運命の人に出会う前に必ず起こることは?相手が独身・既婚それぞれの場合の前兆と独身同士ではない出会いの意味

好きな人や恋人ができるといいな、と思っているとき運命の人に出会えるといいなと思ってしまうことがありませんか?

私のことをちゃんと大切にしてくれ、互いに幸せになるために力を尽くし支え合っていけるような運命の人に出会えれば、その先の未来はきっと幸せなものになるはず。

そんな運命の人に出会う前に実は必ず起こること、前兆や出会う準備ができているサインというものが発せられるのです。

また、運命の人と言ってもすべてが良い出会いであるとは限らず、相手もしくは自身が既婚者でもっと早く出会えていれば、そんな気持ちになってしまう運命の出会いもあります。

そんな時にはどのように対応するべきか、運命だからこそ交際すべきなのか、そんな葛藤しやすい疑問も含め、この記事では運命の人との出会いについて紹介していきますので、いい人に出会いたいけれどどんな前兆があるのか気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

そろそろ会えるはず。運命の人に出会う準備が出来ている時のサイン

恋愛から遠ざかっている


この人だ、とびびっと来る人との出会いというのはそう簡単なものではないと思いつつ、いろいろな話を聞いてみると意外とすんなりと出会っている人もいます。

その中でもかなり出会いの頻度が高いサインが「自身が恋愛から遠ざかっている」「恋愛に関して全く意識していない」という状態です。

婚活や恋活をしているといい人になかなか巡り合えないことや、彼氏が欲しいなと思っているとなかなか出会えないといったことはよくあり、自分が意識しているせいなのか良い出会いが巡ってこないことは多々経験している人もいます。

しかし逆にそうした恋愛自体を頭からすっぽりと無くしてしまっている状態、そして自身がまったく気にしていない状態であると、新しい出会い、良いなと思える人との出会いが待っているのです。

いつも「恋人がほしい」「運命の人に出会いたい」「結婚したい」と思っている人はなかなか出会いがなく焦ってしまうこともしばしば。

けれどふと「そういえば恋とか最近考えてないな」と恋愛に対して気にしない考えに至っている人はそんな時に結婚したいと思えるほど好きになれる運命の人に出会うのです。

今現在、婚活や恋活を頑張って恋人を作ろうとしている人は一度お休みをして、恋愛に関してあまり気にしないようになってみるとさらっと出会えたりするかもしれません。

恋に焦っていたり、結婚に関してもせかされているような状態だとせっかく出会えたとしてもすぐに焦りや願望から相手と合わなくなってしまい、すぐに別れてしまうケースもありますので、一度活動をお休みして自分磨きや仕事に集中してみるとあっさり出会える機会が生まれるでしょう。

今現在仕事などのことに集中し、恋愛に関して遠ざかっている人はすでに運命の人に出会っており、ふとしたきっかけで「あ、この人が私の運命の人なんだ」と自覚するだけになっているかも。

大切な人との別れ


運命の人に出会う前に、実は大切な人と別れてしまうことになったという人も一定数以上います。

その大切な人は結婚も意識していたほど親密だった恋人である人もいれば、友人だったり家族だったりと、何かしらのきっかけで交際を止めてしまって疎遠になるケースや、病気や事故で亡くなったことで別れたケースなど、お別れに関しても様々です。

大切な人との別れがあったからこそ、次の運命の人との出会いが待っていると考えられるでしょう。

また、こうした別れはショックがつきものですから、「もうだめだ」と思った時や「どうしよう」と呆然としてしまうような状況になった時にまるで救いの手のように運命の人に出会うというケースもあります。

ショックを受けてどうしようもできなくなっている状態のとき、もしかするとラッキーと思える何かではなく、運命の人と出会える幸運に恵まれる機会も出てくるものです。

出会いがあれば別れがある、別れがあったなら次の出会いがある、そう考えてつらいお別れを少しずつ消化して、次の出会いがあると信じてみると意外と次の出会いがすぐにやってくるかもしれません。

