既婚者が思わずキスする時の本音!キスを我慢できない心理や遊びの時に見せるサイン&対処法

既婚男性と一緒にいるとき、彼の方から唐突にキスされてしまったことがあるという女性は一定数います。

そんな時、既婚男性から言われる言葉のほとんどが「思わずキスしちゃった」「つい、ごめんね」といったようなまるで我慢できなくてキスしてしまったかのようなものばかり。

けれど、この言葉が告げられるようなキスの中には遊びの時に使われるようなキスやサインが紛れ込んでいるのです。

思わずキスしてしまう時の本音、男性心理を理解することで遊びであるか否かをある程度判別することができるようになるほか、不倫は絶対しないと決めている女性にとってうれしい反対するための方法についてもどうすればいいのか分かるようになるでしょう。

この記事では、思わずキスしてくる男性の本音や我慢できない心理、遊びのサインについてのほかに不倫をしないと決めた女性がどうそのキスを断るのか、対処するべきかについても紹介していきます。

既婚者が気になる女性に思わずキスしてしまう時の本音

その女性に強く好意を抱いている


既婚男性が思わず気になる女性にキスしてしまう、そんな状態における男性の本音としては男性側その女性に対して強く好意を抱いているからこそキスしてしまった、というものが多いです。

自身は既婚者である男性はその好意を周りに知られることはもちろん、欠片も外に出してはいけないという強い脅迫概念や圧迫とともに戦いながら毎日を過ごしています。

ふとした時に彼女のことを好きになったけれど、自分には妻も子供もいて、温かい家庭がある、だというのに他の女性を好きになってしまったという罪悪感も含めて、その好意をどうにか蓋をして押し込めておきたいと思っていたのです。

しかし、その好意が思わず外にあふれてしまったことで、女性にキスしてしまったなんて人は数多くいます。

好きで好きで仕方がない、だめだと思っていてもあふれてしまったというのが本音の中には確実に含まれているでしょう。

とにかくその人のことが好きで、もう我慢できないと思ったことで行動に移した人もいますので、強い好意があるからこそのとっさの行動だった可能性も大いに考えられます。

キスされた後の男性の言葉、翌日の態度などによっては遊びの可能性はあるものの、まず思わずキスしてしまうという行動に出た男性の本音の根底には必ず女性への何かしらの好意があるのは確かです。

あの人はどういう意味合いであったとしても自分のことが好きで思わずキスをしてしまったのだと考えればそれほど間違った判断を下すことはないでしょう。

女性のことをかわいいと本当に思っている


思わず女性にキスをしてしまうほど、好意を強く持っている男性の中には女性のことが可愛いと思えて仕方がないという本音を抱いている人も多いです。

見た目が可愛いと思えるくらいタイプな人、仕草やちょっとした癖が可愛くて仕方がないと思うような、その人のことを深く理解して好意を抱くのではなく、その人のことを理解しなくても自身のタイプとして刺さってくるような異性に対しても、男性は衝動的にキスをしたいと思ってしまいます。

一緒にいるときに可愛い行動を取られた、可愛いタイプな容姿の彼女と一緒にいることに我慢ができなかった、そういった本音の元キスをしてしまったという男性は非常に多くいるのです。

可愛いと思ってしまったからこそキスをしてしまうというのは、異性だけでなく子供やペットに対しても良く行われる行動ではありますが、こうした容姿や仕草からすでにかわいいと思っている男性の場合は、ちょっとした女性の行動がもしかすると自分は彼女に誘われているのではないか、というような勝手な想像を引き起こさせることもあります。

男性側が、「女性がこういった行動をとったから誘われていると思った」というような言い訳をするケースもこの条件、本音の場合は一定数あり、可愛いと強く感じている、好みのタイプであると自覚していて好意を我慢できなくなると、自分勝手な想像の元でキスしてくる可能性もあるのです。

とはいえ、既婚男性であればそのあたりのことは妻に対しての罪悪感などの方が強く感じられるようになっている心境であることの方が多いため、それほど人数が多いわけではありません。

