先生が保護者に送る好意のサイン&先生からのアプローチの引き出し方と親から好意を伝えて両思いになる方法

既婚者であったとしても魅力的な女性というのは、先生からの好意的なサインを送られてくるケースもあります。

子供の先生だからと気にせず接していたのだとしても、その相手の内心は本気の好意や下心が満載で、どうにか内密の恋を成し遂げたいと思っている人も多くいるので、知らないところでアプローチされているケースもあるほど。

しかし、そんな先生が既婚女性という保護者に好意のサインというのはいったいどんなものなのでしょうか?

気になるアプローチ方法はもちろん、サインに関してをこの記事では取り扱い、詳しく説明していきます。

また、好意を伝えて両想いになるための方法に関しても知っていきましょう。

可愛い?それとも性格?先生から見た不倫したくなるほど魅力的な保護者

身だしなみに気を遣っており、とてもきれいな保護者


子供に関することで多くかかわる先生たちではありますが、そんな先生たちの中でも保護者の格好良さや美人などの容姿に関する話題は良く出てきており、教師の中ではその保護者とぜひお近づきになりたいという気持ちを強く持つような話が出されることもあるほどです。

そんな先生たちが多いのと比例するように人気があるのが、身だしなみに気を遣っており、なおかつ美人な保護者でしょう。

人の第一印象は外見ともいわれるほど、その人が美人であったり可愛かったりするだけで、ぜひ近づきたいと思う人は多くなります。

外見ではなく内面も大切だと思うという人もいますが、その人も初めて会った時にあまりにも汚い格好をしている人との出会いであればそれ以上関わりたいと思うことはほとんどないのと同じで、やはり身綺麗にしている人の方が好感を持てるもの。

特に教師と接する母親の中には、すでに結婚していて夫がいるから、子供のことだけしか接点がないからそれほど気を遣う必要はないだろうと、教師と話す際にすっぴんでいることも少なくありません。

家事や仕事に忙しい日々を送っているため、学校に関するところまで身だしなみを徹底しておきたいと思う気持ちはないのでしょうが、そんな保護者たちの多くから囲まれている先生からすれば綺麗な保護者はそれだけ目を引く存在です。

すっぴんや普段着の多い女性たちの中に、綺麗にメイクをしてスーツなどでびしっと決めた女性がいれば目を引くのと同じで、先生たちの視線も簡単に引き寄せられるようになります。

もともと綺麗な女性であればなおのこと、子供のこともきちんとやりつつ自身のこともきちんとしようという気持ちが読み取れるため、しっかりとした女性だなとより好感を持てるようになるでしょう。

また、忙しい日々の中で確かな余裕を感じられるようにもなるので、強い好感とともに大人な対応にあこがれを持つようになる教師も出てくるのです。

教育方針などに関する反応が良い女性


今現在において、教師という職業は微妙な立場に立たされがちです。

教育のため、子供のためと思って試行錯誤したとしても保護者にそれが受けて支持されるかどうかわかりませんし、何より保護者自身がほとんど教育に対して関心を持つことなく、学校側の思うとおりに勝手にやってくれと何もかもを投げてくるような状態もある始末。

下手に動けばたたかれてしまうかもしれない状態でもある上に、保護者達からの賛同を得られない時点で必死にやってもそれが実らないなんて事態が非常に多い職業ともいえるでしょう。

けれど、そんな教師だからこそ教育方針に対してきちんと反応を示してくれる女性に強い好意を抱きます。

自分自身がどのように教育をしていきたいのかを理解し、その方針を支持してくれるだけでも先生たちの心境には余裕ができ始め、モチベーションも上がるというものです。

誰がやろうと同じだろうと思っていた仕事で、誰かに「ありがとう」「あなたのおかげです」と感謝の言葉を述べられれば、頑張って良かった、もっとやってみようと思うのと同じで、先生たちもまたやる気が強く出始めるのと同時に味方がいるのだと強気な姿勢でより熱心な教育を子供たちにしようと思い始めます。

