱くことです。

ワンネスというのは「すべてはひとつであり、つながっている」という概念であり、他のすべてのものと自身はつながっていて一つであるという一心同体に近い感覚を覚えることでもあります。

このワンネスを感じることは非常に少なく、それゆえ「この人と自分がどこかつながっていると感じる」と思えるようになるのであれば、それだけワンネスを感じるほど近しい存在であると大きな自信が持てるようになるでしょう。

また、ツインレイの男性はもとは一つだった魂が別れ、転生を繰り返して今生において転生する必要のない状態で女性に出会った人と言われているため、強い運命的な出会いを感じるほどに異性としての魅力を覚える人も多いです。

そのため、一目見て「この人こそが」と思えるくらいに恋人やそれ以上のパートナーとして求めるほどに焦がれるケースもあります。

恋人になるのはこの人だと強く確信できる人、それこそがツインレイ、究極の運命の人と言えるのでしょう。

運命の人だからこそ感じる強い確信、そして相手との一心同体のような感覚が最も強い判断ポイントとも言えるので、このポイントを実感できるか否かでその男性が自身の運命の人かを見極める速さが決まります。

出会ってすぐに感じるのなら素早くその人との関係性を考えられ、場合によっては運命の人と結ばれるでしょうが、気付くのが遅いとその運命の相手が去って行ってしまうかもしれません。

一緒にいると安心し、沈黙なども気にならない


魂の片割れともいわれるほどの人なので、実際に会ってみたり過ごしてみたりすると分かりやすい特徴の一つが、安心感が強く、沈黙が続いたとしてもまったく気まずくないというものです。

気になる異性と一緒になると、どうしてもどこかそわそわした気分になって落ち着かない、話す話題が無くなると続いてしまう沈黙で相手からどう思われるのか不安で仕方がない、そんな気持ちになってしまうことの方がほとんどでしょう。

気になる異性とではなくてもあまりその人のことを知らない状態であれば、一緒にいて安心できるわけもなく、沈黙が続いてしまうと「どうすればいいの?」と困惑してしまうことも多く、対応に困ってしまうケースも珍しくはありません。

しかし、ツインレイの相手であれば一緒にいても気まずさなどを感じない場合の方が多いのです。

一緒にいるのが当たり前、もしくは一緒にいることで安心感や居心地の良さを感じるようになるため、沈黙していてもまるで家族と過ごしているような感覚を覚えるという人もいます。

魂の片割れともいわれるお相手ですので、むしろ自分だけが過ごしているような一人の時間に近い過ごし方ができる人も出てくるほどです。

もちろん、そのまま一人の時間のように好き勝手過ごすようなことはできませんが、それでも沈黙していても全く苦にならず、それでいて互いが別々の行動をしていたところで何かしら思うところもない感覚に過ごしやすさすら覚えるでしょう。

魂が元は一つだったお互いだからこその過ごしやすさ、そして気兼ねなく沈黙を貫いて行ける気楽さもあり、他の男性たちと全く違う過ごしやすさが相手が自身のツインレイだと気付くきっかけになります。

恋愛感情を自覚した後に試練が続く


ツインレイというのはであったとしてもその多くが実は試練に見舞われることの方が多く、恋愛感情を自覚したからこそつらい現実が待ち受けているのも特徴の一つです。

例えば相手に恋愛感情を持ったとしても、相手が既婚者であった、すでに彼女がいるといったのはよくあるもので、他には自身が既婚者である、交際しようとしても相手がツインレイというのを気付いていないため相手にしてもらえない、社会的な立場上許されないなど、恋愛的な目で見られない事態やそもそも周囲が許してくれない状態に陥っているようなケースもあります。

好きになったからには相手と幸せな未来を築いていきたいと思うもの。

けれど幾度となく転生し、そしてようやく巡り合えた魂にはつらい最終試練が待ち受けているのです。

この試練を乗り越えれば本当の運命の人とともに過ごすことができるようになりますが、乗り越えられないのであればそれまで。

そんな強く惹かれているからこそ、つらい現実が試練として襲い掛かってきます。

こうした自覚した後に幾度となく試練に襲われるような事態に陥ってしまった異性がいるのであれば、その人もツインレイの可能性は非常に高いでしょう。

ツインレイ男性の独特な愛情表現を100%理解するポイント

基本的に多くを語らない


ツインレイの男性は普通の異性と違って愛情表現が非常に独特です。

基本的に普通の男性は自身がどれほど優れているのかを相手に示すため、行動はもちろん言葉も尽くして自身がどのような人間か、何に優れているのかを女性にアピールするような人が多くいます。