環境に変化がある


運命の出会いがすぐそこにあるサインの一つには、環境の変化というものがあります。

今まで慣れ親しんだ環境で出会いがなかったからこそ、次の新しい環境において出会いが待ち受けている可能性は非常に高いので、進学や引っ越し、就職や転職といった環境の変化があると運命の出会いを受け入れるための準備ができ始めているといえるでしょう。

新しい環境になれば、それだけ心境の変化も起こりやすいですし何より、多くの出会いに対して新鮮な気持ちで接することができます。

それだけ心境や心理も新しく切り替えられているともいえるので、それまで付き合ったことのないタイプの人たちと関わることが増えたり、そのほかにも新しく出会う人もたくさん出てきたりするでしょう。

環境の変化とともに心理の変化が起きれば、運命の人と出会う準備も整いつつあるサインです。

それまで出会えなかったのだから、同じような環境や心理ではだめだということが分かっている状態でもありますので、環境を大きく変えるのは難しいという時にはご飯を食べに行くところを変えてみたり、いつも行動している地域ではないところへ買い物や遊びに行ったりしてみると良いでしょう。

【相手が独身男性の時の前兆】運命の人に出会う前に必ず起こること

新しいことをしたくなる


相手が独身男性の運命の人に出会う前、必ず起きることはいくつかありますが、そのうちの一つが新しいことをしたくなるといった生活スタイルの変化、趣味などを増やそうとする気持ちにあふれる状態があげられます。

毎日の生活に何かが物足りないと思ってしまったり、もっと活動的に何かやってみたいと思ったりなど、何か新しい何かをしたいと色々と考えるようになるのです。

こうした新しい何かをやってみよう、増やしてみようという気持ちはエネルギーにあふれているため女性を生き生きとした魅力にあふれた人に見せてくれるだけでなく、自分から新しい活動エリアやコミュニティーに参加しようと思う気持ちを強くしてくれるので、自らの足で新しい出会いのある場所で赴くための原動力になってくれます。

そのため、新しい趣味を増やしたことで通うようになった場所で出会いがあったり、新しく訪れた場所でいいなと思える異性に出会ったりするようにもなるのです。

現状で新しい出会いがないと感じているのなら、その新しいものを行おうとする気持ちと生まれてくるエネルギーがあることで新しい出会いに出会えるようになるかもしれないので、何か新しくやろうとした機会をぜひサインとして見てみましょう。

やたらと眠くなる


運命の人に出会う前のサインの一つには、体調の変化にも表れるものがあります。

その一つが眠気です。

春の暖かい日や冬の寒い日などは布団に入って心地よいぬくもりに包まれてそのまま眠っていたいと思うものですが、そうした眠気ではなく、独身男性との出会いの前兆として現れる眠気は、失敗やストレスなどによって引き起こされるエネルギー不足による眠気と言えます。

出会いの前兆に別れがあるため、ひどい別れ方を恋人としたり、誰かとこれから先もう会うことは無くなったり、中にはひっそりと恋心を抱いていた人に振られる、想い人が結婚して思いが遂げられなくなってしまったなど、悲しみのあまり泣いてエネルギーを思い切り使い切ってしまうことは多々あるでしょう。

仕事の失敗なども重なれば、もうどうしていいのか分からなくなってしまったことがきっかけにもなり、泣いて過ごしてしまうプライベートな時間になってしまう人もいるものです。

こうした泣いたり、疲れが回復しない状態に陥ったりすることでエネルギーが使い切られてしまい、最後には眠気がいつでも付きまとうようになります。

しかし、そんな眠気がひどいときが独身男性の運命の人と出会えるサインなのです。

疲れてしまった時、眠気がひどい時というのは気分転換による心理的な切り替えと回復が必要になり、必然的に嫌なことや疲れてしまったことを思い出させる場所から逃げようとするので、新しい場所に行こうともします。

