ソウルメイトが既婚者だった時の向き合い方。相手が既婚の場合・お互い結婚している時の対処法

前世から何度も関わってきた相手、時に助け合い、時に同じ目的に向かうために約束をした相手というのがソウルメイトです。

同性異性どちらもいるソウルメイトはそれだけ深く互いに理解し合え、一目会った瞬間に「この人、どこかで会ったかも」と既視感を覚えることから他の初対面の人よりも仲良くなりやすい傾向にあります。

独身同士であれば、気の合う非常に親しい友人または理解し合える強く信頼できる配偶者としてうれしい相手になりますが、そんなソウルメイトは独身時代に会えるほど都合よく出会いが転がっているわけではなく、相手が既婚のケースも存在するのです。

あるいは自身も結婚している、お互いが既婚の身であるというケースもあるでしょう。

そんな既婚の身で出会うソウルメイトはいったいどう向き合えばいいのでしょうか?

この記事ではソウルメイトが既婚であるときに出会う意味、そして向き合い方や対処法に関してを詳しく紹介していきます。

ソウルメイトが既に既婚者である場合の意味

運命の相手ではない人と結婚している


運命の人ともいえるソウルメイト、同性であればこれ以上ない親友に、異性であれば文字通り運命の伴侶として絆を結んですごしていくことになるだろう相手ではあるのですが、そんなソウルメイトに出会った時、相手がすでに結婚しているというケースは珍しくありません。

出会えた時、すでに中年の年代だったり、相手がこれ以上ないほど好きだと感じる他の人に出会っていたりすると良く起こりえるので、一目見て「あ、この人」と思えるくらいに琴線に触れる、「どこかで見たことある、初対面の気がしない」といった感想を抱くような運命の人に出会ったとしてもすでに既婚者である以上手遅れになっています。

しかし、この運命の相手ではない人と結婚している状況もまた意味があるのです。

それは運命の相手ではないからこそ感じられる愛を学ぶこと。

ソウルメイトがいる、それも相手が既婚者であるケースの場合のスピリチュアル的な意味は愛を学ぶことが目的となっているため、運命の人との恋の果てに結婚し、愛を育むのではなく、運命の人ではない相手と契ったことでわかる愛について学び、知ることを目的としている意味をあらわすのです。

この人だと思える人ではなく、好きだけれどどこか違うと感じながらも色々な経験をし、愛とは何か、そして自身の持つ真の愛とは何なのか、それらを学んでいくのがスピリチュアルな共通目的として知られています。

そのため、運命の人ではないが好きで結婚した相手との愛、子供への親愛、そして禁断の愛など、愛の種類も様々。

相手が既婚のソウルメイトであるということも相まって、また独身であれば知らない愛を知ることができ、互いに既婚であるのなら分かち合い、支え合うことで得られる愛もあります。

こうして様々な愛を学ぶという魂の目的を示されているのです。

つらい結婚生活の中で愛されたい、愛する意味を知りたい


ソウルメイトである相手がすでに既婚者である、またはお互いに結婚しているという状況下においては運命の人との出会いはともかく、そこから発展していく恋愛や結婚に対する望みはかなり潰えている状態です。

そのため、独身であれば諦めて他の人を見つけようと思えるけれど、互いに結婚しているのであればかなりつらい結婚生活を強いられている人も多くいます。

結婚したのちに相手の態度が変わる、冷たくなる、暴力はないが暴言を言ってくる、生活費を最低限しか渡してもらえないため子供に十分な食事を提供できない、そんな色々な困難が降りかかり、つらい結婚生活をしているからこそ、愛されたい、愛するってどういうことなのかわからないと思ってしまう人がこのケースでは多いです。

最初のころには愛し合っていたと思っていたのに違っていた、運命の相手ではないからかつらいことばかり降りかかる、そんな気持ちでソウルメイトに出会います。

スピリチュアル的な「愛を知る」という既婚者が運命の人と示された女性がする経験は、そうしたひどいことばかりであるため不倫恋愛に走りたいと思ってしまう人も非常に多いです。