しかし、容姿や仕草、癖が男性にとって非常に好みのものであるという女性に対して男性はそうした行動に出てしまう可能性は強く残ります。

自身の欲望や不満を発散したいと思っている


キスを我慢できない、ついつい女性に対してキスしてしまったという男性の本音の中には女性に対して好意を強く持っているだけでなく、毎日の生活の中で溜まってしまった欲求に対する不満、ストレスなどが爆発寸前だったりすることが原因であるというものもあります。

奥さんと上手く行っていない、夫婦生活における夜の営みを拒否される、そもそも子育てに忙しくそんな時間を妻が作れない、そんな状態になるとちょっといいなと思っている女性を相手にそれを発散させてしまいたいという気持ちが強くなり、ついついキスしてしまうなんていう男性もいるのです。

キスだけであれば何とか事故や酔った勢いでそのまま終わらせることができると思っているところもあり、お酒の席などでキスをして女性が乗り気であるのなら不倫関係または一夜の関係に持ち込めるかもしれないという打算もあるかもしれません。

多少の好意は確かにあるけれど、男性側の不満や発散したいストレスも相まってキスをされてしまうというケースもそれなりにあります。

キスを我慢できない既婚男性の心理

見つめ合った状態で興奮してしまっている


ついキスをしてしまった既婚男性の話を聞いたり、実際にキスされたりすると女性が思うことの中に「どうして我慢できなかったんだろう?」という疑問があります。

自分としてもそれなりに好意を抱いていたり、気になっていたりするとうれしさや戸惑いの方が大きく、埋もれてしまうことの方が多いのですが、それでも「どうして彼は既婚者なのにキスしてきたの?」「我慢できなかったの?」と思うものです。

それまでキスなんてしてこようとしなかったわけですし、相手は自分が既婚者であるということを否でも理解している立場にあります。

だからこそ、女性はどうしてそれまでどうにか我慢できていたのにできなくなってしまったのかと疑問に思うのです。

その我慢できなくなってしまった理由の一つには、見つめ合った状態や女性が上目遣いなどでのぞき込んできたなど、男性にとって非常に興奮してしまう仕草をされたことによって心理状況が興奮状態にあることがあげられます。

男女ともに興奮状態に陥ってしまうとどうしても我慢が効かなくなってしまうことはよくあることです。

スポーツで応援していたチームが優勝したときに思わず部屋の中で絶叫して飛び跳ねてしまう、好きなブランドのセール品やキャンペーンを見つけて思わず買いに走ってしまう、そんなものと同じで、興奮してしまうからこそやってしまう動きというもの。

ついキスをしてしまった男性にとっては、女性の仕草や見つめ合ってしまった状況が興奮できるものだったからこそキスという行動を取ってしまったのです。

好きな人と見つめ合うというのは独身の人であったとしてもとても緊張しますし、胸がどきどきしてあたふたしてしまうような状況でしょう。

そんな時、自分では思ってもみなかった行動につい出てしまっているなんて言う事態は少なくなく、何とも大胆な行動をしてしまった自分が信じられず、「え?嘘!?」と男性の方が女性以上にドタバタしてしまうなんてケースもあります。

これもまた我慢できなくなったがゆえに起こしてしまった、異性に対しての行動とも言えますので、手をつなぐ、抱きしめる、キスをする、そうした行動を思わず、我慢できずにしてしまうのはそれだけ異性としてその女性を意識し、興奮するような何かがあったからなのです。

どうしようもなく女性が可愛いと感じている


思わず男性がキスしてしまった、キスしてしまうという時の心理の中には女性がどうしようもなくかわいいと思ってしまうというものがあります。

容姿、仕草、しゃべり方、そうした男性からして可愛いと思う何かが何度も繰り返されたり、よりかわいいと思えるような何かに出会ったりしたとき、つい「あ、可愛い」と思って本能的に勝手に体が動いているなんていうケースも良くあるもの。

