既婚者から来るライン内容や頻度で分かる好意!lineでもっと距離を縮める方法や迷惑にならない連絡法

既婚者であると分かる男性からLINEが送られてくると内容や頻度によって、「私のこと好きなのかな?」と邪推してしまうこともあります。

しかし、相手の方は本当に好意を抱いていることもあれば、単に話が合うからよく連絡してくるだけというケースも珍しくなく、LINEの内容や頻度によって好意の有無を判断したいと思っている女性はかなり多いです。

そんなLINEの内容や頻度は確かに好意の有無に直結しており、もっと話したい、仲良くなりたいなどの気持ちだけで送られているわけではないと判断できるものも

この記事ではそんな好意を判断できるLINEの内容や頻度のほか、もっと距離を縮めていきたいと思った時に役に立つ方法や迷惑にならない連絡頻度などについても詳しく紹介していきます。

既婚男性が独身女性にラインを頻繁に送る心理

LINEが楽しいから使いたい


既婚男性が頻繁にLINEで連絡してくると、独身女性からするとドキッとするような時がありますよね。

特にその既婚男性に対して憎からず思うところがある、良いなと思うところがあるのなら尚更、自分に好意があるのではないかと思ってしまうものです。

けれど、実際は純粋に後輩や同僚に対する好意はあるものの、異性としての好意はないという場合も珍しくなく、女性の方が勝手に空回りしてしまっているという事態も引き起こされています。

頻繁にLINEを送ってくるのだから、相応の好意はあるんじゃないかと思っていた男性ではあるものの、その頻繁に送ってくる心理の中にはLINEで連絡するのが単に好きだからというケースが意外と多いです。

LINEは今ではスタンプも多種多様で簡単に写真なども共有できるようになっているため、似たようなものが好きな独身女性に対して是非とも見せてあげたい、お気に入りのスタンプを使って楽しく会話がしたいというだけで頻繁に連絡しているだけなのかもしれない可能性があります。

単にメールや電話で連絡するよりも楽しくやり取りができるので、やり始めると夢中になって連絡し続けるなんてことは女性でも良くあることです。

友達や同僚とのメッセージのやり取りに夢中になって、次の日も延々とやり取りをしている例もありますので、とにかくスタンプなどを使って楽しく会話をしていたいという男性は既婚者であろうと独身だろうと良くメッセージを送ってきます。

その頻度はかなり高いので、結果として女性が自分に好意を持っているのではないかと勘違いしてしまうのです。

もちろん、人によっては楽しく会話をしている最中に好意を持ってしまうなんていう人もいるでしょうが、奥さんのことを大事にしていて子供のことも楽しく話すような人になるとそうした異性として意識してもらうというのはかなり難しいでしょう。

相手はただ、仕事の同僚などと楽しく会話をしている感覚でしかないのであなただけが不毛な恋に落ちていくだけになってしまうかもしれません。

好きな相手だから連絡したい


既婚者である男性が独身女性に頻繁に連絡してくるのは、やっぱり好きな相手だからというのも大きなポイントです。

好きだからこそ連絡が途絶えないようにして、どんどん仲良くなっていきたいと思っていますので、頻繁に連絡をして気になる女性を身近に感じられるようにしています。

女性に対して連絡した際、最初のうちはよそよそしい内容が多くなるでしょうが、慣れていくごとに段々と女性の方も気を許して仲の良い友人のようとはいかなくても、気安い感覚で返事をしてくれるようになるのです。

そうした変化する態度がうれしくなるのはもちろんのこと、やり取りの最中で仲良くなると実際に会った時にもその感覚である程度接してもらえるようにもなるので、以前よりもずっと近い距離で楽しく過ごせるようになります。

近くなる距離、やり取りの楽しさ、そんなLINEだからこその接し方が簡単にできるということもあって、LINEで連絡したいと強く思う男性は頻繁にメッセージを送ってくるのです。

相手に合わせて返信することができ、職場などで一緒の女性の名前が入っていても怪しまれないのもあって、既婚男性からすればポップアップなどにだけ気を付けておけばどこででも彼女とつながれる便利さもあって、連絡頻度が高くなります。