魂の伴侶ともいえる彼が既婚者で自身も既婚者であるというのなら、そのつらい経験の中から愛とは何か、そしてこの人だと思える彼に出会えたことで経験できる愛はどんなものか経験しなさいと意味していると言えるでしょう。

そして気持ちからも「愛って何だろう」「愛する意味って何なんだろう」と求める気持ちが強くなります。

愛を学ぶ機会に恵まれる


既婚者のソウルメイトに出会う意味としては愛を知り、学ぶことが最も強い意味合いになりますが、それに付随して愛を学ぶ機会に恵まれる傾向にもあります。

相手の姿や相手の家族の話を聞いて家族愛や彼の妻との絆の深さ、夫婦愛を学ぶことができますし、中には魂の配偶者だと分かっていても報われないからこそ諦めるゆえの愛というものもあるでしょう。

相手の幸せを願うからこその愛というものもあるので、本当に様々な愛の形を知る機会に恵まれます。

様々な形であるがゆえに、許されない恋からの愛を知る機会もあるので、愛されたいと思っている人であれば、一時的ではあるものの満足のいく愛を感じられることでしょう。

不倫恋愛になるとリスクが非常に大きくなりますが、基本的に既婚者がソウルメイトであれば、相手の家族や夫婦の関係を知り、愛とは何かを知ることができる機会に多く恵まれるのは確かです。

既婚者だけどあの人がソウルメイト…?確かめたい時の方法

初対面なのにそんな気がしない、なつかしさを感じるか


既婚者だけどもしかするとあの人がソウルメイトなんじゃないか、そう感じることがある人もいます。

この人とはウマが合う、話がどうしてか合う、そんな偶然が続くと「実は運命の人なんじゃないか」と思ってくる女性は多く、相手が本当に自身の魂の伴侶なのかどうか確認したいと思うものです。

そんなソウルメイトを確認するための方法の一つが、初対面の時でも初めて会った気がしない、むしろなつかしさを感じる相手であるかどうかを確認すること。

ソウルメイトは前世からずっと共に過ごしてきた相手であり、なおかつ何かともにやり遂げようと約束していた可能性や助け合い支え合ってきた可能性もありますので、初対面というにはかなり濃い日々を過ごしていたかもしれません。

そのため、初対面であってもどこか既視感があり、全く初対面の人と対面しているような気がいないというのがソウルメイトである人の確認方法です。

更になつかしさまで感じるようであればほぼほぼソウルメイトであると言い切っても良いでしょう。

初対面であっても過去の友人知人とタイプや性格が似ているため既視感を感じてしまうという例もある荷はありますが、初対面の第一印象はほぼ外見で決まりますので、基本的には顔だちや髪形、ファッションが類似してでもいない限りはそう簡単になつかしさを覚えるような既視感を抱くケースはありません。

そのため、初対面で既視感やなつかしさを抱くような彼であるのならそれは今生ではなく前世において縁のあったソウルメイトである可能性が高まります。

初めて知り合う人であれば、なつかしさや既視感があるかないかを判断するだけでも相手がソウルメイトかどうかが判別しやすくなるので、まず最初にその人からなつかしさを覚えるかをチェックしてみると良いでしょう。

確かに初めて会うのになつかしさを感じて他人とは思えない、というような感想を抱くのであればより前世などで濃密な関係にあった人なのかもしれません。

なつかしさや既視感を感じる相手ですので、人によっては初対面なのにすぐに打ち解けられるほど相手と仲良くなれるケースもあります。

なつかしさを感じつつ、話が合う、ウマが合うといった感覚からすぐに打ち解けられたのであれば、より高い確率でソウルメイトだと判断できるでしょう。

一緒に居ても素の自分でいられるかどうか


ソウルメイトかもしれない、そんな相手と一緒にいる時間が取れるようになったのであれば、その時間を利用して本当に彼が運命の人なのかを確認する方法があります。

それが一緒に居て自身の素の状態を出してしまえるか、素の自分のままで長時間いられるかというポイントを確認する方法です。

魂の伴侶である相手と共に過ごしていると、一緒に居ても息苦しくない特徴があります。

一緒に居て素を出すとなると、それが本当に気心知れた人でなければ安心できない人の方が多く、両親や兄弟姉妹にしか素の状態を見せられないなんて女性も珍しくないほど、素の姿を見せるのはハードルが高いものです。

