ダブル不倫(W不倫)を辞めて良かったと思える別れ方には準備が必要!潮時かなと思ったら実践する事

既婚者同士の不倫関係として築かれるダブル不倫は肉体関係にはまってしまう人とそうでない人それぞれ分かれることもあり、長続きして数年来の交際をしているというカップルもおり、かなり親密な状態を維持し続けている人も珍しくありません。

しかし、既婚者同士で不倫している以上いつかは終わるもの。

更には辞めたほうが良いと直感するケースもあるほど、交際関係を今のうちに辞めたほうが良い、潮時だから別れようと思う気持ちはつきものの交際でもあります。

そんなダブル不倫は辞めてよかったと思える時が必ずあるからこそ、別れ方には注意が必要ともいわれており、下手をするとずっとその秘密の恋を引きずり続けてしまうのです。

この記事では潮時だ、別れるべきだと思った時にやっておくべきことを含め、ダブル不倫を辞めるための方法について紹介していきます。

目次

ダブル不倫は別れ方を間違えるとズルズル引きずりやすい!その理由

喧嘩の勢いで別れてしまうため、後悔があるから


ダブル不倫はあっさりと綺麗に別れられるカップルもいれば、逆にこれ以上ないほど引きずってしまう別れ方をしてしまうこともあります。

そうした別れ方を間違えてしまった結果、その別れ方をひどく悔やんでそのあとの日々を過ごしていかなければならないのです。

特にずるずると引きずってしまう、その理由の一つとしては喧嘩の勢いで別れてしまうからというものがあります。

互いに大変なことを分かち合い、肉体関係ではなく純粋にお茶をしたり話をしたりする交際のみの関係であっても、喧嘩はするもの。

別れ話などを切り出し、別れる別れないの喧嘩が勃発したのであればなおさら、破局するしないの言い合いが発生するのはもちろんのこと、もっと一緒に居られると思っていたからこそ裏切られたような気持ちで怒りがこみあげてくる人もいます。

また、中にはダブル不倫をしている最中に我慢しなければならないことも多いので、その我慢をし続けた結果、爆発してしまってそのまま喧嘩になり、勢いで別れてしまうといった例もあるでしょう。

こうした喧嘩の勢いでそのまま別れてしまうと、後味の悪さや彼との思い出の辛さ、そして顔を合わせづらいのもあって、ご近所付き合いのある距離であればなおさら破局した後もその別れを引きずって行ってしまうのです。

ダブル不倫において、互いに家族を優先するということに納得はしていても二人して我慢の連続になりますから、会いたいと思っても会えない、家族にバレないように行動する難しさから何度もデートやお茶をする機会にも恵まれない、そんな我慢を積み重ねていると不満も溜まりに溜まります。

それゆえ、喧嘩をして別れた直後はあんな人と別れてよかったと思うかもしれませんが、時間をおいてだんだんと「あんな別れ方をしても良かったのかな」と不安や後悔を感じるようになり、最終的に引きずってしまうでしょう。

ありがとうと伝えられないままの別れになるから


ダブル不倫で別れるとき、どのようなことを伝えて別れるのかはカップル次第ではありますが、ほとんどの人が未来のことを理由に別れるものです。

「家族のことを優先したいの」「バレそうだから別れたい」「他に好きな人ができたから別れたい」そんな理由をもとに別れ話をするケースが非常に多くあります。

これらの理由の多くはまさに自身やその家族の未来、将来を理由としたものです。

より良い未来が欲しいからこそ別れ話をするので、きちんとお別れすることができれば円満の関係解消を行うことができるでしょう。

しかし、別れ話が長引けばその限りではありません。

関係解消に対して、そして別れる理由に関して相手側から文句を言われ、なかなか別れることができないままどんどん不満の噴出や言い合いによる雰囲気の悪化、ようやく別れることを了承してもらえたとしてもとても交際に対しての感謝の気持ちを伝えようと思えなくなっているのです。

別れ話の長期化、もめ事のおかげでどんどん交際に関してのことすべてがとても疲れを感じさせてしまい、中には本当に良い思い出もあったはずなのにそれらに対する感謝を述べることができないまま別れてしまい、嫌な気分のまま次の日を迎えてしまいます。