けれど、ツインレイの男性の場合は言葉に尽くさず行動にてその愛情すべてを表そうとするのです。

彼女の幸せこそが自身の幸せである、いつまでも女性に幸せでいてほしいと思うからこそ見守るスタンスに入り、何かしらトラブルが起きたりしない限りは自分からアプローチしようとはせず、ただひたすら女性が歩む未来をそっと見守ります。

普通であれば何かと手を尽くして彼女の役に立ちたいと思うものですが、ツインレイの男性は言葉を尽くさず、自分から女性に何か手を差し伸べるようなケースもあまりありません。

何かあったとしても女性のそのすべてを受け入れようとしてくれる、他の異性と違う非常に大きく広い包容力を感じることができるでしょう。

その包容力に最初は「え?」と思うかもしれませんが、その包容力はもちろん、見守って幸せになってくれる女性を見届けたいという思いもまた本物です。

にこにことあなたのやろうとすることを優しく見守り、助けを求められるまで頑張ろうとするあなたの姿をしっかりと見届けようとする態度こそが彼の愛情表現になります。

見守るだけでなくどうにか助けてほしいと思うことも多々あるでしょうが、見守る彼にとってはその助けが必要な時も彼女の人生の一部であり、彼女であれば乗り越えられるだろうと思っているからこその信頼もあるでしょう。

また、男性の中には手を差し伸べたり助けてあげたりしたくても、自身の立場や状況が許さないケースも多いです。

既婚者であるためプライベートな問題にあまり深入りすることができない、下手に手を出すと浮気や不貞を疑われてしまう可能性がある状況に陥るかもしれないなど、手を出したくても出せない状況下に置かれている場合も見守ることしかできません。

時には厳しいことを言い、道を示してくれる


ツインレイの男性の愛情表現は何も優しいものばかりではありません。

時には厳しい言葉でもってその人の間違いを正し、きちんと道を示そうとしてくれる行動もまた、彼からの愛情表現の一つになります。

何をどうするべきか悩んでいるとき、二択の選択肢で迷っているとき、そんな将来や人生に関わってくるような悩みはもちろん、ちょっとしたことではあるけれど本人にとってとても大切な選択に迷っている際などにツインレイの彼はしっかりと話を聞いてその選択肢に対して彼女がより後悔しないための道を示してくれることも多いです。

けれど、その示し方は人によって違い、優しく話を聞いて道をそっと示してくれる人もいれば、逆に厳しく叱責して間違った道をただすこともあります。

厳しい言葉も飛んでくるかもしれませんが、その多くは女性に間違った道に進んでほしくないからこその言葉です。

そのため、相談すればしっかりとその相談内容にあった答えをくれ、道をある程度指示してはくれるものの愛情からくる厳しい言葉も飛んでくることを覚悟しておかなければなりません。

言葉によっては「この人は私のことなんて嫌いになったんだ」と思うくらい厳しい一言が飛んでくるでしょう。

しかし、その言葉は話をしっかりと聞いたうえで彼が必要だと判断したからこそ出てきたものでもあるので、もしかするとそんな厳しさが必要なほどにあなたが間違った道を選びかけているのが現状なのかもしれません。

あなた自身が気づいていないだけで、傍から見ると自暴自棄になって間違った方向へ突き進んでいるというケースは珍しくありませんし、もう何もかもが嫌になって間違った方向にあえて進んでしまいたいと思って行動してしまっている人もいます。

そんな時、多くの人は優しく引き留めたりしっかりと説得して相手をどうにか正しい道に戻そうとしたりするものですが、ツインレイの男性はかなり厳しい言葉でもって正そうとするのです。

ツインレイの相手でなければ鬱陶しいと思ってしまうかもしれません。

けれど、ツインレイの男性になると一緒にいてまるで一心同体になったかのような一体感を感じることがありますので、そのあたりも影響して「あ、私のことをこんなにも心配してくれてるんだ」とどこか強く実感してうれしく思うでしょう。

自身が相手に見合わないと感じると別れを選ぶ


魂の片割れともいわれる異性の愛情は、その人の幸せこそが自分の幸せ、というのをそのまま行くようなものであることが多く、自身のことを好きになってもらい、恋人や伴侶として添い遂げたいと強く願うからこその行動というものが少なめに感じる傾向にある人も多いです。