そんな味方してくれる女性が近くにいるというのは、好意が簡単に情愛を伴ったものになりやすいです。

自分に味方してくれるのはこの人だけ、この人と一緒になりたいと強く思うようになると不倫でもいいから彼女と一緒に居たいと思うようになります。

教師として尊敬してくれる女性


昔の教師と違って、今の教師という立場は保護者に対して頭が上がらず、ひたすら世のお母さんたちからの苦情や文句に立ち向かわなければならなくなっています。

必死に教育を施そうとしてもそれが認められず、中にはPTAの役員を務める保護者達から爪弾きにされて行事に満足に参加できないような先生がいるなど、非常に弱い立場に立たされてしまうことも珍しくありません。

一昔前であれば教育者としてしっかりと務めようとする先生たちは保護者からの尊敬の念を受けていたものですが、今ではすっかり立場が逆転してしまっているような状態です。

だからこそ、不倫になってでも交際したいと思う保護者が先生に対して尊敬の念を抱いてくれている人であるというのは必然でしょう。

偉そうにすることなく、子供に対してどのように接しているのか、そしてどのような教育を施しているのかをきちんと聞いてくれ、そのうえで保護者が対応または協力できることに手を貸してくれる人はもちろん、「いつも子供がお世話になっております」と尊敬してくれる女性というだけでうれしさや感謝の念を通り越した感情を持ってしまうのです。

当然、だめな教師に対してそんな尊敬の念や感謝の言葉をかける必要性はないので、教師によって対応は違ってくるでしょうが、自分なりの一生懸命を正当に評価してくれる感謝の念があるだけで、先生たちは大きく変化します。

子供たちも年代を追うごとに自分たちに対して先生が手を出せないことをいいことに、いろいろとトラブルを起こしてしまうケースもありますので、ひどく神経を使っている先生たちが、評価して認めてくれる保護者に懸想しても仕方がないのかもしれません。

好きな気持ちを隠せない…先生が保護者に送る好意のサイン

プライベートな会話を挟んでくる


好きな気持ちが本物である場合、先生が保護者である既婚者女性に対してサインを送り、自身からのアプローチに気付いてほしいと思うあまり行動に出始めます。

そのサインとも言える行動の一つが、プライベートな会話を盛り込んでくることです。

二者面談や家庭訪問において話をしているとき、ちょっとしたことがきっかけで話しがそれてしまうことはよくありますが、子供のことは全く関係のない、母親である女性のことや家庭に関することを聞いてくるのであれば、かなり強い好意を隠そうとしてもできないほどの好意を出していると言えるでしょう。

特に女性の好みのタイプ、旦那さんとの関係性に関して触れてくるのであれば特別な関係を望んでいると言外に話しているも同然です。

ただ、中にはそうした会話も盛り込みつつも自身の話を聞いてほしいからこそ、話し相手を求めているだけの人もいるので、好意を持っていると勘違いしてしまうケースもあります。

なので、会話の内容などを良く判断しておかないと、単に話したいだけの人につかまって子供のことを話すための時間を相手の愚痴や自慢話のためだけに使うだけになってしまうでしょう。

先生も多少そのあたりを考慮して子供のことを中心に話そうとしても、好意の強さや話す内容がなくなってしまえばプライベートなことを話題にしなければ話が続かなくなってしまうので、もしかすると踏み込んだ内容を問いかけてくるかもしれません。

ただ、好意が強いのであれば旦那さんとの関係のほか、家族間の関係については必ず聞いてくるので、サインとしての判断基準はそのあたりを使ってみると相手の好意の有無が分かりやすいです。

子供を理由によく連絡してくる


先生から子供のことで気になることがあったから、と保護者に対して連絡してくるのはよくあることで、怪我や病気のほか、調子がおかしいと感じたら保護者にまめに連絡して家の方で原因をきちんと把握してもらっておきたいと思う先生も一定数以上います。