ちゃんと別れたという感覚のない自然消滅だから


ダブル不倫を楽しむカップルの中には、唐突に連絡を途絶えなければならないような状況下に陥るケースも存在します。

互いの配偶者にバレかけていたり、スマートフォンのチェックをされたりといった連絡をしようとしてもなかなかできない、むしろ連絡自体を途絶えさせなければならない状況下になると、そのまま疎遠になるカップルもいるためその結果別れてしまう二人もいるのです。

こうした連絡がなくなることで引き起こされる自然消滅は、きちんと別れたという感覚がないため非常に消化不良な終わりを迎えるケースが多くなります。

面と向かって「別れてください」と伝えられたなら、その後の展開がどうであれ破局したのちにちゃんとお別れを言えていて、もう彼とは離れたという認識が頭の中にはのこっているものです。

けれど自然消滅の場合はそうした認識自体が非常に甘いもの。

むしろ「本当に別れられたの?」と疑問に思う日々が続いてしまうでしょう。

当然、ちゃんと別れられたかわからず、相手が関係を終わりにすると明言していない以上女性側は終わったと思っていても男性側はまだ続いていると考えている可能性もあり、すでに連絡を取っていない秘密の恋人から急に連絡が来るという心臓に悪いことをされる恐怖も待ち受けています。

別れ方の消化不良はもちろんのこと、その後に待ち受けているかもしれない彼からの急な連絡、別れていないと考えているようなメッセージを考えてみると非常に怖いものがあるので、かなり長期間引きずるようになるのです。

W不倫を上手に終わらせる事ができないとさらされるリスク

説得のために頻繁に連絡することになる


ダブル不倫はしている最中は幸せでも、交際している最中でも相当なリスクを背負っているものです。

そのため、別れ話をきちんと納得してもらい、円満にお別れできない場合はさらにリスクにさらされるようになるので注意が必要になってきます。

そのうち、晒されるリスクの一つが連絡が頻繁になってしまうことで、配偶者にバレてしまう、怪しまれてしまう可能性が高くなってしまうこと。

解消するに至って、理由に対する不満や相手側からの未練によって拒否されてしまい、そのまま綺麗にお別れできないケースは珍しくなく、多少なりとも関係を終わりにしなければならないと分かっているからこそそれを受け入れてくれる人も多いのですが、それでも恋人を愛しているからこそ嫌だという思いがあるのも当然です。

自分たちの関係がまだバレているわけではない、もう少しだけでも一緒に居たいと言われてずるずる付き合うことになってしまう人もいます。

けれど、どうにか別れることを了承してもらうためにも会えないときには連絡をして相手を説得するようなるので、自然と連絡頻度が増えてスマートフォンに触る機会もかなり多くなるのです。

結果、配偶者から「そんなに連絡してどうしたの?」と聞かれるようになりますし、それ以上にスマートフォンを手放しているときに通知が来るとポップアップから不倫相手の名前が表示されると同時に、メッセージの一部が表示されるせいで秘密の関係を築いているというのもバレてしまいます。

離婚騒動に巻き込まれるのは当然のことながら、相手の配偶者からの慰謝料の請求が来る可能性も高くなるのです。

当然ながら家庭における居場所もなくなってしまうので、家庭内別居どころか家を追い出されてしまう結果に終わってしまう人も出てくるでしょう。

こうしたリスクにさらされるため、円満に別れられないと一気に家庭においてバレてしまう可能性はかなり高くなり、最終的に離婚してしまうかもしれません。

喧嘩に発展するため、場所によっては誰かに目撃される


別れ話をすると普通のカップルは理由によってはひどい喧嘩を引き起こします。

互いの悪いところを言い合い、時にはつい手が出てしまうような状況になることもしばしばあり、ひどい終わり方をしてしまう時はそう少なくはありません。

この喧嘩に関してはダブル不倫でも引き起こされるので、喧嘩が勃発した場所によっては他の誰かに目撃されてしまうリスクがあります。

冷静に話がしたいからと言って人目につく喫茶店やカフェでお茶を飲みながら彼と会う、というようなどこかの店で二人で会っていると完全な個室になっていない限りは確実に誰かの目に触れるでしょう。

