キスは不倫にならない?キスやハグだけ不倫のメリットと不貞の判断、既婚男性のキスの仕方で分かる本気度

不倫をしている人の中には、キスだけやハグだけといった体の関係を持たない、いわゆる純愛傾向の不貞行為を楽しむ人もいます。

けれど、中にはキスやハグは不倫にはならないという人もおり、不貞の判断基準が分からないまま関係をずるずると続けて行ってしまい、最終的に夫や相手の妻に関係を断じられて離婚や慰謝料の支払いといった現実を突きつけられてしまうのです。

そんなキスだけ不倫、ハグだけ不倫というのは判断基準が良くわからないという人も多いですが、その分大きなメリットも存在しています。

この記事ではそんなキスだけ、ハグだけの不貞におけるメリット、そして判断に関してはもちろんのこと、男性からの熱いキスでわかる本気度などにも触れていきますので、体の関係がないけれど秘密の恋を楽しんでいる人はぜひ読んでみてくださいね。

既婚男性との熱いキス!ハマった女性の体験談

心が満たされるからやめられない


既婚男性との熱いキスはハマってしまう女性もかなり多くいます。

その中の1人であるAさんは、職場の先輩とキスをしてハマってしまったうちの1人です。

最初のきっかけはお酒の席で、他の人が見ていないところに行ったときに、その前他の面子もいるところで話していた時、冗談で「先輩キス上手そうですよね」といったのを先輩男性が本当にキスしてきたのが始まりでもあります。

しかし、先輩は既婚者で奥さんと結婚する前にも2人ほど恋人がいた時期があったというだけあり、キスのテクが非常によく、キスをしていると気持ちいいと思うのと同時に安心できたという気持ちがあったそうです。

その時のAさんは恋人と別れたばかりで、ぽっかりと心に穴が開いていたような感覚を覚えていたのもあり、非常に寂しい気持ちで誰かにそばにいてほしいとどこかで考えていたのもあり、最初はお酒の過ちで始まったキスであっても、そのあとも続いて行ければいいと思っていたのも大きいでしょう。

相手の先輩も奥さんとは少しマンネリ気味で、他の人とキスをした時にドキドキした気持ちが忘れられず、そのあともキスだけでもと関係を迫ってきたのでそれを了承し、人の見ていないところでたまにそっとキスを交わすだけの仲になったのです。

キスをしているうちに激しいものもあれば、優しいものもあり、キスをするときの男性の気持ちで変化があって刺激を感じるだけでなく、ほとんどのキスがとてもやさしいものですから、心が満たされるようなものがあったとAさんはいいます。

寂しい気持ちが満たされた後は、すさんだ時もそうでないときもキスをすれば落ち着くだけでなく、自分が特別なんだという特別感もあってとても心が満たされていくのもあり、Aさんは既婚者である先輩とキスをするのにハマっていったのです。

自身がどうしても寂しい時にそっと触れ合ってくれる人がおり、なおかつ彼のキスがとても上手であればそれだけハマりやすくもなりますので、それらが上手く合わさった結果がAさんのハマり具合であるともいえるでしょう。

体までは難しいけれど、キスなら


既婚者と不倫関係になるのは少し怖いけれど、交際するのなら気遣いや女性の扱い方をある程度心得ている既婚者の方がいいな、と思っていたBさんは大学時代の知人の結婚式で出会った男性を「いいな」と思って、その後の二次会で新郎新婦の紹介でその人を含めた他の招待客とあいさつをしたのをきっかけに、少しずつ距離を近づけていきました。

お酒の席であっても、お相手の男性はそれほどお酒に強いわけではなく、きちんとセーブしていたのもあってちゃんとお話もできたこともあり、より強い好感を抱いたそうです。

彼の方も奥さんと少し喧嘩をしていて帰宅しづらく、結婚式に出たのも友人のめでたい席であるというのはもちろんですが、それと一緒に家にいる時間をどうにか減らしたかったというのを話してくれたので、結婚式の後コーヒーショップに入ってさらに時間をつぶしてから帰路につこうと誘ったことで、関係性が少し築かれました。