相手のメッセージにきちんと返信しているだけ


LINEで頻繁に連絡をしてくる既婚男性の中には、女性の方からのメッセージにマメに変身しているだけということもあります。

仕事などもきちんとこなす、几帳面な人になるとLINEの中に未読が残っていたり、返事をしていないことが気になったりする人もいますし、「はい」か「いいえ」で返事をして終わりになる内容に対しても詳細をきちんと語ってくれるような人もいるのです。

女性側の連絡内容に対して、何度か返信を分けて行うような男性であればそれだけ相手からの連絡が何度も入るような感覚に襲われますので、とても頻繁な連絡を受けているように勘違いしてしまいやすくなってしまいます。

そのため、相手の方にはそんなつもりは無くても女性の方が勝手に勘違いしてしまい、空回りしてしまうような事態に陥るのです。

相手の男性がきちっとしている性格であったり、面倒見がよくきちんと説明してくれたりするような性格の男性であれば、こうしたマメな返信や頻繁になってしまう説明付きの返信が良く返ってきますので、相手の性格などによってはこうしたきちんと返信しているだけなのに何度もメッセージが送られているような錯覚を覚えてしまうでしょう。

既婚男性が既婚女性にlineを送ってくる時の本音

妻や家庭の愚痴を聞いてほしい


既婚者男性がLINEを頻繁に送るのは、何も独身女性だけではありません。

子供の関係も含めて仲良くなった既婚女性に対しても頻繁に連絡を取るようなケースも良くあります。

既婚者である女性に頻繁に連絡を取ろうとする、メッセージを送ってくる妻帯者の男性の本音としては、妻や家庭の愚痴を女性目線で聞いてほしいというのが大きく関係してくるのです。

男性同士でも愚痴は聞いてもらえますが、男性目線ではよくわからない、女性目線からくる叱責や不満の発露をきちんと理解してあげられないケースはよくあり、分かったと言ってはいても実際のところはどうしてそんなに怒っているのかと疑問を抱いてしまうことも。

そんな時、疑問を解決するための手を貸してくれる既婚女性に連絡を入れてくることが多くなります。

この際に連絡しようとするのは、やはり妻から下手な疑いの目を向けられたくないということで妻とも知り合っている既婚女性であることが多く、妻のことも含めてある程度理解しているからこそ、女性目線での解説をちゃんと受けられるのです。

男性同士では「理解できない」という意見の一致で終わってしまうところを、女性に意見を求めることによって、愚痴の発散ができるとともに妻が何を不満に思っているのかの疑問の解消も行えます。

そのため、既婚女性に対して頻繁に連絡を入れるようになってしまう期間ができてしまうのです。

また、既婚女性に連絡を入れる場合は奥さんに対してのサプライズプレゼントなどの相談も含まれます。

同じ女性としてこういったものを贈ると喜ばれるのかどうか、この色やデザインはどうか、そんなことを相談する際にもLINEは活用されるので、誕生日や母の日、ホワイトデー、クリスマス、結婚記念日などのプレゼントなどに悩んだ時に、つい連絡してしまうなんていう男性も珍しくありません。

とにかく愚痴のほか、相談事を女性目線で知っておきたい、解説してもらいたいという思いから頻繁に連絡してしまうのです。

純粋に友人として連絡したい


既婚女性に既婚男性が連絡する場合は、純粋に友人として女性に連絡したいという気持ちが強いというのも大きく関係してくる場合があります。

既婚者同士で交流があると、異性同士であったとしても友情が芽生えるケースが非常に多いです。

同じように家庭で苦労している仲であることで意気投合する、どちらかの配偶者と仲が良く、そのつながりでお互いの夫婦がそれぞれと友情を築くことだってあります。

なので、純粋に友人として既婚女性と既婚男性がLINEで連絡を取るようになるケースもそう珍しくはないのです。

特に子供が同じような年ごろであれば、愚痴や相談事で連絡するだけでなく、家族ぐるみで旅行やアウトドアに行こうというお誘いで連絡が来るようなケースもありますので、相手が既婚の異性だとしてもそれほど気にせずに連絡をしあう夫婦もいます。