それもその店が家の近所などであれば、ご近所の人たちが利用する、もしくはその店の前を通りかかるなんてことも少なくないので下手をするとご近所の人から「○○さんの奥さん、知らない男性とお茶してたのよ」なんて噂を巻き散らかされてしまうことも考えられるのです。

そうした噂を払拭するのは難しく、また噂は時間が経てば配偶者の耳にも届くので家庭内において夫婦喧嘩が繰り広げられるかもしれません。

逆に彼の家の近くの店に入って話し合いをしていたのであれば、その状況に陥るのは彼の方で、噂はまず奥さんの耳に入るので即座にバレてしまうなんて事態になるケースもあります。

更に喧嘩をしているのであれば、人目を惹きやすくなるのはもちろん、好奇心旺盛な誤記所の人であれば面白おかしく言いふらされてしまうでしょう。

「○○さん、男の人と喧嘩してたのよ」なんてことを言いふらされてしまうと、その地域に居づらくなるのはもちろんですが、さらに面倒な離婚に関するトラブルを誘発してしまいます。

喧嘩をするのであれば誰の目にも入らない場所で行うことを前提に、ホテルまたは個室完備のお店でやるしかありません。

また、喧嘩をするとしてもあまりひどい言い合いをしていると店員さんやスタッフの人が何事かと心配して個室の扉を開けて注意をしてくる例もあるので、喧嘩をするとしてもなるべく激しい言い争いを避けて、冷静に話し合うことを念頭に接するというのが重要です。

上手く終わらせられない期間が長引き、離婚訴訟が発生する


別れ話は短期間であっさりと別れられる人もいれば、逆にきちんと落としどころを見つけられずに長期間の時間を必要とする人もいます。

上手に別れることができない以上、相手を説得してきちんと別れるためにも時間が必要になり、その結果配偶者に秘密の恋人の存在を知られてしまった人は一定数存在しているのです。

連絡頻度が多くなるのはもちろんのこと、ちゃんと別れられないことがストレスや焦りになってしまい、普段の様子とは全く違う妻や夫に気付いて配偶者が声をかけたり、疑いを告げたりして発覚することが多くなります。

そうなれば当然離婚の話し合いに一直線。

人によっては配偶者が怒りのあまり訴訟を引き起こし、不倫をしていた二人ともを訴えて慰謝料をもらって離婚しようとする互いの配偶者が同時に訴訟を起こしてしまうケースも考えられ、最悪の場合は一気に一文無しの状態に追い込まれてしまうのです。

その状態になってしまえば、とんでもないリスクを背負ったのだと理解します。

場合によっては会社側にもばれて仕事を失い、より崖っぷちの状況に追い込まれてしまうでしょう。

子供がいるのなら親権も取られてしまい、会わせてもらえない事態に陥りかねないですし、両親や兄弟姉妹、友人からひどく叱責された挙句縁を切られるようなケースもあるので、別れるのであれば素早く、そして円満に別れることが求められるとよくわかるリスクでもあります。

ダブル不倫はもう潮時かな…と思ったら綺麗に別れるために準備する事

別れを告げる期限を決める


彼との交際も楽しい時が過ぎれば、徐々に「そろそろ辞めたほうがいいんじゃないか」と感じるようになります。

また、夫から疑いのまなざしで見られたり、頻繁に通知を知らせるスマートフォンに怪しんで触れようとしたりするなど、もうこれ以上続けているとバレてしまう危険性が高くなっていると潮時だと強く実感し始めることもあるでしょう。

もうだめだと思ったのであれば、別れを告げる期限、別れを伝える日をきちんと決めておくのが重要です。

別れると考えて決めたのであれば、その決意を揺らがないものにしなければなりません。

特にダブルに関わらず不倫の場合は相手からの未練や縋り付くような言葉によってそのまま継続してしまうなんて事例もあり、結果として別れられないままずるずる続けてしまうなんて人も多いです。