そうしたどん底の心理状況と新しいところへと向かう行動によって、新しい出会いが生まれることもあるのです。

辛いことがあったとしても、それを乗り越えられるきっかけとして新しい出会いはありますから、泣いて過ごす日々の中でも変われるために出会う人もいます。

ただひたすら泣いてつらいことを想い、眠たい体を引きずって休みの日をただ無駄に過ごすより、出会いや今の状況を打破できる何かを求めて一度外に出てみるのも良いでしょう。

失敗により視野が広くなる


独身男性との運命の出会いの前兆として感じられるものの中には、仕事や生活で大失敗をしたことがきっかけという人は多いです。

仕事でひどく失敗し、その結果上司にこれでもかと怒られた挙句始末書を書いて、自分がどれだけダメな人間なのかどれだけ取り返しのつかないようなことをしでかしたのか、それをまじまじと突き付けられた結果、ひどく嫌な気持ちや死んでしまいたいと思うような気持ちになってしまうケースもあります。

けれど、その大失敗を乗り越えると時折「あ、こんなことで失敗したのか」と冷静にその大失敗を見返すことができるようになる場合もあるのです。

そうした失敗を乗り越えて視野が広がると、それだけいろいろなものが良く見えるようになります。

自分がこれまで見えていなかった同僚や先輩、上司のいいところ悪いところ、そのほかにもプライベートでよく一緒に遊ぶ友人知人のいいところ悪いところに気付けるようにもなるでしょう。

そうして視野が広がると、見えなかったものが見えてくるようになり、それだけ新しい何かを発見します。

それは自分がこれまで何も思っていなかった人への思いかもしれませんし、いっぱいいっぱいで気付かなかった自分の好みの人に気付くきっかけをもらえることもありうるのです。

失敗し、学んだからこそ気づくことがあるように、一度壁にぶち当たってしまった後は実はチャンスである証拠。

失敗して学び、そしていろいろなものが見えるようになったのなら自分がこの人だと思える運命の人に出会い、関係を築けていくことだってできます。

失敗した後はまた同じようなことはしないか、また怒られないかと不安でいっぱいになるでしょう。

けれど、そんなあなたをフォローし、慰めてくれる人は確かにいます。

もしかするとその人があなたの運命の人かもしれませんし、運命の人に出会うきっかけを持ってきてくれる人かもしれません。

失敗は恐ろしいし、何度も経験したいものではありませんが、恐れずに挑戦することで道が開けるのもまた事実なので、めげずに努力することが運命の人の目に留まることもあるでしょう。

ミスをしても必死に頑張り、そしてどうにかリカバリーしようとする姿は誰もが経験したものですから、共感を得ますし一緒に頑張ろうと思ってもらえるようにもなるのです。

また、失敗というのは経験値になります。

視野を広げるだけでなく、人生や仕事における効率、そして誰かをフォローする際に気を付けなければならないことを知るための経験値と言えるので、自分だけでなく周囲の人のためにも動きやすくなるでしょう。

人間関係の改善だけでなく、新しい構築にも一役買ってくれるので、新しい人との出会いや会社内で知り合っている人とより親密な仲になるためにもきっと役立ってくれます。

失敗したとしてもきっとその失敗のおかげでこうなれた、と思えることがあるはずです。

特に運命の人と出会いたいと思っている人は一度仕事などに集中して、そして失敗を経験したことで得た視野で周りを見てみると良いかもしれません。

【相手が既婚男性の場合の前兆】運命の人に出会う前に必ず起こること

精神的な安定を欲しがる


既婚者の相手が運命の人である場合、その前に起こる前兆として気持ちの変化がかなり大きくかかわってきます。

既婚者である人に「この人だ」と無条件で思えるくらいに運命を感じてしまう女性は、他の友人知人が結婚して一人独身になっていることへの焦りや、仕事などで日々忙しくしている以外に何もないことに気付いてしまい、プライベートで自分の心を落ち着けられる人を求め始めるのです。