なので、頻繁に連絡してくるのは家族ぐるみ、友人夫婦でのやり取りをしているのなら頻繁に連絡するようになるケースも珍しくはありません。

仲が良いのであれば美味しいお店を教え合ったり、子供に必要な何かの連絡、学校からの連絡なども含めて連絡が多くなったりしがちなので、親愛や友愛の元色々と話したいと思うからこそ頻繁にメッセージのやり取りをすることになります。

特に子供がいるのであれば、子供に関しての質問や情報交換も含めて奥さんの代わりに既婚女性の方に連絡を入れるケースも考えれば、余計に頻繁に連絡するようになってしまい、気付くと他の人から見てみればそういう関係ではないかと邪推してしまうほど、自然とやり取りをしているという状態になっているのかもしれません。

もしかすると体の関係を持てるかもしれない


既婚者同士がLINEをするとしても、お互いの夫や妻と友人ではない、ただ何かしらのつながりがあって連絡をするようになった場合、狙われているのは女性の体である可能性があります。

既婚者同士であったとしても、女性に対して男性が何かしらの好みだと思う何かを見つけたのであれば、その人に対してアプローチしたいと男性は思うものです。

例えそういう関係になれなくても、連絡くらいはできるようになりたいという気持ちからLINEのIDを交換して、PTAの役の連絡や仕事の連絡にかこつけて、いろいろと話ができるようになりたいという気持ちから、頻繁に連絡を取るようになります。

奥さんの方にもPTAの話で連絡しなければならないことがあるから、仕事に関して伝えなければならないことがあるから、と言ってごまかしてしまえるような理由があるというのならより頻繁に連絡ができるようになるでしょう。

奥さんに関しての相談事、プレゼントの相談なども含めれば、たとえ怪しまれたとしてもプレゼントを実際に送った後に「実は相談してたんだ」「女性目線の意見が欲しくて、連絡しやすい彼女に連絡してたんだよ」と教えてあげれば、妻はプレゼントをもらったうれしさもあって、その意見を信じやすくなります。

なので、それほど怪しまれずに連絡を続けられるようになるのです。

もちろん、多少なりとも送るメッセージに関しては気を付けなければならないところはあるものの、かなりごまかしやすい状態になるでしょう。

けれど、そうして相談事などが終わった後、連絡しなければならない何かに関して特にない時でも連絡してくるようであれば、男性はもう少し迫れば体の関係に持ち込めるのではないかと考えているのです。

特に互いの配偶者に対しての愚痴、不満、夜の生活に関してのあれこれまで話せるような仲になっているのであれば、その不満に付け込んで一夜の過ちくらいならなんとかなるかもしれないと思われている可能性は高くなります。

既婚者になると毎日の生活は平穏で、子供の行事ごとなどでしか刺激を得られないなんて言う男性は非常に多いです。

奥さんの方も代り映えのない毎日を過ごすわけですから、毎日何かしらの変化のある仕事でもない限りはつまらない気持ちを男性からのいけないお誘いによって解消してしまいたいなんて言う誘惑に負けてしまうことだってあります。

なので、男性はその代わり映えのない日々につまらなさを感じている女性に付け込み、一度刺激的な関係を共有して、なんとか体の関係だけでも築きたいと思っているので、連絡頻度もだんだん多くなるでしょう。

既婚男性とlineでもっと距離を縮める方法

相手の許可があれば少し軽口を入れてみる


LINEの交換をした既婚男性と反しているととても楽しい、もっと彼と距離を縮めて仲良くしたいと思った時、距離を縮める方法について考えることだと思います。

しかし、相手は既婚者であることも相まって、近づき方もある程度配慮しなければとんでもない修羅場になってしまいかねません。

また、急に距離を縮めようとするのも男性側から不評になる可能性もありますので、ゆっくりと時間をかけて、少しずつLINEで親交を深めつつ仲良くなっていくことがベストです。