別れようと決めたのに、結局別れられないまま夫や彼の妻に見つかってしまうまで延々と秘密の恋を育み続けていきます。

だからこそ、彼の縋り付くような言葉や未練をあらわにする言葉に揺らがされないためにも、きちんと日付を決めてその日に実行すると強く決意することが大事なのです。

続けていけない、もう別れなければならないと実感しているからこそ、継続していくことで夫や彼の妻によってどんな危険のある未来が待ち構えているのかも多少なりとも想像しているはず。

自身も相手も幸せに、そしてお互いの日常に戻っていくためにも別れが必要だと思うのなら、絶対に揺らいではいけません。

「もう少し後でもいいんじゃないか」「まだ別れなくても大丈夫じゃないか」という考えはもはや甘えであると知りましょう。

この時に別れなければ私も彼もひどい未来が待っている、悠長に待っている間に離婚するかもしれない、そんな想像をしてみるとより早急に別れなければならないという焦りに襲われていきます。

そんな想像をしてみて、やっぱり夫と離婚する未来は嫌だ、どうにか回避したいと考えるのであれば絶対に話をすると決めた期限や期日を守って別れを告げる勇気を持ち、覚悟を決めましょう。

相手からどんな反応が返ってくるのかはわかりません。

けれど言わなければ始まりませんので、彼にどんな言葉を返されようと、どれだけ引き留められようとも別れを伝えて綺麗につながりを終わらせると考えをまとめて流されないようにしなければならないのです。

相手とのやり取り、データを消去するためのアプリまたは新しいアドレスかスマートフォンを用意する


彼と別れようと思った時、最も扱いに困るのがスマートフォンです。

彼とのやり取りしたメッセージの履歴、写真などのデータといった様々なものが保存されているため、夫にバレれば即座にあれこれが発覚してしまうような、残っていると互いに困るようなものがあるスマートフォンは特にどうにかしなければなりません。

別れた後に消去したのでは遅いときもありますし、別れようとしていたけれど話し合いがもつれにもつれ、夫にもばれてしまったのであればスマートフォンは彼に証拠として押さえられている可能性も高いです。

そのため、証拠を決して渡さないというのも含めて、先に彼とのやり取りの履歴などを消去できるアプリを用意したり、スマートフォンを壊れたということにして新しいものを用意したり、新しいアドレスなどを作っておくなど連絡手段に関してもう連絡できないようにできる準備を整えておくとかなり安心して別れ話ができます。

LINEなどのメッセージアプリはブロックの後削除をするなどで対応できるでしょうが、メールアドレスや電話番号が同じままだと、秘密の恋人の彼が丸暗記して覚えていて、新しい携帯にしても再び連絡を取ってくる可能性があるので、すべて新しく変える必要も出てくるでしょう。

中でも別れ話に関して完全に納得しないまま、仕方なく別れ話を了承したような彼の場合は、どこかもう一度やり直せるポイントがあるかもしれないと連絡を取ってくる人見るので、余計に対策しなければなりません。

別れるのだから徹底して彼との連絡手段を無くし、関係のない、普段ご近所で会ったり子供の関係するところだけで話したりするような相手として今後接していきたいと思うのなら、彼との連絡で使用したスマートフォンをどう対処するのかもよく考えておきましょう。

それほど彼に関連するデータがないのであれば、ブロックや削除、迷惑メール設定や着信拒否設定くらいで十分かもしれませんが、かなり証拠が残ってしまっているのであれば気持ちを新しくするのだという気持ちも含めて、スマートフォン自体を新しくしてしまうのも方法です。

彼からもらった思い出の品を処分する


別れ話をする前に、こっそりと誰にもばれない様にしておきたいのが彼からもらったプレゼントなど、思い出の品を処分することです。

彼と別れると強く決めたのであれば、断捨離して彼との思い出をきれいさっぱり無くしておかなければなりません。

これまではどうにか隠していたのかもしれませんが、潮時だと思うほど長期間交際していたのであれば、夫の方が何かしら気付いている可能性もあり、そうなると彼からのプレゼントを発見していぶかしむような状態になっているでしょう。