そうした安定性が欲しいと思った時、頼もしく感じやすいのが既婚者なのでどうしても既婚者の男性が持つ、独特の安定感や頼りがいのある雰囲気に目が行きやすくなるので、自分が参っているときに支えてもらったなどのきっかけで、「既婚者だけれどきっとこの人が」と感じるようになります。

不安定な精神を安定させてくれる人、もしくは日々忙しくしている中でも確かに自身を支えてくれる誰かを欲するようになることで、独身男性ではなく既婚者にも目が行くようになり、最終的に既婚者を選んだのなら心の準備を整え始め、まず男性側の状況に自身を合わせようとしていくのも特徴です。

相手が今どんな状況なのかを判断して、相手が自身を邪魔に感じない、むしろ好意を抱きやすいサポートができるような気持ちに変化させていくというような心境の変化は特に多く、相手には奥さんがいて仕事も頑張らなければならないからこその変化に合わせ、恋愛に発展していくように自身の中から徐々に変えていきます。

また、その運命の人と知り合った時に「この人と一緒なら不安になったりしない」「安定感があって性格的な相性も良い、運命の人に違いない」と感じる以外にも、自分たちは出会うのが遅かっただけ、これからまだ取り返しがつくはずと強気な気持ちにもなりやすいです。

既婚者に対して運命の人だと感じることで気持ちが変わるのと同じように、どこか奥さんに対しての敵対心や強気な気持ちも出やすくなるので、普通の恋愛のようにドキドキした気持ちではなく、二人でいられる時間を長くとれるように安定した関係を望むようにもなるでしょう。

ぐらぐらとぐらつく心理、気持ちの不安定さ、安定した支えが欲しい気持ちをどうにかしたいと思った時に、既婚者の運命の人を見つけるかもしれません。

異性との価値観を考える


既婚者との運命の出会いの前に起こりやすいのが、異性との価値観における合う合わないを徹底して考えるようになるというものです。

普通の恋愛において、価値観というのはあまり考えないことの方が多く、好きという気持ちが強く、相手のどんなところが自分は好きなのかということばかりを考え、交際が上手く行っているのであれば、自身と相手の違いがあったとしても多少飲み込んで納得してしまいます。

そのため、相手との価値観の相違を考えるようになるのは、実は相手との関係が冷めきってしまった時なのです。

彼のこういう価値観が合わないなあ、とお金や服、生活スタイルなどの相手の価値観に関して自身との違いを考え、どうしても合わないと思ってしまうことで最終的に別れを選んでしまう人も珍しくありません。

けれど、既婚者の運命の人と出会う前の価値観に対する考えは逆で、相手と自分の価値観で合っているもの、同じなものはどれかというのを考えるようになります。

これは「この人こそが運命の人!」と思える既婚者に出会った際に、相手との共通点をどうにか探ろうとするためです。

彼は妻がおり、場合によっては子供もいる身ですので会える時間や一緒に居られる時間が限られます。

交際にまで発展していないのであれば、仕事などで一緒にいる時間だけが二人で仕事をしながら過ごすことができるチャンスなのです。

その間に交際にまでどうにか発展させていきたいと思った時に、最も気が合う、話しやすいと思ってもらえるのが価値観の合致による話題になります。

ちょっとした仕草や考え方、そうした他の人に多少思うところがあるけれど言わずに胸の内にしまい込んでしまうものなどを主に話題に出してみると意外に話が盛り上がり、共感しやすいのも相まって、友好に接してくれやすくなるのです。

既婚者であれば近づけるときに近づかなければ恋愛も運命も発展しません。

そのため、どうにか相手に近づこうと考えやすくなる傾向にあり、そしてそのきっかけとして異性との間に生じる価値観に関しての考え方を変えていく方向で色々と思考していくのです。

価値観に関して考えることは全く悪いことではありません。

合わないなあと思うのではなく、何が彼と自分の価値観で合致しているのかを考えるのであれば、共通点や理解し合える点をいろいろと考えことになりますので、相手を見限るかのような思考にはなりませんので、相手をより知ろうと考える方向であれば交際に関しての取っ掛かりを見つけられるようにもなります。