そのせいなのか、男性側が魂の片割れだと感じる異性と出会った時、その人が自身にとってとても魅力的な異性であっても自身がその人に見合わない、釣り合わないと感じるとアプローチすることなく身を引いてしまうケースもあります。

出会いを果たし、深い愛情で彼女を包んで幸せになる手伝いをしてあげたい、幸せにしたいと思ったとしてもその思いに自身が見合っていない、中途半端な結果になりかねないと思った時も同様で、今の自分ではだめだと思った瞬間、もっと良い男になるために別れを選択してしまうのです。

女性にとっては自分磨きがまだ足りていないだけだと本人が思っているだけで、十分良い人だと思っていても、男性自身にとっては全く納得できていないので女性に見合う自分になるまで手を伸ばそうとはしない、もしくは自分には過ぎた人だとすっぱりとあきらめてしまうでしょう。

それだけ女性が魅力的だということを示しているとはいえ、ツインレイという魂の片割れである異性が身を引くのは女性当人にとってはあまり理解できない考えであるかもしれません。

けれど、男性は自分よりももっと良い男性を選んで、確かな幸せを享受してほしいと思っているので、あえて身を引くことで愛情を示そうとしているのだと理解してあげてください。

一途なツインレイ男性の愛情表現を正しく受け止める方法

素直に相手の愛情を信じ、受け入れる


ツインレイの男性はとても一途な人が多く、好きになった人に対しては真摯に愛情を表現しようと四苦八苦する人がほとんどです。

けれど、その愛情表現を女性は本当かどうか疑ってしまうもので、遊ばれていないか、冗談で言っていないかをしっかりと確かめてその愛情表現を受け取るかどうか決定する人が多いのですが、ツインレイの男性の場合そのような愛情表現に対する疑心暗鬼が長く続くと「自分は信用されていない」と勝手に判断して離れていこうとしてしまいます。

その前に、愛情が確かに本物であると確信したのであれば素直にその愛情を信じ、受け入れるように努めなければなりません。

特にその愛情をしっかりと受け止めて彼と両想いになりたいと思っているのなら尚更、彼の愛情を疑うのは失礼に当たります。

ツインレイだと彼のことを確信したのであれば、その愛情が本物であると素直に受け止めてあげる方がよほどその一途な愛を実感できるでしょう。

当然、その愛情が優しいものばかりではなく、時には厳しい言葉による注意や忠告、間違った道を行くあなたを引き留める行動が当てはまることもありますが、それでもあなたを想っての行動や言葉に違いはなく、その時にはいい感情を抱かなくても、冷静になって見返してみるととても心配してくれていたのだと実感できるものがあるはずです。

そんな言葉や行動を決してひねくれた思考で受け止めるのではなく、素直に「心配してくれてるんだな」「気にかけてくれてるんだな」という簡単な考えからでも良いので、一言ありがとうと言えるような前向きかつ素直な感情を彼に表してあげてください。

そうすれば彼は最初のうちは愛情表現が本物かどうか疑っていたことに理解をしつつも、それが彼女に受け入れられていると実感していき、最終的にはツインレイなりであっても正直により強い愛情をあなたに示し始めます。

愛情が相手に受け入れてもらえているという安心感とともに、より自分の愛を受け止めてもらおうと行動を起こしてくれるでしょう。

謙虚な気持ちで受け止める


ツインレイの男性がいくら究極の運命の人とは言え、愛情に関して強気に出てしまうと不興を買ってしまうのは当然です。

あまりにも謙虚な態度ではなく、愛情があって当然のものと考えているとどんどん彼は「本当に彼女は運命の人なんだろうか」と女性との運命の出会いや自身が感じた運命の人という直感を疑い始め、最終的には「こんな人ではないはずだ」と思って離れていきます。

人によっては離れていく前に厳しい一言を告げていくかもしれません。

愛情というのはあって当然の物ではなく、たがいに証明し合って深めていくものです。

謙虚な姿勢や心持ちで相手の好意を受け取っているのであれば、その愛情もいつか冷めてしまうのではないかという不安が生まれます。

その結果、その不安を現実のものにしないために相手の愛情に感謝を示し、離れていかないようにと考えることが多くなるはずです。

その感謝こそが相手の男性にとって最もうれしいものであり、自身の愛が受け入れられていて認められていると深く理解できる行動、言動にもなります。

謙虚な姿勢を示すだけで、男性からは好意的な印象を得られることも多いので、愛情が運命の人だから当たり前に得られるものだとは思わず、きちんとその愛情に対する感謝を返してあげましょう。