特にLINEの中でも敬語口調で話しているのであれば、相手の方から「もっと楽に話していいよ」「もっと軽く話してよ」というような提案がされることもあります。

なので、そうした相手からの軽く話してもいいという許可がもらえたのであれば、敬語を外して少しずつ距離感を縮めていきましょう。

それまで敬語であった女性が軽く話せるようになるほど仲良くなれたという実感に、男性は優越感を抱くほどとてもうれしい気持ちでいっぱいになります。

話題もそれなりに楽しく提供できているのであれば、他の男性たちと比べてもこれほど親しくできているのは自分以外にいないという自負が働いて、自分こそが女性の特別であるという意識も徐々に芽生えてくるのです。

こうした特別感が芽生え、さらにどんどん親しく、身近な友人のような敬語なしの気安いしゃべり方になっていくことによって、距離感はどんどん近づけていくことができるようになります。

共通している趣味などを話してみる


LINEを交換してある程度やり取りをしていても、どうしても距離感を縮めていくのには一手足りないということはよくあります。

相手が好きなこと、夢中になっていることなどが自分と違っているのであればかなり距離感を縮めるのにも苦労しますし、場合によっては仕事の話ばかりして距離感が全く縮まらないなんてことも良くある話。

どうにか距離を縮めていきたいというのであれば、共通点を探してそれを話題にするしかありません。

趣味の話をするのも良いですが、相手の趣味の中で興味があるものについて話題を振ってみるのも良い方法の一つです。

自分が本当に興味があって初めて見たいと思っているものを話題に振ることによって、どんなものを用意すればいいのか、どういうことに挑戦するのか、何が楽しいのかということを深く知るとともに、同じ趣味仲間を作ることができるということで男性をより積極的に連絡を取りたいと思わせることもできるようになります。

同じ趣味を楽しみたい、もっとこの趣味を理解してほしいという男性であればかなり話題に食いついてくるでしょう。

男性の趣味の中に興味を惹かれるようなものがないのであれば、漫画やゲームの話題を振っても良いです。

夢中になっていて読み込んでいる漫画、やり込んでいるゲームの話題になるとこちらもかなり熱心に語ってくれる男性が多くなる傾向にあります。

ステイホーム期間に漫画やゲームを購入して夢中になって読み進めたり、やりこんだりする時間があった人もいるでしょうから、意外とこうした話題を振るともともと好きだった人はかなり食いつきが良いです。

自身がしているゲームや好きな漫画があるのであれば、互いにおすすめし合い、感想を教え合うような連絡頻度を上げることができるテクニックも使うことができるようになりますから、もっと私生活的な面でも仲良くなりたいというのなら、共通点を探りつつ、相手が連絡したくなるような話題を探してみましょう。

男性のすごいところをまっすぐ誉める


男性からの連絡頻度を上げ、なにより身近に感じてもらって距離を縮めたいというのであれば、素直に男性のすごいところを褒めてあげるようにしつつ、相談に乗ってもらうというのも一つの方法です。

男性は誰かに褒めてもらうのが大好きで、認めてもらうことに対して大きな意味を感じて重要視している人が非常に多くなります。

認めてもらっている、褒めてもらっているというのはそれだけ自身が特別である、もしくはとてもできる人間であるという自負を得ることができるため、それだけ女性とLINEをすることが楽しくなっていくのです。

自分がどれだけ頑張ったのか彼女は認めてくれる、愚痴などに関してもきちんと聞いたうえで色々と彼女なりに考えた言葉で意見を述べてくれる、そんな特別感が沸き上がると同時に、認められているからこその対応にどんどん女性にのめり込んで行ってしまうでしょう。

結果としてもっともっと彼女と話したい、そして彼女により褒めてもらえる、認めてもらえる男になりたいと男性は仕事などに熱中していきます。

そしてその過程としてどんどん女性に心を許していき、最終的にはとても身近な存在として連絡するような仲になることもあれば、生活していくうえで家族以外の立場で欠かせない人物になっていくこともあるのです。