可愛いからこそつい手を伸ばしてしまうような感覚に、男性は無意識に襲われています。

もちろん既婚男性ですから、多少戸惑って挙動がおかしなことになるような人もいるでしょう。

けれど、その戸惑いや躊躇よりも彼女が可愛い、キスしたいという気持ちや本能が大きく動いてしまったのであれば、男性からすれば我慢する必要はないのです。

だからこそ、考えることなく体が先に動いてしまい、結果的に我慢できずにキスをしてしまうという状態に陥ります。

我慢できなかったというよりは、思わず体が動いていて、あとから自分が我慢できなかったんだと自覚するようなケースが多いです。

既婚者だからと我慢していた分、羽目を外してしまうととんでもないことになっていたという男性に多いパターンでもあります。

二人きりでいい雰囲気になっていると思った


つい既婚男性が我慢できずにキスしてしまうという時には、二人きりでいい雰囲気になっているというのも大きなポイントになります。

恋人同士はもちろん、独身の異性二人であっても二人きりの時、それなりに落ち着いたいい雰囲気になるとどちらか片方が好意を強くその人に抱いているのであれば、思わぬ行動を取るというケースはたくさんあるのです。

つい手を取って握ってしまったり、手を重ねて触れてしまったりはもちろん、時にはキスだってしてしまうでしょう。

それだけ、雰囲気というのはとても大きなもの。

仕事中などであればそう簡単に二人きりになることなんてないと思われますが、例えば二人で営業に行かなければならなくなり、車に乗って外出するなんていう時に話していていい雰囲気になったという時、つい手が伸びてしまうなんてこともあります。

好意を確かに持ってはいるものの、そんな行動を取るとは思わなかったなんて男性自身が思うほど、自然に手が動いているというのはよくあるのです。

車の中という密室だったり、どこかの会議室や資料室などの部屋の中、二人きりの密室で好意を持っている異性がそこにいるというだけで、心拍数が上がってしまうような感覚を覚え、なおかついったい自分はどう動けばいいのかなんてわからないようになる、足がふわついたようになる人もいるほど。

密室や二人きりで他の人に邪魔されない、そんな空間にいるとやっぱりドキドキして我慢が効かなくなるようになる人も多いです。

ここで彼女に好意を伝えても、手をつないだりしても他の人に咎められることはないし、内緒にしてと伝えれば相応に彼女の方も納得して黙っていてくれるだろうと考え、行動に移してしまう人もいます。

どうしても一緒にいると我慢できないという時はよくあるものですが、密室であったり二人きりが邪魔されない状態だったりするとより顕著です。

他の人にバレず、そして妻や子供がいるというのに他の人を好きになってしまった背徳感も相まって、ついついキスしてしまったという男性は珍しくありませんので、好意を伝えられていなくてもそれなりの行動や態度を取ってきた人がいるのなら、少々注意が必要でしょう。

理性を通さずに本能的に動くからこそのキスですので、男女ともに困惑して仕事に差し支えが出てくる可能性もありますが、それでもキスしたいと男性が強く思っているという証拠でもあるのです。

こんなキスは本気じゃない!遊びの時に見せるサイン

お酒の席で酔っぱらってのキス


既婚者からキスされたとしても、それは実は本気の好意を持っているからこそのキスではなく、遊びでちょっと手を出してみただけのキスなのかもしれません。

既婚男性の場合は家庭の状況や妻との関係性の悪化、毎日のストレスなどによって単にそれらをどうにか発散したいという気持ちが強く出てきたことによってキスをしてくるという男性もいるのです。

キスしてみて拒絶されたのであれば、それを内緒にしてねと事故などを装って口止めし、相手がそれを許容してくれるのであればそういう関係になってもいいかな、と思っているわけですので、とりあえずそういうキスをしてもごまかせる場で一度やってみようかなと考えている男性もそれなりにいます。