愛情を多く求めすぎず、ほどほどを心掛ける


彼があなたの運命の人だとしても、その愛情には限りがあります。

運命の人だからどれだけ求めても返してくれるというわけではなく、男性にも愛情を持続しながら与えることができる容量というものが存在しているのです。

その容量以上を求められると最初のうちはどうにか応えようとしていた男性でも疲れてしまい、その人を恋人にするには難しい、これ以上求められると自分が耐え切れないと感じて去って行ってしまいます。

何しろ、あまりにも多くを求められると男性は鬱陶しく思うことが多く、あれもこれもと言われると徐々にその人に対する感情が冷めてしまうものです。

ほどほどのわがままであれば可愛いものだと流してくれたり、叶えられる範囲でかなえてくれたりするものですが、男性の限度を飛び越えるようであればそれはまた別の話で、どうにもできないことをどうにかしろと言われているに等しいでしょう。

だからこそ、男性からの愛情を受け止めるときにはさらに愛情を示してもらおうとせずに、ほどほどの量や大きさを維持していくのが重要です。

女性にとって最も大きな愛がうれしいものだという人は一定数存在するものですが、あまりに大きなものだと男女ともに疲れてしまうのは道理ですし、何よりキャパオーバーを起こして付き合いきれないとすら感じてしまいます。

何事もほどほどに抑えておかないと、どちらともが関係性に限界を感じて壊れてしまうもの。

愛情に飢えているわけでもなく、ただ彼からの大きな愛を感じたい、本当に自分が好きなのか試したいと思ったとしても、お相手の愛情をより求めるのではなくある程度のところで満足できるように自分を律してください。

もっともっとと彼を求めるのは別段悪いことではないのですが、その「もっと」が続く限り相手はどうにか応えなければならないという義務感にかられ、無茶をしてしまうことも多く、あなたの一言が彼を疲労させ、最悪の場合は体調不良や無茶からの散財につながってしまうことだってあるのです。

彼と一緒に居たい、これからも良い関係を築いていきたいと思うのであれば、彼を束縛しすぎず、愛情を求めすぎないことを念頭に置いて愛情をほどほどのところで受け取っていくというのがとても重要になります。

ツインレイの男性は一途でほどほどであっても愛情を広く大きく見せてくれる人が多いので、もっととねだらなくても意外と十分なほどに彼からの愛を示してもらうことは可能です。

ツインレイ男性と迎えるサイレント期間を出来るだけ前向きに乗り越えるコツ

男性がよく考えたい気持ちを理解してあげる


ツインレイの男性と仲良くなり、そしてついに交際にまで至るというところで実は一度男性は離れていくことがあります。

女性に対して強く惹かれているのを自覚し、そして好意が本当に彼女を守りたいからこそくるものだと実感した男性に起こる現象で、サイレント期間と呼ばれるものです。

このサイレント期間に差し掛かると、男性は非常に強い不安にさいなまれます。

彼女を本当に自分が幸せにできるのか、守ってあげられるのか、そうした女性に関する不安がどっと押し寄せてきてしまうので一度じっくりと女性との関係を考えたい、不安から解消されるために一度距離を置きたいと思って離れて行ってしまうのです。

この時の男性と女性の関係性はランナーとチェイサー、追いかけられる側と追いかける側になり、男性を女性が追いかけるような状態に陥ります。

しかし、男性としてはじっくりと今後のことを含めて関係を考え直しておきたいところがあるからこそ追ってほしくないので、この時追いかけるように連絡をしつこくしたり、詰問するような質面攻めをしたりするのはNGです。

追いかけられると逃げたくなる性質を持ち合わせている男性、それも今後の関係性について急に何も言わずに離れていくケースもあるほど思い詰めている状態の男性ともなれば女性からの執拗な連絡や質問攻めに辟易するのは当然でしょう。

だからこそ、追いかけずに思い詰めている状況に理解を示してあげてください。

もしも関係性を築いていこうと思っている彼が既婚者であるのなら、その不安はあなたにも少なからずあるはずです。

今後彼が離婚してくれるかどうか、離婚の際に奥さんや自身や彼の実家からの叱責と理解を示してくれないことでの味方の消失、彼と一緒になるためにやるべきことがたくさんあるのと同時に、ひどく恐ろしい未来も待ち受けていると思うと「このまま付き合っても大丈夫なのだろうか」と思うことは少なくないでしょう。