特に女性の場合は素の状態を見せるというのはばっちりメイクを施した顔でしか会ったことのない相手にすっぴんを見せるにも等しいので、見られて相手に幻滅されないか不安で仕方がありません。

それほどまでに女性が素を見せるというのはとてもハードルが高く、勇気が要ることでもあります。

しかし、そうした素の自身を見せても良いと思えるほど安心できるのがソウルメイトです。

ソウルメイトだと判断できる人は、一緒に居て素を見せてもほとんど何も感じることがなく、長く一緒に過ごした家族や友人のような感覚で付き合っていくことができるでしょう。

そのため、他の人に見せるのは無理だと思っていた素をあっさりと見せることができるのです。

また、一緒に居て素を見せてもいいくらいに楽しく過ごす時間を得られるのもあり、久しぶりに再会した親友と過ごすような気分で相手とともに居られるので、より魂の伴侶であるという可能性は高くなります。

偶然何度も出会うか


ソウルメイトかどうか、運命の人なのかを確認する方法には会う頻度、それも偶然会ってしまう頻度というものもあります。

これはソウルメイトである場合、行動目的などが非常に似ている傾向にあるため、偶然会う頻度も非常に多くなりやすいためです。

そのため、「あ、また会ったな」と思うような感覚を覚えるようになるほどそれだけ偶然会う頻度が多く、互いに似たような行動目的で動いている可能性が高まります。

もちろん、その人と通勤するための道が一緒であったり、近所に住んでいたりするため良く会うというケースもあるでしょうが、そうした条件があったとしても就職先が違っている、出社時間や通勤のために家を出る時間が違うというケースであれば偶然一緒になることはあまりありません。

なので、近所に住んでいるという人でももしかすると運命の人である可能性はあるのです。

互いの用事が一致しないような休日などで会う頻度が多くなったのであれば、運命の人の可能性が高いので、その人に他の条件やポイントを感じるかどうかも一緒に確かめてみるのも良いかもしれません。

話したことがない人であれば話しかける必要はありますが、ふと見た時に「なんだか懐かしい人だなあ」と思えるかどうかだけでもかなり変わります。

良く会う人で、待ち合わせや時間帯などの共通点がほとんどなく、同じ会社に勤めているわけでもないという人であれば、ご近所さんなどでもないのであれば週にどの程度偶然会うのかを一度確認しておくと運命の人かどうかの判断基準になるでしょう。

自身の友人と偶然会う頻度以上であればソウルメイトの可能性は非常に高いので、自分が友人とばったり出会うのは週に何度あるのかを考えてみるのをお勧めします。

ただ、この頻度を考えるときに必ず自身が何か用事があって相手の家の近くや家を出る時間帯に出勤するルートを通るなどは一応避けておいた方が、より運命的な出会いだと感じることができるので、一度どの程度の頻度なのかを考えるときには会う可能性の高い行動を取った時は集計から避けておきましょう。

突然こんなサインが!ソウルメイトに出会ったしるし

目が離せなくなる


ソウルメイトかどうか、確認するための方法に関してを知ることが出来ましたが、実は出会った時ソウルメイトに出会ったというしるしが出るケースもあるのです。

こうした出会ったしるしというのは複数あるのですが、そのしるしを実感することが出来れば、確認方法でほぼ確実に相手がソウルメイトであると確信することができるので、しるしをチェックしてみるとより安心して彼を運命の人だと認識できるでしょう。

そのサインであるしるしの一つとして、相手に会った時に目が離せなくなるほどの魅力を感じるというものがあげられます。

普通、相当な美人であったり、自身がすごくファンである有名人に偶然出会ったりでもしない限り目が離せなくなるなんてことはありません。

しかし、ソウルメイトが相手である場合、実はなつかしさや既視感などが含まれた感情が大きくなるので、目が離せなくなってしまうという人が多いです。

すごく見おぼえがあるのに初対面、懐かしいと感じるのに初めて出会う人というのもあるでしょうが、それと同時に運命の相手というのもあり、目が離せなくなるような魅力を感じてしまうので、どうしてもじっと見つめてしまう動きに出るケースもあります。