中でも遊びのキスであると明確にわかるのは、お酒の席などで酔っぱらっているときのキスです。

お酒を飲んで酔っ払うとそれだけ気が大きくなる、冷静な判断ができなくなるといった、好意によるキスであるか否かという判別がかなり付きにくくなります。

人によっては酔っぱらっているときの記憶がなくなるほどの状態になってしまうケースだってあり、ついキスをしてしまっても男性側は覚えてないなんていうことだってあり得るのです。

更に、酔っぱらっているときには単に人肌恋しくなるような人もいるわけですから、酔っているときにそばにいた女性であれば誰でも良かった、なんて理由でキスをしてくる可能性だって十分考えられます。

それほど本気であるという意思が感じられないキスですので、遊びの可能性はとても高いです。

例え多少意識があったとしても、そうした場でキスをしてくるというだけでそのあとの体の関係を望んでいる下世話な欲望や願望の元でそういう行動を取っているなんてこともあり得ます。

下心ありきの行動でもありますし、翌日には忘れているかもしれない、そんなものですから本気になることなく遊びであると明確に判断してしまった方が良いキスです。

内緒にして、秘密にしてという言葉がある


遊びである、本気で好意を表そうとしているキスではない場合、男性の方からキスをした後にとある言葉が出てくる特徴があります。

それが「内緒にして」「秘密にして」といった言葉です。

こうした言葉が出てくるということは、男性は女性に対しての純粋な好意を持ってキスをしたわけではなく、男性の後ろにある家庭のこと、妻のこと、子供のことに関しての心配事が抜けきっていない証拠になります。

本気であるのならば他の人の目が届かない場所でキスをしたのであれば、そのまま好意を伝えて、その答えによって内緒にしてもらうか、忘れてもらうかのどちらかを伝えればいいだけの話です。

ダメであれば内緒にしてもらわなければまずいというのを彼女の方も理解してくれるでしょうから、好意を伝えるだけ伝えてみればそれだけ本気の気持ちでキスをしてきたのだと女性だって嫌でも分かります。

けれど、キスをした後即座に内緒にしてほしい、秘密にしてほしいなんて言うということはキスしたこと自体を秘密にしておきたいという証明。

他の人にバレてはいけないというだけでなく、キスしたこと自体をなかったことにしておきたいと願っているというのがまるわかりです。

そんな、キスした後に忘れてほしいとなかったことにしてくるような男性が本気であるとは思えません。

キスをしてなかったことにして、秘密にしてといった後、それでも女性の方が好意を伝えてきたのであればこれ幸いと交際して、何かあれば迫ってきた女性の方に責任を転嫁してしまうなんて言う場合も考えられます。

忘れてほしいというのなら、行動だけでなく言葉もきちんと伝えた後にそれを伝えるべき。

好意があるのかないのか、単にしてみたかっただけだからキスをしてきたのか判断できない以上は遊びであると思った方が賢明です。

本気で好きだからキスをしてきたという男性であれば、自分が好意を抱いていることは輪酸いことだと分かっていても、相応の好意を伝えていけない関係になるのは女性に悪いから忘れてほしいくらいは言ってくれますよ。

強引なものや、キスの後に体の関係を迫る


遊びであると明確にわかるキスのサイン、特徴というものの中には強引にキスをされる、した後に体の関係を迫られるといったものもあります。

強引にキスしてくるのは女性に対しての好意どころか配慮に欠けており、場合によっては強姦まがいだと言われるくらいには女性に対しての思いやりがないキスです。

更に、こうしたキスはされる側のタイミングなどに関しても全く配慮していないので、女性にとってしてほしくないときにキスをされるといった、あまりにもひどい仕打ちに近いものになってしまうケースもあります。

得をするのは男性だけなので、遊びどころか独りよがりも甚だしい遊びのキスと断じられるでしょう。

また、それに合わせてキスの後に体の関係を迫ってくるような場合も確実に遊びであると判断できます。

付き合ってもいないのにキスをした後に体の関係を迫ってくるような事態は、まず間違いなく下心からくるもので間違いありません。

それだけ女性のことを性的な目線で見ており、なおかつその女性は自分が押していけば何とか体の関係になってもらえるような都合の良い人だと彼は判断している可能性がかなり高くなってきます。