送り主が男性か女性かを判断するすべはないでしょうが、友人からもらったのであれば隠す必要性はないので、かなり怪しいプレゼントとして認識してしまうのです。

そのため、先にこっそりと誰にもばれない様に彼からもらったものをすべて処分します。

彼が知ればどれだけ悲しむことだろうか、まだ使える物だしそれなりに高いものだからもったいないな、と思う人もいますがそんな考えを持っていると思い出がよみがえって捨てられなくなり、離婚のための証拠を探す夫に証拠をそのまま渡してしまう事態になってしまうでしょう。

また、彼への未練を断ち切るためにもまず思い出の品を処分した方が良いです。

もったいないと思うのなら、貴金属やほぼ未使用の物であれば質屋やリサイクルショップでお金に換えても良いですし、物によっては他の人に譲っても良いでしょう。

別れると強く決意するためにも、とにかく自身の見える範囲から彼の痕跡を消すためにも、思い出の品を手放していかなければならないのです。

いよいよダブル不倫を辞める時!お互い未練が残りにくい別れの切り出し方

別れる日は相手の都合に合わせない


別れる決意を決めたのであれば彼に少しでも別れてもいいと思ってもらうために、相手の都合に合わせないように日にちを決めてしまうのもポイントです。

彼としては別れ話という大切なことを話し合う日ですので、きちんと相談するか前もって切り出して詳しいことを後日話すために時間を合わせるくらいはしたいでしょう。

けれど、女性の覚悟は非常に強いものであるのならばそんな彼の都合を考える必要はありません。

別れてもう赤の他人、またはただのご近所さんや子供の知り合いの父親という立場に戻るわけですから、最後くらい彼を振り回したところで痛くもかゆくもないからです。

当然、最初は心苦しいと思うでしょう。

そんなときには彼が自身を嫌うきっかけ、別れてもいいと思えるきっかけを与えるための勝手な行動を取るという考えにしてみると良いです。

勝手に女性側が決めて、なおかつ男性は仕事で忙しいのにどうにか時間を作らなければならないのでとにかく女性に対して「なんて勝手なことを」と腹立たしい思いを抱くことは確実でしょう。

彼が「もういい勝手にしろ」と怒ってでも別れを了承してくれればいいと思うのなら、相手も怒りのあまり未練を感じずにそのまま別れを受け入れてさっさと立ち去ってくれるので、勝手に日取りを決めて、彼に会って別れ話をするのが一番です。

ただ、彼は勝手な日取りを決めた女性のために時間を作っているので、別れ話をする前に一言「急に時間を作ってもらってごめんなさい」「時間を作ってくれて本当にありがとう」と彼が仕事などをどうにかやりくりして時間を作ってくれたことに対してはお礼を言っておくようにしてくださいね。

直接会ってちゃんと伝える


相手とわだかまりなくきちんとお別れしたいというのなら、やはり直接彼に会ってきちんと別れたいという旨を伝えるのが大切です。

スマートフォンでのメールやアプリで今では離れることを伝える人もいますが、連絡手段を用いてのお別れは相手の返事がどのような感情で送られてきているのか分からない弊害もあります。

自身に対して彼がどんな感情を抱いていて、メッセージに対しての返事をしてきているのが分からないので、下手に返信をすると彼の怒りを買ってしまいそうでひどく心配になってしまう人もいるのです。

そのため、これまで交際してきた相手への誠意、そしてちゃんと理解してほしいという姿勢を分かってもらうためにも恋人に直接会ってお別れを切り出してください。

どうして別れたいのか、なぜ別れると決めたのかを根掘り葉掘り聞いて、どうにかならないか男性は考えますが、質問には正直に答えても決してその時に決意を鈍らせないように注意をしましょう。

本当に愛してくれていたのか、遊びで都合の良い相手として接していたのかで態度が変わるでしょうが、それでも面と向かって伝えるだけでも彼は女性からの誠意を感じてくれますので、勝手な別れ話をしてきた女性へ抱いていた怒りを多少抑えることができます。