そんな大きな不安とともに、さらに彼にのしかかっているのがあなたを幸せにすることができるのか、自分はその責任を取れるのかという彼女の将来に関しての不安です。

お相手自身に関する不安もたくさんある中で、さらにあなたに関することも背負おうとしているのをきちんと理解して、少し彼がひとりで冷静に考えられる時間を作ってあげてください。

自分磨きをして魅力的な自分になる


サイレント期間の彼に追いかける行動はNGであると分かった以上、その間の時間は有効に使っておくべきです。

彼が本当に自分のところに戻ってくるのか、もしかするとこのまま「関係を終わらせたい」と言われてしまうのではないかと不安になってしまうでしょうが、彼は関係性を続けていくことではなく、あなたを幸せにできる力量があるのか、今後さらに関係を進展させていくとして守っていけるのかを不安に思っています。

その回答には彼なりの強い覚悟が必要になりますが、それと同時に女性のことがこれからも魅力的であると思えなければなりません。

彼が強い覚悟を決めている間に、今後関係を進展させていく、長く交際していくことを前提に考えていくのであれば自分磨きは重要です。

彼のためにというよりは、あなたがより魅力的である状態を維持し続けていくためのものとしてとらえておいた方が続けやすく、もしも彼と別れることになったとしても後悔せずに済みます。

お相手の好みに合わせた磨き方も良いですが、彼の好みに合わせた磨き方をすると別れた後にさらに別の男性のために磨きなおさなければならないところが出てしまい、「あれだけ頑張ったのに」とどこか磨いたことを後悔してしまうのです。

けれど、自分が今の魅力的な状態を維持する、もしくは現状で更に自分の理想を叶える体型や内面を得るための磨き方をしていると、たとえ別れたとしてもその後に自分磨きをしたことに後悔することはありません。

自分が最も良いと思った磨き方で、なおかつ理想を叶えるための努力でしたので全く後悔することなく、むしろ自信を付けて他の男性からのアプローチを受けられるきっかけになりえるものになってくれるのです。

後悔しない自分磨きをしていれば時間も経ち、お相手が戻ってくるまでを不安を抱きつつもしっかりと待つための目的を作ることができます。

相手からの好意に感謝を返せているか思い返してみる


サイレント期間に入ると、それだけ男性がどう思っているのかが不安になるものです。

もしも今後も付き合っていきたいと彼が思ってくれたのであれば、その思いにしっかりと答えて返し行く必要があります。

けれど、今後も同じような付き合い方で良いのか、それとも努力して改善するべきところがあるのかを考えるため、これまでの彼との付き合い方、好意への返し方を一度思い返してみましょう。

好意をしっかりと伝えようとしてくれる彼に感謝の言葉を伝えたことはありますか?

彼からの好意を当たり前の物、あるのが普通のものだと思っておざなりな対応をしていた時はありませんか?

そうした当たり前だと思っておざなりなことをしていれば、彼からの思いは離れていく可能性が高まるばかり、今後交際に発展する、もしくは交際がより進展するのであれば彼への好意に対して真摯に対応しなければならなくなります。

だからこそ、サイレント期間に彼が入ったところで彼への対応を思い返してみましょう。

もしも彼への好意の返答がおざなりかつ失礼なことがあったというのであれば、それを改善するためにどう返すのかをきちんと考えておかなければなりません。

失礼のない、そして真摯な好意のお返しは相手にもきちんと届きます。

逆に好意の返答が全くおざなりかつ失礼な物のまま、もしくは彼が愛情をもたらすだけの状態で特に返しもしなかったのであれば今後はそれが彼が離れていくきっかけになりえるので、どうにか改善しておかなければ良い関係のまま進展していくことなどできはしません。

ちゃんと彼との交際を真面目に考えていくのであれば、彼への対応、好意への返し方をしっかりとこの機会に考え直しましょう。

統合が近づく!2人で幸せになれるツインレイ男性の上手な愛し方

男性の視野に理解を示す


ツインレイの男性がサイレント期間を終えると、どんどん女性との一心同体な感覚が強くなり、より相手が身近な存在だと思うようになる統合が近づきます。

この統合が始まれば、一時期体調不良や精神的な不調を感じるようなこともありますが、それでも新しい自分が生まれた感覚、そしてもう一人分自分の中に自分がいるようなエネルギーの循環を実感するでしょう。