男性に都合の良い女性だと思われているのは業腹もの。

きちんと好意を伝えて、悩みながら不倫関係になるか否かをちゃんと答えたほうが二人のためになるというのに、体の関係のみを求めてくるようであればそれに応じても女性に残るのはむなしさだけです。

そのまま妻と離婚してくれるわけでもなく、ただストレスや性欲の発散に付き合わされただけという結果に終わりかねません。

そのまま交際に発展する可能性もなくはないのですが、一夜限りの関係ですっぱりと終わってしまう方が確率的には高いでしょう。

更に悪い状態を考えるのであれば、彼の方にその一夜限りの関係をネタに何かの要求をされてしまう可能性というのもわずかながら考えられます。

当然、脅迫に該当しますので相応の対処をすれば罰せられるのは彼の方でしょうが、不倫に値する関係であったと他の人たちが知るところになってしまうかもしれない、と思うと訴えるに訴えられないような状態に陥ることだってあるのです。

こうした下心満載の体の関係を迫るキスはあまりにもデメリットの方が多いので、受けないほうが良いキスの後のお誘いになるでしょう。

既婚男性と不倫をしても良いな…と思う時のキスへの対処法

キスの後に嫌がるようなそぶりを見せない


既婚男性からの唐突なキスをされたとき、女性側もその男性に対してある程度の好意があるのならそのキスに対しての対処を間違えてはなりません。

間違えてしまうと男性の方は好意に対して拒絶を返したと考えてしまい、自分にもう望みはないんだと思ってあきらめてしまいます。

なので、男性のその想いに応えたい、不倫恋愛をしてもいいと思っているのであればキスをした後、された後に決してそのキスに対して嫌がるようなそぶりを見せないことが重要です。

いきなりのことなのでどうしても唇をぬぐったり、距離を取ったりして男性からの唐突な接触に驚くのは仕方のないことなのですが、そうした行動や仕草はまるでキスをされたことが嫌だから唇をぬぐったり、近くにいてほしくないから距離を取ったりしているのだと思われてしまいます。

なので、そもそも好意的な思いを抱いているのであれば、相手が拒否されていると感じかねない行動を取らないように少し落ち着こうとして見てください。

唇に手を思わず持って行ってしまったとしても決して唇をぬぐうことなく、そっと添えるくらいにしておいた方がよりかわいく見えるようになりますし、呆然としている姿であったとしても嫌がってはいないと思われます。

相手の好意に応えたい、相手が自分のことを悪く思っていないのであればたとえ許されない関係だとしても一緒に居たい、そんな気持ちがあるのなら嫌がるような素振りはNGです。

きちんと自分からも好意を伝える


キスされた後、男性が本気で好意を持っているのであれば相応の告白や思いを伝えるような何かがあるはずです。

既婚者だからこそ大っぴらに伝えることができないケースもそれなりにありますので、キスをした後にこっそりと、誰にも見られないような形で思いをきちんと告げられる可能性は十分にあります。

そうした彼からの好意を悪く思っていない、むしろ既婚者であったとしても恋人にしてほしいと思うのなら、自身の好意に関してもきちんと伝えてあげてください。

伝えなければ相手は女性側の好意を感じ取れず、何も反応がないまま時間が経ってしまうと女性側が無かったことにして何もなかったキス以前の状態に戻そうとしていると思ってしまうのです。

特に反応がないまま時間が経ちすぎてしまうと、男性も好意に蓋をしてなかったことにしようとする女性に乗っかってくる形で行動し始めるのでせっかく一緒になれるはずのチャンスをつぶしてしまうことになってしまうかもしれません。

なので、彼から好意を伝えられたのであればきちんと自分からもその好意を返すようにしてください。

女性からきちんと伝えられるだけでも男性はほっとし、自分の思いがきちんと伝わったのだと、叶えてはいけないが胸の内で大きく育っていた恋心が叶ったことに強い喜びを抱くようにもなります。