まるで硬直したように固まってしまう人もいれば、まるで見惚れるようにじっと見続けてしまう人もいるので、サインによる行動も様々。

人によっては互いに目が離せなくなってしまった結果、自己紹介などもせずにずっと見つめ続けて数分経ってしまう、なんて男女もいるので、もしかすると互いに「この人が運命の人だ」とふと気づくなんてケースもあるのです。

最初から共通点が多い


ソウルメイトであると判断できる出会った時のサインには、話してみることでわかるものもあります。

そのうちの一つが共通点。

話していると時折、この人とは話が合う、共通点があるというケースは良くありますが、その共通点が非常に多いというのもソウルメイトの特徴で、なつかしさなどだけでなく判断するためのポイントにもなるものです。

ソウルメイトという前世からの知人、共通の何かを達成しようと支え合った仲なので話しやすいですし、一緒に居て居心地が良いと感じる例も多いので、余計に一緒に話している時間を増やしたいと思うものですが、さらに相手と一緒に居たいと思えるポイントが共通点の多さでもあります。

特に運命の相手でもある異性にもなると、共通点の多さが普通に気がある人よりもずっと多く、ほとんどのことで共通する何かがある、違うのはちょっとしたこだわりだけなんて例も出てくるでしょう。

それほど一緒に居やすい、過ごしやすいといった感覚はもちろん、仕草が似ている趣味が似ているというような部分もあると、より話が盛り上がる傾向にもありますからさらに話やすいと感じられるようになります。

こうした共通点が非常に多い場合、初対面であっても全く関係ないと言わんばかりの馴染みようを発揮し、互いに理解し合えるだけでなくもっと話したいという気持ちが湧いてくるので、どこか親しみも少しずつ抱くのです。

長年一緒に過ごしていると友人の仕草が移ってしまう、口癖が移ってしまうというような例はありますが、初対面でそのようなこともなく、仕草なども共通しているとどうしてこんなにも似ているのかと気になっていく人も出てきます。

気になる仕草が同じで共通点が非常に多い初対面の異性、そんな彼はソウルメイトである可能性はとても高いので、初対面でも判断できるほど似通った人もいるほどなので、もしかすると初対面で「この人すごく共通点がある、もしかすると運命の人かもしれない」なんて強く思えるほどの人かもしれません。

以心伝心で考えていることがわかる


ソウルメイトである相手に出会った時、実は会話をしている最中や会った後行動を共にしているときに気付くサインが、相手の考えが分かる、以心伝心で話しをすることができるというものになります。

気が合う人、非常に共通点がある人というアドバンテージがあるので、初対面でも非常に会話が弾むものですが、その会話の中に「あれ」「それ」「あの」といった何を明確に表しているのか分からない単語でも通じてしまうという特徴が表れ始めるのです。

初めて会うからこそ、その人の不明確な指示語に対して疑問を抱くことの方が普通なのですが、ソウルメイトということもあって互いに共通点も多いのであれば、その指示語を理解することができます。

また、初対面ながらもそれなりにそのあと過ごす時間を長くとった人であれば、徐々にほとんど会話することなく「それとって」「あれちょうだい」で通じてしまうほどの以心伝心さを発揮する男女もいるほどです。

そのため、相手が本当に自身のソウルメイト、魂レベルの伴侶であると判断したいときにはこの以心伝心さ、考えていることへの理解度を含めて考えるのもおすすめになります。

もしも不明確な指示語をある程度理解できなくても、何を言いたいのか理解できるのであれば可能性はあるので、共通点の多さから一度よく話してみると徐々にわかるようになるケースもありますので、ソウルメイトではないと簡単に見切りを付けず、ほかのサインと一緒に含めて考えてみるとより判断しやすいので、見切りをつけるのは少し待ってみましょう。