チャレンジ精神が旺盛になる


既婚者の運命の人に出会う前にはチャレンジ精神が旺盛になる傾向にもあります。

これは後々出会う運命の人がすでに妻や子供のいる身である以上、チャレンジしなければ運命の人として自分を認識してもらえないというのはもちろんですが、それ以上に親しい仲、親密な仲になることができません。

そのため、何かしら新しいことに挑戦したいと思うような気持ちに強くなっていく人が多いです。

チャレンジ精神が旺盛になるのは何も悪いことではなく、気持ち的なものを考えると非常にやる気に満ちている時期でもあります。

そのため、運命の人と出会う前には仕事に夢中になっていたり、勉強や自身が始めた趣味、自分磨きのためのダイエットなどを頑張って恋愛のことを二番目三番目の優先順位に落としているかもしれません。

だからこそ、ふとした時気付いたら周りに運命の人に出会うきっかけやその人がそこにいるという状況が出来上がることもあるのです。

やってやるぞー!という気持ちが沸き上がってきているのなら、もしかすると既婚者ではあるけれど運命の人がすぐそこまで迫っているのかもしれませんね。

運命の相手なのに独身同士のタイミングで出会わなかった意味

独身のときには運命だと思えない人だった


運命の相手が既婚者であるとき、または相手が独身であっても自身が既婚者であるときなど、どうして運命だと思っているのに二人ともが独身のタイミングで出会えなかったのか、と強く後悔してしまう人もいます。

けれど、そうした独身の時に出会えなかったことには意味があるのです。

そのうちの一つとしてあげられる意味が、相手が独身の時、または自身が独身の時に相手のことを魅力的に思えない、もしくは運命だと思えない人だったというものでしょう。

独身の時と既婚者の時とでは人は大きく印象が変わります。

家庭という守るべきものを得たこと、そして家庭を支えるためにきちんと働き、しっかりと家族の大黒柱にならなければならないことが影響し、男性の場合はかなり頼りがいのある男性へと変化していくのです。

女性の方も家族全員分の家事や仕事や学校の用意をしたり、実家や義実家での振る舞い方を考えたりしなければならないという立場になったことで、他の人にも気を配り、家庭的でしっかりとした女性へと変化していきます。

こうした既婚者だからこその魅力が発現し、この人良いなと思うような機会ができるともいえるでしょう。

独身のときには感じなかった色気、やさしさ、頼もしさ、そうした結婚したからこその良さがあって初めて運命の人だと思えるようになったのであれば、独身時代に出会えなかったのは当然です。

中には自身は既婚者となった後に初めて出会ったと思っていても、相手は独身時代から知っているということもよくあり、それだけ自身が相手のことを全く見ていなかったというのが良くわかります。

独身時代には見向きもしなかった、むしろ相手のことを異性としても意識していなかったからこそ、既婚者になってから彼の魅力に気付き、そして運命の人なのに既婚者になってからでなければ出会えなかったのです。

独身のころと雰囲気なども一変している人も珍しくありませんし、人によっては奥さんのコーディネートによって服装やヘアスタイルに至るまで激変していることだってあります。

変わったからこそ魅力的、素敵な人に見えるようになるのはよくある話です。

其れゆえに既婚者になるまで出会えることもなく、彼または自身が結婚するまで知ることもなく、どうして結婚しているのかと後悔してしまうのでしょう。

既婚者でなければ出会えない出会いだから


既婚者でなければ出会えなかった運命の人、その人こそが自分にとって大事な人だと実感できるようになるまで、出会えないというのもまた独身時代に出会えなかった原因でもあります。

例えば結婚後、子育てに多少余裕が出てパートや職場復帰したのちに新入社員や新しく勤め始めたところの常連として彼と出会う、もしくは彼がすでに結婚してしばらく経ったのちに転勤や異動で彼がやってくる、といった既婚者となっていなければ出会えなかったというのもかなり大きくなるでしょう。