それだけ話しているときに男性を認めるような話をすると、男性は面映ゆいと思いながらもまんざらではない反応を返し、そこからどんどん話が展開していくようにもなるでしょう。

話しの中に褒めるだけでなく、男性が食いつきやすい仕事の成果の話、自分の困っていることへのアドバイスなどを求めてみるのも良いです。

誉めてそれなりにもっと話したいと思っている状態であれば、かなり真剣にアドバイスに乗ってくれますし、仕事の成果の話と同時にどんなことに注意すればいいのかについても色々と語ってくれるでしょう。

相手をいい気分にさせて、より連絡頻度を多くすることができるようになるので、毎日の仕事の中で「あ、これはすごいな」と思うところがあったのであれば、素直にそれを褒めてあげてくださいね。

自分から既婚男性にLINEする時迷惑にならない連絡法

朝、出勤前に返さなくてもいい挨拶などを送る


既婚男性に自分からLINEを送りたいと思った時、特に気にしてしまうのが奥さんによってLINEのポップアップなどでまだそういう関係ではないとしても親しい異性がいるということがバレてしまい、男性に迷惑をかけてしまうこと。

不倫をしているわけではないものの、奥さんからしてみれば親しい異性がいて、それが独身女性であるというのであれば何か下心があって連絡するようになったのではないかと邪推してしまうのは仕方のないことです。

いったいどういう関係で連絡をしているのかと男性を徹底追及して、その後の連絡を控えるように伝えられる可能性だってあります。

どうにか自分から連絡を入れたいと思ったのであれば、なるべく男性が迷惑に思わない程度の方法でやり取りしなければならないと強く感じるでしょう。

そんな時送るのにおすすめの時間帯が朝です。

朝のまだ自宅にいる時間帯、家を出た後電車などでスマートフォンを確認するような時間帯がある程度わかるのであれば、それに合わせて簡単な挨拶の内容を送ってみてください。

歩きスマホなどになってしまうため、返事ができなくても「おはようございます!今日は会議があって緊張しますが、頑張りましょうね!」というような内容が目に入ればそれだけでやる気が出てくるものです。

それにこうした挨拶に近い内容は、男性が焦ってすぐに返事をしなければと思う内容でもありませんから、仕事にやる気を出してもらうためのメッセージ、または憂鬱な気分を吹き飛ばすためのメッセージとして割り切ってしまいます。

けれど、こうした内容が送られてくるだけでもがんばろうと思える時はたくさんありますので、そのあとの返事が返ってこなくても男性からの印象はかなり良いものに変化していくでしょう。

男性の方に余裕があれば返事が返ってくるでしょうから、内容によっては短く簡潔に返事を返してあげてください。

余りだらだらと長く続くようなものになると、忙しくなってくる可能性のある出勤中には満足に見ることができない可能性もありますので、簡単なものの方が相手も助かります。

また、朝の時間帯にやり取りをするようになると奥さんからの発見率もかなり下がりますので、ある程度そういう時間帯に一度連絡を入れるようにすると習慣づけてみると、意外と長く連絡が続いていくでしょう。

朝に連絡を入れるというのは非常に強い好意がなければできないことでもあるので、男性側がその部分に気付いてくれれば、あなたの好意に関しても気づいているうえでやり取りを継続しようと思ってくれるかもしれません。

ただし、繁忙期に関しては注意が必要です。

人によっては朝からバタバタと忙しく動き回り、スマートフォンに関しては簡単なチェックしかできない状態である可能性ありますので、LINE自体が煩わしいものとして感じられてしまう可能性があります。

お昼に簡単なやり取りができるようなものを送る

相手のことを考えてLINEを送るというのであれば、彼の方にある程度返事を返すことができる余裕のある時間帯を選ぶのがセオリーです。

朝や夜というのは時間帯の忙しさや家族団らんの時間帯であるということも相まって送るのは控えたほうが良いので、返事を期待するのであれば昼に送るのが良いでしょう。

更に送るのであれば平日の昼休みであれば、LINEの返信を送るだけの余裕を持っている可能性がより高まりますので、お昼休みにやり取りをするのがおすすめです。

またお昼の時間帯とはいえ、急な仕事が入る可能性もありますから簡単にやり取りできるような内容にとどめておき、相手の方がより突っ込むような形で返事をしてきたのであれば、昼休みの間にじっくりとやり取りをするような形にした方が安定します。