不安で仕方がない、妻や子供を裏切ってしまう罪悪感で押しつぶされそうな男性は思いを告げた女性からのOKの答えにその不安や罪悪感が一気に軽くなっていくでしょう。

それまでどうしても思い悩んで仕事にも支障が出かねないような状態だった彼を助ける意味合いも含め、彼の思いに応えたい、恋人にしてほしいと思うのなら自分から思いをきちんと伝えて、両想いになれたという実感を相手に与えてあげてください。

どうしていいのか分からなければ、一度時間をもらう


キスをされて思いを伝えられたとしても、その場では簡単に答えが出せないというケースもそう珍しくありません。

何せ告白されたとしても不倫恋愛。

奥さんと比較されたりするかもしれませんし、彼のことを好きになるごとに奥さんや子供の存在に嫉妬して疲れてしまったりするかもしれないお付き合いになりかねませんから、どうしても思い悩んでしまいます。

特に独身女性であればなおさら、自分の結婚に関しても思い悩み、別れて他の人を探した方がいいのか、それとも彼に離婚を迫るのかでまた深く考え込んでしまうような事態に陥る可能性だってあるのです。

だからこそ、告白されたことにうれしさを感じてもどうすればいいのか、好きだけれど付き合って本当にいいのかと思い悩む女性はそれなりにいます。

なので、どうしても告白の答えを思い悩んでしまうのであれば、時間が欲しいときちんと伝えてください。

彼の方も告白してお付き合いをするということが不倫につながるということは嫌でもわかっていますので、女性が戸惑ってしまうことを理解してくれます。

なので答えるまでに時間が欲しいと伝えれば、それなりの期間は待ってもらえるでしょう。

ただ、時間をもらったからと言ってそのままうやむやにするのは良くありませんので、応えたいけれど不安があるというのなら、その人との交際において何が不安なのかを書き出してみて、それを相手の方にも相談してみると一緒に交際における不安点をちゃんと解消してくれる手助けをしてくれるはずです。

きちんとお付き合いする、しないの答えが出たのであればお相手の方にその答えを伝えて、相手の反応についても良く観察しておきましょう。

相手の人が仕事などにおいてまじめだったとしても、それなりに遊びで手を出したいと思っているケースは存在します。

なので、相手の人が告白を真面目にしたからと言っても交際が離婚したいくらいに本気で女性を想っているからこそ始まっているとは限らないのです。

告白の返事を返すとき、本人に直接伝えるのであれば直に相手の反応が分かると思いますので、その際の反応で何か怪しいと思ったのであればお付き合いに関してもう一度考え直した方が良いかもしれません。

LINEなどをはじめとしたメッセージアプリなどで返事をしたのであれば、そのあとの内容に関しても注意してみておきましょう。

どこかにご飯に行こうというような内容と同時に、そのあとの時間も一緒に過ごせないかというようなお誘いは下心からくるお誘いの可能性があります。

そのほかにもなんだか下心からくる話題じゃないかと思う内容があるのなら、怪しんでみたほうが良いです。

どんなに魅力的でも不倫はしない!と心に決めている場合のキスへの対処法

決して二人きりにならない


既婚者の男性がどれだけ素敵な男性であったとしても、やはり不倫のリスクというのは大きくのしかかり、なおかつ交際に対してどうしてもしり込みさせてしまいます。

また、不倫における修羅場やそのほかのトラブルが懸念されるということもあり、お付き合いをお断りしたいと思っているのであれば、その人と決して二人きりにならないことが重要です。

キスされて思いを伝えられたのであれば、それをきちんとお断りするのはもちろんですが、それ以上のアプローチを決して許さないのもとても大切なこと。

下手にキスされる以前の扱いをしてしまうと、男性の方が勝手な想像で調子に乗ってしまう可能性があり、もっと頑張ってアプローチすれば行けるかもしれないと自分勝手な希望を持ってしまうことも少ないもののケースとしては存在します。