相手だけが既婚の場合のソウルメイトとの向き合い方

一線を越えずに留める


相手が既婚者である場合、ソウルメイトとわかっても簡単に行動に移すことはできません。

彼には愛する妻がおり、子供もいて、守るべき家庭があるのですからソウルメイトだからと言って家庭に割って入るような真似をしても何もかもが不幸に終わるだけ。

更にあなたがソウルメイトだから、自分こそが彼の本当の運命の人だからと言ってもスピリチュアルな説明を聞いて納得してくれるような人はそういませんので、ひどい修羅場を引き起こしかねません。

だからこそ、一線を越えずに現状のままとどめておくという向き合い方はとても大切です。

ソウルメイトが既婚者であるというのは、普通の恋愛や出会いでは知りえない愛を知るためであるかもしれませんが、それと同時にあなたと彼の成長のための出会いであるという可能性も十分考えられます。

ソウルメイト自体、出会ったことで成長を促すような意味のものが多く、愛を知るための既婚者の相手であったとしても、その出会い事態に意味があるケースも多いのです。

話しをしているときに家族の話になって、そこから愛とは何か、自分が思う愛はどんなものかを確認して成長していく人もいますし、叶わない恋に破れたことをきっかけにさらに人間として成長できるようになる人もいるので、何もないまま別れるという例自体がほとんどありません。

なので、たとえ不倫恋愛の関係にならなかったとしても彼から何かしらの答えや成長のために必要なヒント、きっかけはもらえているはずです。

そして最終的には次の試練のために二人は道を分かちます。

お互いにまた違うソウルメイトと出会い、さらなる成長や愛についての経験を積んでいくことでしょう。

最終的には別れてしまうというのもあり、さらに不倫恋愛にも踏み切るほどの勇気はないという女性であれば、いっそのこと勇気を振り絞らずにそのままの関係を維持していたままの方がよほど安全に経験を積み、きっかけや答えを得て次のソウルメイトが出会うことで考えるようになる試練のために離れていけるようになります。

友人であることを徹底する


ソウルメイトであるということで、彼の方からアプローチをかけられてしまう人も一定数います。

女性の方はそのまま普通に対応しているのに、彼の方がどんどん本気になっているのか、それとも遊びで誘っているのかはわからないものの、不倫恋愛の関係を築こうと行動し、迫ってくるのです。

けれど、相手が既婚者である以上下手な行動はとれませんし、なおかつその道に踏み込んでしまえば女性側にも多大なデメリットが発生してしまいますから、悩みに悩んだ末にお断りするなんていうケースもそう珍しくはありません。

そのため、彼からのアプローチなどがあったとしても友人であるという現状を徹底して、今生では結ばれない運命なんだろうと割り切ってしまった方が良いです。

一線を越えてしまいたい、彼と幸せになれるチャンスがあるかもしれないと思うのでその誘いにうなずいてしまう女性もいますが、そう簡単に幸せになれるわけではありません。

男性は秘密の恋人を作ったとしても、本当に離婚するとは限らず、中には本当に愛しているのは妻の方であり、秘密の恋人は人生経験のために作ったというような人もいるほどなので、下手に踏み込んでしまった結果婚期を逃して後悔してしまう女性も多く存在しています。

そのため、下手に手を出すことなく友人のままでいたほうが楽しく彼と一緒にいることができますし、何より話をしやすくなるでしょう。

もしも恋人になってしまうと、彼に捨てられないようにという気持ちが一番に出てきますので、自分が言いたいことを彼に言えないまま、ソウルメイトであるはずなのに気持ちが通じ合うことなく、最後には男性に捨てられて二度と会うことはなくなってしまうなんていう経験をしてしまうかもしれません。

愛について知る、そんな意味のある既婚者のソウルメイトではありますが、そんなつらい経験をしたくないというのであれば友人のままでいて、お互いが成長し合えるように気兼ねなく過ごせる関係性を築いていた方が修羅場もなく、心地よく会話を楽しむことができるでしょう。