仕事の時間帯がある程度決められていることからも昼休みに関しては大体把握できるのもあり、やり取りすることはそれほど難しいことではありません。

一緒にご飯に行くほどにはまだ簡単に出歩くのは目立ってしまうかもしれないという不安から、LINEで連絡を取りたいと思うからこそ連絡したいと思うものですが、職種によっては昼でも出先であるということもありますから、相手に一度LINEしても大丈夫かを確認しておくと不安なく連絡することができますよ。

終業後や休日には送るのを控える


LINEを送りたいと思っても時間帯によっては送らないほうが男性のためにもなるというケースはたくさんあります。

中でもタイミングとして控えておいた方が堅実なのは終業後や休日です。

そのタイミングこそ、相手も色々と手が空いていて話をよりできるようなタイミングではないのかと思うものですが、終業後や休日というのは男性にとっては家族のために仕える時間、一日になります。

家に帰れば家族団らんの時間を過ごしつつ、ご飯を食べてゆっくりと過ごしたいと終業後は思うものですし、何よりそんな家族が集まっている時間帯に連絡を入れると奥さんに見られて男性がとんでもない修羅場に立たされてしまう可能性が高まってしまうのです。

また、休日も家族のために色々とアウトドアを企画したり、家でのことを奥さんに代わって行ったり、男性によってやることは違ってくるものの、休日は特に妻や子供のために何かしてあげたいと思う男性もいますし、そうではなくても仕事が終わってようやくの休みなのですからゆっくりと休みたいと思うので、連絡されると邪魔されたような気分になってしまいます。

なので、夜や休みの日に連絡してみようと思ったとしても、本当に必要な連絡以外はしないほうが良いのです。

仕事の関係の連絡をしなければならない、仕事に関して聞いておきたいものがあるというのであれば、連絡してみても良いでしょう。

しかし、それ以外のプライベートなことに関する連絡はその時間帯や休日の日には避けておいてください。

相手の方から連絡が来たのであれば返しても問題ないものの、女性からの連絡が来ているのを奥さんにバレるのは本当に相手をまずい立場に追いやってしまいますので、まだそういう関係になっていないのに不倫だ、浮気だとあなたも含めて責め立てられ、職場などでも居場所がなくなってしまうかもしれません。

お互いのことを考えればただ連絡しているだけだというのに夫婦仲を悪化させるようなことをして、彼からの印象を悪くするのも避けておきたいことです。

印象をなるべくよくするためにも、なるべく休日や終業後の連絡は控えつつ、他の時間帯で連絡を取って少しずつ仲良くなっていってください。

奥さんも怪しまない!既婚男性とやり取りするのに丁度いいLINEの頻度

時間があるときに返す程度の頻度


LINEのやり取りをするのであれば、やっぱり奥さんに怪しまれないようにするための配慮は必要です。

やり取りするのに丁度良い頻度を探しつつ、いろいろと悩んでいるのであれば一番良いのが時間があるときに返す程度の頻度でしょう。

終業後や休日の返信は避けつつ、自分の時間があるときに返すようにすると男性も自身の時間が空いているときに返していいんだと返信に関して焦ることもなく、安心して返信に余裕を持つことができます。

また、時間があるときに返すようにすることで頻繁に連絡しているというようには見えず、内容などを確認されてもぐだぐだ気の合う職場の仲間と話していると思われるだけです。

内容が漫画やゲーム、趣味に関してであるのなら尚更、今度一緒に行こうねというような内容でもない限りは怪しまれることはあまりないでしょう。

道具の貸し借りやゲーム、漫画の貸し借りに関しても会社に持って行くような内容を確認してもらえばいいだけの話なので、かなり怪しまれにくくなります。

互いに忙しい日々を過ごしているわけですので、怪しまれないようにすることも考えると時間が無ければ返事を返さないので、頻繁に連絡しているように見えなくすることもでき、話が盛り上がれば自然と連絡頻度が多くなる状態をスムーズに見せられる時間があれば返事をするというのがおすすめです。