結婚後は男女ともに色々な部分が変化しますが、それは仕事においても同じです。

そして結婚してからの活動範囲もまた変わりやすく、飲みに行くときだけでなく休日にふらふらと歩く時にも独身の時に行く行動範囲以外のところに足を延ばすことも珍しくはありません。

独身のときにはない変化を経て、さらに行動やファッションも変わり、洗練されていくことでより素敵だと思うようになるのです。

結婚していなかったときには出会えなかったのに、既婚者になった瞬間に出会ったというのであれば、相手側もしくは自身の行動や仕事などにおける変化がキーポイントになっているケースも多いので、独身時代には出会えないと言えるでしょう。

相手が結婚するまで目に入らなかった


運命の人だと実感できるのが既婚者になってから、既婚者の状態で出会ってしまったというものの中には、相手が結婚したからこそ意識し始めたというケースもあります。

このパターンにおいては同僚や上司、先輩といった仕事においてとても身近な存在であったり、友人知人といったプライベートにおけるとても親しい仲であるという人であったりするかもしれません。

そうした身近な人というのは意外と親しいからこそ異性としての魅力が良くわからないというのは良くある話で、それまでは誰の物にもなっていない、恋人がいても破局する可能性がある以上チャンスがあるという状態であるのも相まってほとんど目に留まっていないという状態で過ごしている人も多いです。

そのため、その人が明確に誰かのものになった、つまり結婚して配偶者ができたということで異性としての魅力などを意識し始めていきます。

男として意識し始めたのであればそこからはいわば、相手との相性や価値観によって自身の方が良いのではないか、という後悔や配偶者と自身との比較を行い、「やっぱり自分が彼の運命ではないか」と思い始めるのです。

そうなってくると自分が彼が独身時代にアタックしなかったことをひどく後悔してしまうでしょうが、それだけ独身時代の彼に対して魅力を感じていなかったという証明にもなります。

仲の良い友達、良き上司、同僚、先輩とその立場における付き合いのある相手としか思っていなかったため、何も思っていなかったし、魅力を感じたりもしなかったのです。

けれど、誰かのものになってしまい、なおかつより魅力的になった彼を見て、そしてこの人だと思える誰かと出会えない以上、その人が運命だと感じやすくなるのもあり、既婚者となった彼を認識したことでふと彼が運命だったのではないかと考えます。

彼が結婚しただけでなく、逆に自身が結婚して彼が恋人のことなどで盛り上がったり、彼自身の理想の家庭に関しての話を聞いていたりして自覚することも多いです。

仲が良かった、もしくは頼りにしていたという事実があればなおのこと、名残惜しさや相手に対しての未練、そして自分の方が彼のことを知っているのにという場違いかもしれない嫉妬に苛まれ、運命の相手はやっぱりあの人だったのだと実感するのです。

仲がいいからこそ既婚者になってからでしか運命の相手として出会えない、出会おうとしてもそれまでは全く目に入ってこない状態ですので、友人や知人として出会えたとしてもそれ以外の関係では独身時代には出会えないと言えます。

結婚している運命の人と出会うとどうなる?その後の付き合い方

偶然の一致を運命と勘違いしていないか冷静に対応する


結婚している相手が運命の人だと感じた時、出会った後意外と冷静に対応できなくなるケースが頻発します。

相手には配偶者がいて、場合によっては子供もいる家庭を持つ身、下手なことをすると相手に迷惑をかけてしまうと分かっていながらも、自分こそがあの人の運命だと思ったのであれば、行動しなければ既婚者は勝ち取れないというのもあってかなり積極的に動き始める女性もいるのです。

しかし、そうした運命も実際は一目ぼれであったり、相手とたまたま何かが一致したことで運命後思っているだけなのかもしれません。

そうした偶然の一致、勘違いしかねない何かがあったり、話したりしていないかというのを一度考えてみて、そのあとはなるべく冷静に対応しましょう。

冷静に対応しなければ女性の行動で相手も不倫の疑いをかけられるだけでなく、会社内部であらぬ疑いや噂を立てられて居づらくなってしまうだけでなく、仕事にも多少影響を出してしまうことだってあります。