また、こうして誠意をもって直接伝えようとしてくれたのだから、破局を考えた理由に関しても本当のことだろうと思ってくれやすいです。

家庭によって事情やトラブルは様々なので、正直に言ったとしてもそれをきちんと納得してくれるかどうかは相手の考え方次第、そして二人の交際していた時の態度などにもよるでしょうが、正直に切り出した方がわだかまりも少なく、未練なく送り出せるもの。

この時に「本当にありがとう」「今までお世話になりました、とても楽しかった」といったような交際に対しての感謝を伝えるのも良いでしょう。

多少未練を感じるかもしれませんが、ちゃんと説得して納得してくれた男性は「この人と交際して本当によかった」と思いますので、これから今までのように話すことはなくなったとしても交際したことに後悔はなく、いい思い出としてこれから過去の出来事にしていけるようになるのです。

正直に、そして誠実に、相手に対する貶すような言葉や悪口を言わないようにし、冷静に話し合うようにしましょう。

そっけなく距離を置いて切り出す


女性の方がもう潮時だな、と思っても男性の方はまだ大丈夫、まだいけると思っていることは珍しくありません。

彼女側がもう別れないと自身の配偶者が怪しんでいてとても危ないと伝えたとしても、どうにか引き留めようとする男性はいるので、なるべく引き留められたくないのであれば先に男性に対する態度をそっけないものにしておくのがおすすめです。

そっけない態度であれば、最初のうちは何かあったのかと彼は不安になりますが、そっけない態度を取り続ければだんだん女性に関わろうと思う頻度が少なくなり、最終的には連絡することも無くなります。

そのような態度の上、さらに連絡も女性の方からしなくなったのであれば男性も薄々「もう付き合っていけないかもしれない」と思うようになり、別れることに対してもそれほど悪いことではないと思うようになるのです。

すでに連絡自体男性の方からしなければつかない、中には仕事で忙しいからと連絡自体絶ってしまっている状態で、そのまま継続して交際していけると思える男性の方がまれなので、あっさりと未練なく別れを了承してくれるでしょう。

ただ、この切り出し方は別れを決めたその日から準備しておかなければ間に合いません。

別れると決めた時にそれ以上揺らぐことがないくらい、しっかりとした意思で別れると決めた人でなければ、連絡を絶つこともそっけない態度で相手に接することもできないので、できるできないが別れてくる可能性は高いです。

ただ、自分から連絡をしない、連絡が来てもそっけなく対応する、仕事などで忙しいため会えなくなるといったことをちゃんと相手に伝えて、対応を間違えないだけなので基本連絡を取らずにいれば自然と距離を置くことができます。

なので、ある程度簡単に対応できるとともに、彼からの印象は多少悪くなるもののあっさりと別れられる切り出し方でもあるので、これ以上決意は鈍らないという人はあえてきちんと別れられるように距離を取ってそっけなくし、そして別れを直接告げると良いでしょう。

体験者多数!「あの時W不倫を辞めて良かった!」と実感する瞬間

確実に夫の子供を妊娠した時


彼と別れて、ダブル不倫に終止符を打った後「あの時辞めて本当によかった!」と思えるようなときは確かにあります。

そのうちの一つが確実に夫の子であると分かる妊娠をした時です。

とても不謹慎ではあるものの、ダブル不倫をしているカップルの中には互いの配偶者の性的事情に不満を覚え、そこから不倫恋愛に興味を示し、発展させていった男女がいるというのはよくあることで、さらにその関係では妊娠は最も避けるべき事態でもあります。

妊娠したとしても内緒の恋、それも発覚したとしても二人してどうにもならない立場であることに変わりなく、泣く泣く堕胎してしまったという内緒の恋を育むカップルも知られていないだけで相当数いるのが現実です。

宿った命には酷なことではありますが、誰も祝福してくれない妊娠であると言えるでしょう。

中には妊娠をきっかけに正直に配偶者に話して離婚してもらい、それまで恋を築いてきた彼と再婚する決意をする女性もいるのですが、そうした人たちはほんの一握りで、そう簡単に決断できるわけではありません。