だからこそ、決して彼が自分の元にやってきてもう一度アプローチしたいと思って行動しないように自衛するためにも絶対に二人きりにならない、誰かと一緒に行動するようにしておきましょう。

信頼できる友人に決して誰にも口外しないということを約束して、また男性のことを匿名にして相談して協力してもらうというのもよいかもしれません。

キスをされた場合は即座に距離を取り、明確に拒絶する


キスされてしまった時、この人と不倫恋愛するというのはまずありえない、この人とそうした交際は考えられないというのなら、キスされた直後は即座に距離を取ってください。

距離を取らずにそのまま近くにいるという状態は、相手に拒否感がないのだという印象を抱かせてしまい、もしかしたらもしかするかもと思わせてしまいかねません。

即座に動くことはできなくても、距離を取るために少しずつでもいいのでその人から歩いて距離を取ってください。

その際に唇をハンカチやティッシュなどでぬぐってしまうのも拒否しているというのを明確に表せるので、おすすめです。

相手との交際があり得ないと明確に表せなければ、相手は何度もアプローチしてくる可能性があります。

そうしたアプローチ自体をされる前から拒絶するためにも、明確に相手の行動に拒否をしているという姿勢を示さなければならないので、距離を取る、唇をぬぐう、相手を突き飛ばすといった方法を取って無理だというのを全身で表しましょう。

相手が忘れている場合は話題に出さず、思い出させない


キスされるのは何も告白されるほど、相手がしっかりと意識を持っているときだけではありません。

酔っぱらった男性がキスをしてくることだってありますので、そうしたときには距離を取ったり、呆然としつつもその人にキスされた衝撃で頭がまっさらになってしまうような状態だったり、いろいろと思うところがあるはず。

けれど、お酒の席でのキスを全く気にせず次の日も接してくることや、全く覚えていないというケースもこうした酔っ払いの場合はあります。

こうした相手がまったく気にしていない、覚えていないという状態であれば下手に話題を掘り返さずにそのままで過ごすことがおすすめです。

もちろんされた側としてはかなり思うところがあるでしょうが、下手に掘り返すと厄介なトラブルの元になってしまいかねず、場合によっては女性に好意を抱いているせいで酔いによって暴走してしまったが故のキスという可能性もあり、相手からの内緒の恋人になってほしいという告白を誘発してしまいかねません。

相手とそういうお付き合いをしたくないと考えているのなら、何も思い出させず、また自分も気にしていないという体を装った方が良いです。

周りの人でそれを目撃している人がいるのであれば、「気まずい空気にしたくないから黙っていてほしい」と伝えておけば、仕事における空気なども考えて黙っていてくれるでしょう。

既婚男性のキスは色々な本音や心理が紛れている。されたときには相手の本気度を考えつつ、交際したいか否かでちゃんと反応を


既婚男性は時折忽然とキスをしてくるような人もいます。

こうした突然のキスの多くは本音にキスをした女性に対しての好意が強くなったことが原因で引き起こされる行動であるというケースが非常に多く、とにかく好きだからこそ動いてしまったという男性が多いのです。

しかし、この本音の中には好意は確かにあるけれど、それ以上に男性側の欲望を優先した、性欲発散やストレス発散に丁度いい女性だからこそ強引にキスをしたという場合も存在しています。

そのため、下手にキスを許してしまうと男性にとって都合の良い女性として扱われてしまう可能性が高まり、どうにか都合の良い扱いの出来る女性を手に入れたいと思ってアプローチしてくる頻度が高まるのです。

付きまとうような感覚で話しかけてきてしまうので、他の人たちからどういう関係なのかといぶかしげに見られてしまうこともあり得ますので、余計なトラブルを招いてしまうかもしれません。

そのため、相手の男性の態度によって遊びだと判断できるような状態であれば、きっちりとキスの後に拒絶しているというさまを見せつけ、交際のお誘いに関してもきっぱりとお断りしましょう。

おすすめの記事