しかし、教師というのは数多ある職業の中でも忙しい部類に属し、授業を進めるスピード、テストの作成、カリキュラムにおいて分かりにくいところや自身が説明しにくいと思った部分をどのように補強していくかといった授業に関することはもちろん、先生によってはクラブ活動や部活動の指導にもあたらなければならないので、電話しようとしてもなかなかできないなんてことはよくあるのです。

逆にあまり細かな連絡はあまり必要ないだろうと判断し、けがや病気などの緊急を要する大きな連絡以外をしない先生もいます。

だからこそ、子供のことを理由に頻繁に連絡してくる先生は保護者である女性に何かしら特別な思いを抱いていると言ってもいいでしょう。

もちろん、中には保護者にもきちんと知ってもらわないと困るといった内容の連絡もあるでしょうが、もしも「こんなことでいちいち連絡してこなくても」と思うような内容のものが多いのであれば、ほぼ確実に好意に近いものを持っています。

先生としては忙しい時間の中、どうにか暇な時間を作って電話をしているので、話す内容を頑張って作っているのです。

細かな内容であったとしても好きな人とどうにか話したい、話せる時間を作ってきっかけを確かなものにしたいという思いからの行動でもあります。

なので、電話を受けて訝しげな気持ちになるのはもちろん、こんなに頻繁に連絡してくるほどうちの子は何かやらかしているのだろうかと不安にさいなまれるかもしれませんが、その電話の回数ほどにあなたに特別な感情を抱いているのです。

教師という忙しい立場である以上、クラスで担当している子供の家全部に連絡することはできませんし、暇があるのなら授業のことや自分自身のことを優先して考える時間にあててしまうでしょう。

けれど、そんな些細な時間であったとしても好きな相手と話せるような時間が欲しいと思うからこそ、彼は連絡しています。

愛情を持って指導していると分かる先生であればなおのこと、保護者からの信頼を得やすいので頻繁に連絡すること自体がすぐにおかしいと思うでしょうが、特別な感情を抱いている相手への行動だと思えば納得できる部分もあるでしょう。

何かあったら言ってくださいと親身になろうとしてくる


相手の保護者とどうにか親しくなりたい、自分こそが彼女の特別な存在になりたいと思う先生の中には、特定の保護者に対して「何かあれば言ってくださいね」と非常に親身になろうとしてくる人もいます。

忙しい時間ばかりで自身の時間もろくに取れない職業であったとしても、どうにか時間を割いて彼女のために何かしてあげたい、力になってあげたいという思いから出てくる言葉であるので、どんなことであっても尽力してあげられる特別な人になりたいと本気で思っているのです。

例え気になっている女性が既婚者であったとしても、自身の方が頼りになるところを見せておけば、旦那さんよりも自分を選んでくれるかもしれないという下心もあるでしょうが、何より自身に頼ってもらえるほどの力があるのだと女性に強く見せつけられることもあり、好意を抱いている女性にいい格好をしようとする先生に多い言動でもあります。

例えば旦那さんと揉めてしまったというようなプライベートのことであっても、ぜひ自身に頼ってほしいという気持ちをにじませている状態でもある人もいるので、個人的な連絡先を渡してくる人もいるのです。

また、そうした好意からくる相手から頼られたいが故の親身な接し方でも、「最近元気がないようですが、大丈夫ですか?」といった元気がないという雰囲気や顔色の悪さを心配するものが表れると、日ごろからよく観察していることを察せられるでしょう。

小さな変化や家庭における変化を機敏に感じ取り、女性との仲を確実なものにしていくためによく観察し、話して状態を把握しようとしている先生もいますので、親身になろうとより言葉をかけてくるのであれば確実に親しい仲になろうとしている先生です。

会いたいと思わせる!先生からのアプローチを引き出す方法

連絡帳や提出物に感謝のメッセージを書き込んでおく


先生と保護者という関係上、会う機会は非常に限られます。

学校行事のほか、面談や訪問といった機会でしかまず簡単に会えないからこそ、相手の先生にはより会いたいと思ってもらい、会える機会に強く好意を認識してもらうのが不倫恋愛に持ち込むためのアプローチを引き出すコツにもなるのです。