日を空けて返信をする隔日の頻度


なるべく多くやり取りしたいけれど、毎日では怪しまれそうで怖い、そんな人におすすめの頻度が日を空けて返信するという頻度。

2日から3日ほど空けて返信するようにすることで、毎日頻繁に連絡しているような印象を消すことができ、よく話すけれどそう毎日話すような人ではないと奥さんに印象付けることができます。

また、日を空けて返信する回数を減らしていくことによって、頻繁にスマートフォンを男性がチェックしているような印象も減らすことができるので、メッセージを送る時間帯を考えて送るようにしておくと、よりあなたが彼に近づこうとしているのを隠すことができるのです。

それなりに仲良くなっている、男性の方も女性のことを少し意識している状態であれば、隔日にすることによって相手を返信に対してそわそわさせることもでき、待ち遠しい返信のことを頭にから離れないような状態にすることだってできるでしょう。

返信する時間がバラバラになることはそうないけれど、毎日返信するのはちょっと怖いというのなら、数日おきに返信するようにして見てください。

毎日やり取りしたいなら、1日に2回まで


何日か空白の日を入れたほうが怪しまれないというのはわかっているのですが、でもやっぱり毎日連絡を入れられるのであれば入れたい、そんなときには1日に返信できる回数を決めて、あとは決して連絡しないようにセーブしましょう。

やるとするのなら1日に2回。

朝と昼にそれぞれ1回ずつ返信するようにする、またはメッセージを送るようにして後は連絡自体を我慢して次の日に回します。

仕事が忙しかったりすれば男性もLINEが来たとしてもスルーして、そのあと気が向けば返信することの方が多いように、女性の方も多少は放っておいても問題ありません。

なので、朝の挨拶と昼の簡単なやり取りを終えたら後はそのまま放置しておきましょう。

男性の方も仕事にちょっと集中していたり、他に勉強していたりするのではないかと忙しい私生活などを考えてそれほど焦ることなく返事できる時にしてくれればいいというスタンスに切り替えますので、心配しなくてもやり取りが途切れてしまうことはありません。

とにかく毎日連絡して、やり取りをしたいというのなら相手の方からも鬱陶しがられない頻度を考えなければならないので、毎日連絡することを考えると本当に1日に何度もスマートフォンをチェックさせるような頻度は避けるべきです。

既婚者とLINEのやり取りをするときは頻度が重要!距離を縮めたいのなら相手の周りの人にも気を付けて


既婚者からの頻繁なLINEに困惑することもそう珍しいものではなく、頻繁にやってくるLINEのメッセージに下手をすると奥さんに見つかってしまったら自分も危ないのではないか、なんて考える人も多いです。

しかし、こうした既婚者でLINEを頻繁に送ってくる人の半分近くは友人としてただやり取りを楽しんでいたり、ただLINEの機能を使いながらメッセージを送るのが好きなだけだったりもします。

なので、女性に対して異性としての意識はなく、やり取りが気軽にできる人という感覚でしかメッセージを送ってきていません。

異性として意識している人に対してはもっとそれを匂わせるような内容も含まれるので、純粋にやり取りを楽しんでいるような内容ばかりであればそれほど意識されていないということが分かります。

男性とやり取りをしていると、楽しい気分になることもあれば相手に対して親しみを感じやすくなる時もありますので、もっとあの人に近づきたいという気持ちだって芽生えてくるもの。

どうにか近づきたいと思ったときには、男性の周りの人への配慮、負担がどれほどかかってしまうのかをよく考えて、送る時間帯や頻度を決めてから送るようにしてください。

下手をすると男性が奥さんからいわれのない不倫の罪で糾弾されかねないので、そのあたりもきちんと配慮してあげましょう。

おすすめの記事