相手のことも自分のことも考えると、まずは冷静に対応できるように努めましょう。

彼の家庭への思いの大きさで交際するかを考える


運命の人、とはいっても彼には家庭があり、下手に手を出すと両者ともに大火傷を負うような修羅場に発展するだけでなく、自身が職場での立ち位置や居場所を無くしてしまうことにもつながりかねません。

特に既婚者が運命とはいえ、交際するとなれば不倫になるわけですから、お付き合いしたいと思ったとしてもかなり慎重に動くことが求められます。

そのため、相手と交際するか否かの判断は相手の家庭への思いの大きさ、重さで判断すると良いでしょう。

子供に対して思うことはあっても、妻や家庭に関してはもうそれほど思うことがなく、さらに言うのなら離婚してもいいかなと思っているような気持ちでいるのなら、もうほとんど大きな思いは無いと言えます。

そのため、何かきっかけや本気の愛情や恋心を抱くようであれば相手に離婚してもらい、あなたが再婚相手として立候補することも可能です。

けれど逆に家庭に対して守っていきたいと強く思う気持ちや家族を愛する気持ちが大きく重たいものであれば、そうしたお誘い自体を強く拒絶し、これまで通りの公私における付き合いができなくなってしまいます。

チャレンジしたいと思うのは当然でしょうし、チャンスがあるかもしれないと考えるでしょうが慎重に彼の気持ちを判断した方が良いです。

同情と愛情の区別をして接することを心掛ける


既婚者相手が運命の人だと思ったときには、その相手に抱いているのが同情なのかそれとも愛情なのかをきちんと区別しなければなりません。

運命の人だと思っている人から相談され、そこに同情心が生まれてしまったのであれば「彼が悲しんでいるから」「彼のために何かしてあげたい」という同情心からくる行動を取るたびにそれが恋心なのかもしれないと錯覚していきます。

また、そうした同情心からくる恋というのは徐々に判断力が奪われ、最終的には彼のためにという免罪符をもとに奥さんに対して何かしらのアクションを取ってしまうほど過激な行動に出る人も出てくるのです。

だからこそ、彼と交際するという決断に出たのであればそれが同情からくるものか、それともきちんとした愛情からくるものなのかを判断しなければなりません。

愛情からくるのであれば独りよがりな行動はとりませんし、何より彼の行動を元に何かに利用できないかと考えることもない、とても純粋な好意から動くことができるはずです。

しかし、同情からくるのであれば彼の行動や言動をもとに何かに利用できないかと考えるのはもちろんのこと、彼を確実に自身の元に縛り付けるための方法だって考えるようになります。

運命の出会いの前兆はつらいものが多い。けれど、そのあとにうれしい出会いがある


運命の相手というのはとてもロマンチックな言葉であり、恋人や夫に対して自身の特別な人と感じる女性もいます。

けれど、そうした運命の人というのはなかなか出会えないことの方が多く、やっと出会えたと思ったら自分が結婚していたり、相手が結婚していたりともうどうにもならない状態で出会うことも少なくありません。

そんな運命の出会いには前兆がありますが、その多くはつらいもの。

大切な人との別れ、愛する恋人との喧嘩や裏切り、仕事などにおける大きなミス、自分の立場から考えてもひどくつらい思いをするのは当然ですが、中には「もう死んでしまいたい」と強い後悔の念にとらわれてしまうことだってあるでしょう。

けれど、そんなつらい思いをしたからこそ次の出会いが待っているのです。

辛い壁を乗り越えて、視野が広がったり経験を積んだりすることで出会える人もいます。

出会ったときにはもう遅いという状態である可能性ももちろんありますが、それでも出会えるだけ運命の人というのはうれしい気持ちにもさせてくれますから、今現在つらい思いをしていたとしても、その先に良い出会いが待っていると信じて乗り越えるための努力をしてみてください。

おすすめの記事