愛し合う二人の距離もぐっと近づき、時間経過とともに彼がそばにいるのが普通だと思うような共通事項も増え、より愛情を深め合う期間に入っていきます。

けれど、近づくことが多くなるにつれてすれ違いが出てくるのもこの期間。

彼と上手に付き合っていくためにも愛し方にも一工夫必要になります。

一つ目の工夫としては男性の視点に理解を示すことでしょう。

統合の期間に入ると、女性の目線を男性が獲得するようになり、仕事と同じように女性と過ごすための時間を大事にすることを心がけます。

家事を率先して手伝うようになり、彼女の心の中心に立てる努力を始めるのですが、またその変化が始まると同時に女性性を覚醒させてツインレイの異性とより一体化しようとするのです。

女性に対する理解を深めてくれる男性に対し、女性が理解を示さないのであれば上手に愛し合っていけるわけはありません。

男性が何を重要視しているのか、どんなことが好きなのかから初めても良いので彼の考えを理解してあげようと努力することが重要です。

自分に軸を持って過ごすようにする


統合期の女性は男性的な視野を手に入れてより活動的になる人も多く、男性の動きに流されるように活発な行動を起こす人も多くなっていきます。

しかし、あまりにも流された状態で行動するようになるとそれまでのしっかりとした女性の面影が無くなると同時に、男性からも「こんなに流されるような人だったっけ?」と疑問視されるようになってしまうのです。

あまりにも流されるような生き方をする女性は、主体性がなく男性からも良い顔をされないので統合が起こり、精神的な不調を感じたとしても自分に軸をしっかりと持って活動できるようにしましょう。

行動的になるのは良いことです。

けれど、軸がなくただ周りに流されるままに軸のない状態が続くと、結婚後のことを考えればあまり良い印象を与えないので、男性にも自身の意見をしっかりと言える軸を持ち、家庭と仕事、そしてやりたいことのバランスを取りましょう。

家庭を壊さず、男性の理解を得て行動する


男性や女性が統合を果たすというのは、それだけお互いの人格が再形成され、より自分たちが近い位置に来るようになるということでもあるので、二人がそれぞれの異性の考えや立ち位置を獲得し、二人それぞれが触発し合う良い関係を築いて行けます。

けれど、その統合の結果、女性はライフワークや仕事に対する誇りなどを得て家庭をないがしろにしてしまうケースも珍しくありません。

男性の性を獲得したことでお相手の仕事に対する考え方や姿勢を自身の中でも重要視して、資格の獲得やサークル活動などに精力的に動くようになるのですが、その考えの結果家庭を二の次三の次にして結婚しても家庭を顧みることなく愛情よりも仕事を優先してしまうのです。

また、中には男性の許可を得ずに勝手に色々なことに挑戦した結果、家族や恋人との関係をおざなりにしてしまい、関係がこじれてしまうなんて状況も良くあります。

そのため、統合を果たそうという期間に入ってくるのならお相手のことをおざなりにしない、家庭をおざなりにしない注意が必要です。

何かを始めるのなら男性の許可を得て、どのあたりまでを許しておき、それ以上は家庭や恋人をないがしろにしない範囲を定めておいた方が円満に交際していくことができます。

ツインレイの男性は愛情表現が独特。けれど理解できれば真摯な愛になる


ツインレイの男性の愛情表現はとても独特です。

普通の恋人もしくは、アプローチを仕掛けてくる男性としては奥手のように感じたり、そもそもそうした好意がある異性ではなく保護者同然のような立ち居振る舞いをしてくるような人もいたりと、女性の方から見ても簡単に理解できない表現方法であることも少なくありません。

けれど、ツインレイとして自覚ができ、男性のことを自身の魂の片割れであると自覚できた女性の場合はそれを愛情だと徐々に受け入れられるようになります。

もちろん、それが男性からの愛であると気づく必要は出てくるのですが、真摯な対応と気にかけてくる行動から好意に関しては気付くことも多いです。

理解するだけで深い愛情とわかるようなケースも非常に多い愛情表現ですので、もしも気付いたのであればその真摯な愛情に応えるかどうかをきちんと考えておくことが必要になります。

場合によっては相手または自身が既婚者であるケースもあるので、結ばれたくても結ばれない結果に終わってしまうこともあるでしょう。

けれど、相手が愛情をそれでも示してくる、不倫を望んでくるといった女性にとってもハードルが非常に高い場合はきちんとお断りした方が幸せなことだってあります。

自分にとって何が最も良いのか、愛情に応えることが本当に自身の幸せになることなのかをきちんと見極めて彼の愛情を理解し、判断を下しましょう。

おすすめの記事