そのアプローチを引き出すための方法の一つが、先生へのメッセージを連絡帳や提出物に紛れ込ませておくこと。

子供の年齢によっては連絡帳を先生に提出して、その日に何があったのかを子供の側から報告してもらう欄をチェックしてもらったり、きちんと授業の時間割を書き写せているのかなどを確認してもらったりすることもあります。

そんな連絡帳の部分には時折保護者が書き込んで、怪我や病気に関する報告、学校で何かがあったらしく不調であるため少し気にかけてほしいといった親の視点から見た変化を先生に共有してもらうべく、書き込むケースもあるのです。

子供の年齢も加味すると直接的なことを告げる書き込みをすることはできないものの、彼への感謝の気持ちを込めたメッセージを書き込むことはできます。

なので、連絡帳や提出物に簡単にではあっても感謝のメッセージを書き込むことで、先生へより強く好意を持ってもらうのです。

「いつも子供を気にかけてくださってありがとうございます」「最近体調不良が気になる季節になりましたので、お気をつけてください」といったような内容から始まり、少し好意をにじませるような内容に少しずつランクアップさせていきます。

唐突に好意をにじませるものを送ると相手も困ってしまう可能性があるので、困らせないように少しずつ、それでいて会いたいくらいに強い思いを抱いてもらうためにも少しずつ段階を踏んでいかなければなりません。

連絡帳などがなくなる年代であれば、先生に提出する提出物に付箋などでくっつけて渡してもらうようにしておくのも良いでしょう。

頼って良いときには頼る


先生に頼るというのは子供のことに関してもですが、自身ではどう判断すればいいのか迷ってしまった時にも声をかけると意外と良いアドバイスがもらえるものです。

特に学校に関する人間関係、PTAや役員におけるあれこれに関しては先生も把握している部分が多いので、自身だけではどうにもならないと判断したのであれば頼ってしまうのが実は会いたいくらいに思ってもらう好意を抱いてもらうためにもおすすめの方法になります。

先生とて一人の男、好きな人には頼ってもらいたいですし、何より自分が頼られてもなんとかできるくらいには強い男であるというのを知ってもらいたいという気持ちは強いです。

そのため、好意を抱いている保護者から「先生、すみませんがちょっと助けてもらえないでしょうか?」と声をかけられると喜び勇んで問題を解決するためにも尽力してくれるでしょう。

教師側も問題が解決できると同時に好きな人から頼ってもらえてうれしいと思いますし、いろいろと自分に対して良い感情を抱いてもらえただろうという実感も湧くもの。

強く実感できればできるほど、頼ってもらえるくらいに信頼されているとも自信がついていきます。

また何かあったら頼ってほしいと思うだけでなく、先生によっては「この人には自分が必要なんだ」と思うようになり、徐々に会って彼女の不安を解消できればいいのにと考えることで、より会いたい気持ちを募らせていくのです。

今は何か困ったことはないだろうか、トラブルに巻き込まれているが自身にまだ相談するか悩んでいるのではないかといった想像をし、自分が何か力になれることがあればと強く考えるようになれば、自然と会うための口実作りを色々と構想したり、場合によっては保護者への連絡のための書類などにこっそりとメッセージを紛れ込ませて実際に会えないかを打診したりしてくることもあるでしょう。

笑顔で愛想よく、感謝の気持ちをちゃんと伝える


先生が会いたいな、会えないかなと思うくらいにアプローチについて悩んでしまう女性は、主に癒されるような非常に愛想が良い特徴を持つ人が多いです。

中でも感謝の気持ちも一緒に伝えてくるような保護者であればなおさら会って話したい、癒されたいという思いが好意と重なってより強いアプローチを考えさせられるケースもあります。