友人だからこその話題というものもあります。

特に家族に関しての話を嬉々として彼が話してくれるのは友人としてのポジションに収まっているときだけ。

もしも不倫相手になっているのであれば、家族の話を聞かせてほしいなんてことを伝えると、いったい何を知ろうとしているのかと訝しげな態度を取られてしまうかもしれません。

一線を越えたなら試練が降りかかるのを覚悟して臨む


ソウルメイトだからこそ感じる魅力に抗うのはとても大変です。

既婚者だからこその異性の魅力も相まって、自身の現状抱えているつらい気持ちが理解してくれる彼への好意に変わり、どちらかからのアプローチから発展して最終的に一線を越えてしまうなんて事例も良くあります。

不倫恋愛というとてもスリルがあって刺激的な恋愛も相まって、ソウルメイトの彼と会うたびに新たな発見と楽しい気持ちがどんどん湧き上がってくる感覚に、どんどんのめり込んで行ってしまうでしょう。

けれど、その一線を越えた先にあるのは地獄です。

バレてしまえば仕事を失うだけでなく、奥さんから慰謝料を請求されることで貯蓄が失われ、最悪の場合は両親にお金を貸してもらわなければいけない事態に。

他にも両親に何をしたのか知られてしまったことで、縁を切られて実家からの援助や絶対的な見方を失い、最後に一人孤独にどこに行けばいいのか分からないまま膝を抱えて泣いてしまうなんてことに陥るかもしれません。

当然ですがやっていることがやっていることなので、友人知人も離れていくでしょう。

不倫恋愛をするというのは、相手の家庭をめちゃくちゃにした挙句恨まれるというのを前提に、自身のことを強く信頼していた周りの人たちを裏切るという行為でもあります。

なので、それらすべてを覚悟したうえで臨まなければなりません。

例え彼が離婚して、あなたとやり直したいと再婚の申し出をしてきたとしても再婚後の生活が簡単に楽になるわけでもなく、奥さんへの慰謝料と子供がいるのなら養育費の支払いも含めてお給料の大半が消し飛んでしまう男性もいるので、女性側にも強く負担をかけてしまう場合もあるのです。

だからこそ、再婚してハッピーエンドなんて簡単に起こりません。

確実に修羅場になり、再婚したとしても彼が別のソウルメイトの異性に出会って浮気をする可能性だってあります。

あなたと同じような感覚で付き合える女性がいるからこそ、そちらに行ってしまう可能性だって十分考えられるので、再婚しても別れてくださいと言われてしまう人もいるのでかなり注意が必要です。

試練が終われば自然にお互いが道を分かち、それぞれが次のソウルメイトに出会うためにまた違う日々を過ごしていくので、まさに新しい人生を歩いていきます。

その点をきちんと考え、なおかつ相手が本当に配偶者との関係を終わらせているのかを良く判断して一線を越えてください。

お互い結婚している場合のソウルメイトとの向き合い方

互いの家庭を優先する


ソウルメイトとして出会ったとしても、お互いがすでに別の人と結婚していて、結婚後にそれぞれが出会うというケースもあります。

そうしたとき、すでにきちんと家庭を築いている立場である以上その人と交際するなど、運命の相手へ取るはずの行動が許されず、どうすればいいのか悩んでしまう女性もいるものです。

しかし、互いに結婚していて家庭もそれなりに良好であるのならそれぞれの家庭を優先するようにするというのも一つの向き合い方になります。

たとえ運命の相手では無かったとしても、二人ともが配偶者に確かに愛情があり、好意があったからこそ結婚にまで至ったわけですから、運命の相手が見つかったからと言ってそう簡単に離婚ができるわけではありません。

むしろ異性としての好意がそれほどなくなったとしても、情は確かにあります。

幸せになるために手を貸してあげたい、たとえ母親や父親としての立場しか求められていなかったとしても家族だからこその愛があると感じている人もいるのです。

二人にそれぞれ守るべきもの、大事にするべきものがあるからこそそちらを優先して、決してそれ以上ソウルメイトとしても踏み込まないようにするのも向き合い方になります。

アプローチせず、互いにどこかでつながっていると思う


二人ともが既婚者であるのなら、それぞれがアプローチして秘密の関係を築くというのもどこか罪悪感が湧いてしまいできないことが多々あります。

離婚するほどの度胸や勇気があるわけでもなく、さらに言うのなら家族に情があって別れたくないという気持ちも強くある現状でソウルメイトに出会うのはかなり複雑な気持ちでいるという人も珍しくありません。