だからこそ、別れた後に確実に夫の子供であると分かる期間に妊娠したのであれば、ひどく安心して別れてよかったと思うのです。

嘘をつかずに会話ができるとき


不倫恋愛をしているとき、男女ともに何かしらの嘘を吐きます。

それは予定のことであったり、外出の理由であったりとカップルが使うもの、そして家庭において最も通用するだろうものによって内容は違いますが、夫や妻、そして子供に対して何かしらの嘘をついているのには変わりません。

そうした嘘を何度も重ねて会話をしていると、時折話がこんがらがってしまい、矛盾してしまうケースも多く、話をしているときに内容にかなり気を遣う人もいるのです。

更に嘘を最も愛する配偶者、そして子供に対してついている現状に罪悪感を抱いているせいで嘘を吐くたびに「どうしよう」と頭を悩ませている状態の女性もいます。

だからこそ、別れた後に嘘をつかずに会話ができるようになると、罪悪感はまだあったとしてもこれ以上申し訳ない気持ちを抱える必要がないと感じ、ほっと息を吐き出せるようになるのです。

人によってはようやく息をするのが楽になったと実感することもあり、自身が話した嘘を本当に信じている家族にこれ以上嘘を重ねなくてよくなったという、肩の荷が下りたような開放感を実感することで別れてよかった、不倫恋愛を終わらせて良かったと思います。

時間に余裕が持てるようになった時


ダブル不倫をしているとき、実は男女ともに非常に忙しく、時間に余裕が持てないという人は多いです。

男性は言わずもがな仕事に毎日忙しく、人によっては仕事関連の勉強も休みの日にはしなければならないこともあって、休日の時間すら家族サービスも合わせるとそう簡単に捻出することができません。

女性は仕事と家事、そして子供のことがあって場合によっては男性よりもずっと忙しい日々を過ごしている例もあります。

朝早くに起きて家事をこなし、子供の準備をして学校に送り出したのち、自身も準備をして会社に出勤、仕事をしたのちに帰宅前に買い物を終わらせて家事をこなす。

そして休日には家のことをしながら不倫恋愛のための時間を捻出できるように頑張るなんて過ごし方をしている女性も多いです。

こうしてみてみると意外と時間を捻出するのも大変で、毎日にこなしているものの中の何かを捨てなければ恋人に会うことができないなんて状態もよく出てきます。

こうした忙しい日々を過ごしているからこそ、別れた後に彼に会っていた時間がぽっかりと空白になってしまうため、時間的な余裕を感じられるようになるのです。

自分がやりたいこと、やってみたいことに時間を使うのも良し、ゆっくりと過ごして疲れを取るために休むのも良し、本当に自身のために使える時間を得ることができます。

こうした時間の使い方の変化、自身のための時間が取れるようになると分かれてよかったと思う女性もいるのです。

ダブル不倫は上手に別れる必要がある!別れるときには準備をして長引かせないように


今では既婚者同士のダブル不倫を経験している人たちも増えてきており、内緒の恋人と過ごすために毎日仕事や家事を頑張り、共に過ごす時間で癒しを得ているなんていうカップルも存在しています。

けれど、そんな癒しの時間にもなりえるダブル不倫にも終わりの時というのは来るもので、普通の不倫と違い互いにバレる可能性のある配偶者や家族がいるからこそ、より些細なきっかけで「潮時かも…」と感じやすくなります。

別れたほうが良いなと思った時、ただ単に彼に別れを告げただけでサヨナラできる女性はあまりおらず、準備をして上手に立ち回って別れる必要があります。

長引けば長引くほどバレる可能性はもちろん、配偶者から離婚を切り出される可能性も高まりますので、別れを決意したらそれを伝える期間を決め、そのほかの準備も徹底しておかなければなりません。

男性の反応がどんなものかは実際に話してみなければわからないところがありますが、なるべく短期間で話がまとまるように、少しそっけない態度や連絡を取らない時期を作って交際に対してあまり乗り気ではないと男性に示しつつ、自身の周辺にある彼の痕跡を綺麗に掃除しておくと安心です。

おすすめの記事