毎日忙しい日々を過ごし、朝早くに起きて遅くに帰る生活の中で人間関係なども加わる教師は激務の職の一つです。

そのため、保護者の人の対応や会話によって癒されている部分もあるほどすさんだ生活に疲れ切っている人もいます。

可愛いペットや一緒にいて楽しいと思う人に会いたいと思うのと同じで、恋している素敵な女性に会いたいと思うのはもちろんですが、それ以上に疲れ切ってしまっている自身をどうにかしたい、癒されてまた頑張れるような気持になりたいと思った時に笑顔で愛想よく接し、それでいて感謝してくれる女性に会いたいと思うようになるのです。

恋する人に会えたらうれしい、疲れ切った自身を癒してくれる感謝を忘れない保護者に会えてうれしいと思うのと同時に、良い関係を築けられれば教師という立場に揺るぎない味方ができるのではないかとも考えるでしょう。

今後もきちんと教師を続けていく上で愛想よく感謝の気持ちを伝えてもらうというのは必要なことであり、モチベーションに関わるケースもありますから非常に大きなポイントになります。

会えばそれが必ずと言っていいほど約束されているというのであれば、好意の有無は関係なく会いたいと思ってしかるべき相手となるでしょう。

当然、アプローチもしてどうにか会えないか考えるようになります。

脈ありサインも活用して!保護者から好意を伝えて両思いになる方法

二人きりでご飯に誘う


先生からの好意がまんざらでもない、むしろそういった関係を含んで両想いになりたいと思ったのであれば、相手にその好意を伝えなければ先には進めません。

けれどあまり大っぴらに彼への好意を伝えると、彼の立場がなくなりますし、子供も学校に居づらくなってしまい非常に困ったことになってしまいます。

そうならないためにも、好意はこっそりと伝えなければならないのですが、そうなるとどうしても好意が分かりにくいケースもあるものです。

しっかりと自身にも先生に対しての好意がある、強く好意を抱いているのだと知ってもらうためにはお誘いをかけるのが良いでしょう。

誘いの中でも相手が好意を持っていると実感してくれやすいのが食事へのお誘いです。

それも二人きりの食事であれば、余計に先生側も好意に関して強く意識してくれるので、他に人がいない個室でのご飯ともなればより自身に女性が気があるんだろうと強く考えられるようになり、好意を伝えられるように勇気を振り絞るタイミングを計るようにもなるでしょう。

ただ、こうした食事、それも二人きりでの密会のお誘いはとても難しいです。

どのように連絡を取るかも重要ですが、会った時に誰かに見られでもすれば一巻の終わりですので、かなり神経を使って会うための方法を考えなければなりません。

食事をするとしても個室が完備されていて、他の保護者の人や教職員が来ないような場所を選び、夫や子供への言い訳もしっかりしておかなければ不倫を疑われて家庭内でも気まずい思いをしなければならなくなってしまいます。

ただし、きちんと密会の約束を取り付けられたのであればこれ以上ないほど好意を示すことができる食事会になってくれるのは間違いありません。

誰だって好きでもない相手と二人きりでご飯なんて考える物ではありませんし、親しい相手でなければ異性と二人きりでご飯に行くこと自体拒否します。

先生の方も特に好意を抱いてもいない異性の保護者から二人きりでご飯に誘われれば、自身が一体どういう目で見られるのか不安に思うと同時に、保護者に対して何を考えているのかと憤りを感じるようにもなるでしょう。

だからこそ、好意をきちんと持ってくれている、本気で保護者のお相手と交際したいと思っている先生に食事のお誘いをかけるのは強いアプローチにもなるのです。

目が合って見つめ合ったら笑顔を返す


両想いになりたい先生からもともとそれなりのアプローチやサインを受けているのであれば、自身の好意を知ってもらうためにもそのサインやアプローチに対して好意的に返すというのもまた一つの方法です。

特に多いサインが目を合わせてそのまま見つめ合ってしまうものであったり、目が合ったはいいもののどこか気恥ずかしさを感じてそのまま目をそらしてしまったりするものが多くなります。

しかし、そうした目のサインというのは意外と饒舌に物を語り、目が合う頻度が多ければ多いほどあなたのことを気にして仕方がない、目が合うとうれしいからもっと目を合わせていたいといったことが仕草で判断できる人も出てくるほどです。