二人ともが独身時代に会いたかったと思いつつ、アプローチをするのに迷っているのならそのままアプローチをすることなく、別の何かで彼とはつながっていると思うのも一つの向き合い方です。

ソウルメイトは確かに運命の相手ではあるでしょうが、それは決して今生の運命の相手であり、結婚相手であるとは限りません。

だからこそ、彼との関係において肉体関係などは持つことなく、普通の会話などを介してまた別の魂や気持ちの部分で通じ合っているのだと思うことも大切なのです。

下手に手を出すと二つの家庭が一気にボロボロになってしまうので、離婚騒動や慰謝料請求なども面倒なほどに絡み合い、再婚したいという気持ちすら薄れてしまうほど忙しい日々になってしまうでしょう。

運命の相手だったから別れたい、なんてことを告げてきた相手ともし再婚したとしても、自分以外にそう感じる誰かがまた現れるかもしれないというかのウシ柄も考えてみるとやはり信じるには怖いと思うのはもちろん、今の状況でつながりが必ずあると信じたほうが安心なのです。

それぞれの成長のための出会いだったと思う


互いに既婚者であるというのもあり、結ばれることはないと察しているのであれば今回の出会いが二人の成長のための出会いであったと割り切るのも方法です。

運命の出会いには試練がつきもの、恋愛に関してもそれ以外に関しても色々と難しいことが降りかかったり、上手く行かないトラブルが舞い込んできたりするので解決後に人間として一回りとはいかなくても成長できたなあと感じる例もあります。

そのため、結ばれない今回はその人間としての成長のための出会いであったと思うようにするのです。

お互いに既婚者ですから共通点や悩みに関しても似通ったところがあるのはもちろん、子供がいるのであれば子供を通じても話をする機会に恵まれることもあります。

互いに悩みを共有し、時には家族ぐるみでお付き合いをするようになるほど今のままの関係を持続していけば良いことはたくさんあり、ダブル不倫をするよりもずっと良い関係を築けていく人もいるのです。

例え結ばれることが無かったとしても、どこか成長できていると思い、それ以上の深入りはしないようにするのが幸せな向き合い方かもしれません。

ソウルメイトに出会うのには意味がある。その出会いを経験に変え、彼にもきちんと向き合おう


ソウルメイトの人に出会った時、ふとそのまま目が釘付けになるような、固まって動けなくなるようなそんな感覚や懐かしい気分が湧き出てくるようになります。

前世、互いに助け合い支え合い、そして同じ目標のために努力してきた二人ですので懐かしいと思い、初対面でありながら既視感を覚え、共通点の多さなどからも話しにくさを抱かずにそのまま長年過ごしてきた親友のような感覚で接することができるのです。

そんなソウルメイトが出会うのにはスピリチュアルな意味があり、知らないうちに出会いがあったからこそ起こる試練を乗り越えるための努力をしているのかもしれないほど、きちんと目標がある人は多くいます。

けれど、そんな運命の相手ともいえるソウルメイトは独身時代に出会えるわけではありません。

お互いが既婚者である、もしくは相手の男性が既婚者であるせいで結ばれることはなく、そのままの関係を維持して良き友人知人の立場を守ることで、別れに対してのショックを和らげなければならない人もいるのです。

再婚している人もいるにはいますが、ソウルメイトとの不倫ともなればデメリットも大きくなり、理由をそのまま話してしまうほど素直な男性であれば奥さんとの修羅場を発生させてこちらにも飛び火させるなんて言う話も多くあります。

せっかくの運命の人ですから、その人と出会って良かったと思える成長を何か一つ残せるように、よく考えて既婚者のソウルメイトとは付き合っていきましょう。

おすすめの記事