そんなサインを受けているのであれば、そのサインに対して笑顔で返してみましょう。

訝しげな顔をされてしまうより、ずっと好意的であると相手に示すことができるので、どう好意を伝えればいいのか分からないといった時にはとてもおすすめの方法にもなります。

笑顔というのは人によっては簡単に好意を感じさせてしまうものでもあり、勘違いの元になるものでもあるのですが、あなたも先生に対して良い感情を抱いており、その後内緒の恋人に発展してしまってもいいかもしれないと思うのなら笑顔を返してみると意外と良い反応が相手からも返ってくるでしょう。

そうした笑顔でのやり取りが続けば、徐々にそれが保護者側からのアプローチであると先生の方も気づきますので、どうお誘いをかければいいのか分からないと頭を抱えてしまう人はまず試してみて損はない両想いアプローチでもあります。

気遣いの中に好意を表す


人によっては先生へのアプローチを段階を踏まなければ非常にまずいと言った立場の人も多いです。

他の保護者たちからも目立つような役員の立場であったり、それなりに多くの人と接する機会が多いせいで好意があるというのをバレてしまうと非常にまずい立場に先生ともども追いやられてしまったりと、どうしても学校においての立場が邪魔をしてしまうケースは珍しくありません。

そうした人の場合は気遣いの中に好意を少しずつ示していくのが良いでしょう。

「いつもお疲れ様です」「子供がお世話になっております」といった感謝の言葉やねぎらいの言葉が最初に出てくるでしょうが、そのあとある程度やり取りに慣れてきたのであれば、先生に子供に関する悩み事を相談してみてください。

「先生にしか頼れなくて」「やっぱり先生に相談したいと思って」といったような、好きな先生が特別であることを匂わせていると、先生の方も自分こそが彼女の特別だと判断して勝手に好意を強めていきます。

告白に関してはどちらから行われるのかはわかりませんが、それでも両想いに近い状態だと男性の方が確認するのには十分です。

どの程度まで先生に相談すれば確実に両思いだと分かってもらえるかについても個人差がありますが、女性のプライベートや家庭内のことを相談できるようになるほど信頼していると、もはや家族同然、一緒にいて当たり前のような感覚に陥るケースもあります。

自分は彼女からプライベートなことまで相談される特別な先生なのだから、というような気持ちさえ芽生えてくる可能性もあるでしょう。

ただ、先生にもどうにもならないことはたくさんあります。

家庭内の相談事だって専門の病院やカウンセラーを尋ねたほうがよっぽど頼りになる案件も存在しているので、先生にどうにかしてもらいたいと頼ったとしても「すみません」と返されてしまう可能性もあるのです。

だからこそ、先生を頼る前にこれは先生に伝えても大丈夫なのかを核にするためにもどういう相談事であれば受けてもらえるのかを事前に把握しておかなければなりません。

子供の担任と教室でキス!?先生と保護者が不倫恋愛をスタートさせるきっかけ

子供の相談事で二人きりの時にキスされて


子供の担任でもある先生と不倫恋愛を始めてしまう保護者は好かないながらも存在しており、そのきっかけは人によって違うものの、確かにお互いが好意を持っていると確信できるきっかけがあるものです。

そのきっかけの一つとして扱われることが多いのが、二人きりの時にキスされるというもの。

子供の相談事なので学校に訪れると先生がプライバシーや子供の相談内容などに応じて空いた教室や会議室、多目的室などを開放してくれます。

中には応接室などに案内されてお茶を出され、そのまま相談内容をお話しすることもあるようです。

しかし、そうした密室空間というのは間違いが起こりやすく、誰にも見られていないという点からも先生の方はもちろん、保護者側も行動に出やすい環境でもあります。

そのため、先生から密室空間でキスされて、それをきっかけに二人ともが好意をあらわにしてそのまま不倫恋愛に発展してしまったというケースは意外と多く、人知れず好意を持っていたものが、密閉空間において抑えきれなくなってしまったきっかけによって思わず交際してしまったという人もいるでしょう。

PTA役員で学校に通ううちに誘われて


保護者の女性には、時折順番で役員の立場が回ってくることも多いです。

役員になると様々な活動やイベントごとの作業のために学校を訪れるようになるきっかけも多く、その際に先生方ともよく交流するようになるケースも非常にたくさんあります。

また、先生方と一緒に活動してイベントごとを成功に導いたのであれば一体感はもちろん、連帯感や仲間として強い信頼もあるでしょう。

そのため、学校に通ううちにどんどんと仲良くなっていき、最終的には好意的なそれに誘われるような形で恋に落ちてしまうなんて言う人も珍しくはありません。

特に行事などで非常に頼りになってくれた先生で、なおかつ好意を持ってしまっている人に対しては誘われてしまえば断るのもちょっと申し訳ない、もったいないと思ってしまうケースも多く、相手に誘われるままだめだと思ってはいても関係を進展させてしまう人は珍しくありません。

ただ、このような相手の誘いを断り切れないまま発展してしまうケースの中には、申し訳なさのほかには本人が流されやすい性質のあまり、良い様に交際まで持っていかれてしまうなんて事態もあるようです。

人によっては非常に強い後悔の元になってしまう不倫恋愛ですので、きっかけ自体は徐々に仲良くなっていたものだとしても、きちんと断れるかどうかをよく考えてその誘いを受けるべきでしょう。

頼りにならない旦那の代わりに相談して支えてもらって


保護者の中には旦那さんが子供に関してのことに頼りにならないということで、先生に助けを求めるケースもそう珍しくはありません。

子供に関してのことを仕事の忙しさやその結果疲れてしまったから後にしてくれなどと言って後回しにする夫というのはどうにも頼りにならない、けれど早急に対処しなければならない状態に落ちっているときに頼りになるのは、やはり先生なのです。

頼りにならない夫の代わりにどうにか対応してもらい、その結果問題が解決したのであればかなり強い好意を持つには十分なきっかけになります。

また、同じように子供のために尽力したというのは、本来そうした関係のない二人に強い連帯感と信頼関係を結ばせることもあるため、夫よりも夫らしい役割を果たしてくれるという点で、担任の先生が夫であればよかったのにと強く願う女性も出てくるほどです。

困ったときに支え合うことが夫婦のあり方であるのなら、その役割を果たしてくれない旦那さんに愛想が尽きてしまい、頼りになり、支え合ってくれた先生に乗り換えたいという気持ちが強くなって不倫恋愛をしてしまう女性がこのケースにおいてはほとんどでしょう。

少ないけれど頼りになるからこそ発展する関係。ただし、周りの目に気を付けないと先生の立場が危ない


先生と保護者の間には今では信頼関係や尊敬の念というものが非常に薄れています。

けれどその中でも尊敬や感謝を忘れずに接してくれている人がいることで、先生は成り立っているところがあり、ひどく疲れる教師生活が持っていると言っている人もいるほどです。

そうした先生たちにうれしい感謝を示してくれる女性は不倫恋愛でもいいから一緒に居たい、交際してほしいと思うには十分なほど魅力的で、疲れてしまっている現状を癒してくれる数少ない要素でもあります。

だからこそ、さりげなく彼らはアプローチやサインを示し、保護者である既婚女性に強い好意を表そうと必死なのです。

中にはその好意が実ったことで関係を築けている人もいますが、その終わりは非常に悲惨であっけないものが多いのも特徴でもあります。

人に見られて地元に居られなくなったばかりか、子供からの信頼も失ってしまう、離婚の果てに相手の先生も学校に連絡を入れられて教職を続けられなくなる、そんな終わりの恋ばかりが報告されているのです。

もしも相手の誘いを受けるのなら、人目につかない難しさなどを含めて相手に及ぼす影響と自身への影響をよく考えて受けるようにしましょう。

おすすめの記事