最初のうちはメールやLINEでのやり取り、男女の関係ではなく本当に友人のような気持ちで付き合っていて、彼が離婚してくれればいいなあとあり得ない理想を考えながらも、いいなと思った気持ちが友人のままでもいいかもしれないというものに変わっていったのです。

けれど、変化したのは彼の方でした。

Bさんはこのまま友人のような曖昧なままでいいと思っていたのですが、相手の男性は不倫恋愛を望むようになり、連絡を頻繁に取るようになったのです。

Bさんからすれば望んでいた展開だと思っていたのですが、体の関係を持ってしまうともう取り返しがつかないと思ってしまい、交際するとしても条件を出しました。

キスのみ、ハグのみで体の関係を持たず、不倫であるかどうかあいまいにして交際することというのが条件です。

性的な関係を持つとダメになると思ったのもありだした条件でしたが、相手の男性は最初納得はしていなかったものの、性的な欲求不満は奥さんと仲直りして解消するか、そうしたお店を使って解消してもらうということで落ち着き、その後は軽くデートや食事をしつつ、キスやハグをする仲になりました。

キスやハグだけだと何か物足りないと言われて終わってしまうかと思えば、逆にキスやハグだけだからこそ夢中になる何かがBさんにはあったのです。

誰かと触れ合え、そして愛情があるからこそ触ってもらえる唇や抱きしめてもらえるというのもまた拍車をかけ、どんどんのめり込んでいきました。

今でもBさんは相手の方とたまにご飯に行くついでに、お酒に酔ったふりをしてハグをしたり、人目につかないところでキスをしたりする関係にあると言います。

体はつながっていないから大丈夫、そんな気持ちや普通の不倫よりも気楽に付き合えるのもあって、今でも一緒にいる時間を取っているのだとか。

安心感が欲しいからしたい


Cさんが既婚者とのキスにはまってしまった理由は安心感が欲しいから、という触れ合いを求める気持ちからだそうです。

恋人もおらず、一人暮らしで毎日が決まったサイクルの物ばかり、むなしい気持ちや仕事でミスしたときの自分を責めるような気持ちが焦りを生んでしまい、時には死にたくなるほど後悔してしまうような気持ちが生まれる日もあったと言います。

けれど、ある時既婚者の男性から声をかけられたのをきっかけに、既婚者とのキスにはまってしまったのです。

Cさんが彼に出会ったのは会社の取引先、そこで担当者の取次をしてくれた人が彼であり、そのあとも取引先に行くたびに度々会って軽く会話をし、そして最終的には飲みに行きませんかと誘ってもらえるくらいになっていました。

その均衡が一気に崩れたのは仲良くなってから1か月ほどしてからです。

男性に呼び止められて物陰に言ったのち、告白とともにキスをされました。

相手は既婚者であると知っていたのもあり、かなりテンパってしまったそうですが、彼に対して悪い気持ちを抱いていないのもあって、一度考えさせてほしいと帰宅したのち、1週間後にデートや食事のみでと条件を出したのだそうです。

けれど、デートや食事を続けるうちにCさんの中にはどんどん彼と一緒にいると安心できるという気持ちが強くなっていきます。

1人で暮らしていて、友達と遊んでいるときや仕事に集中しているときには紛れる寂しさであっても、プライベートのときにはカップルや親子連れを見ては羨ましい、自分にも支えてくれたり慰めてくれたりする誰かが欲しいと思ってしまっていたのもあり、彼と一緒にいるときに何か安心感のある行動を取ってもらいたいと思うようになったのです。

でも体の関係を持つのはちょっと怖い、不倫であるため奥さんからひどく咎められた上に彼に捨てられてしまうのではないか、と考えてしまったのもあってキスだけならと少しだけ許してしまいました。

そのあとキスを何度かデートのたびにされるようになったCさんですが、このキスが安心感が強く残ると感じてしまいます。

彼は自分のことをちゃんと見ていてくれる、好きだからこそキスしてくれるという実感が彼女の中に残り、キスしてほしいと強く思ってしまったのです。

今では体は許していないものの、彼のキスがあるからこそ毎日安心感をどこか感じられている日々を過ごせているとCさんは語ります。

キスだけ不倫・ハグだけ不倫がもたらすメリット

純愛を貫き通せる


キスだけ不倫、ハグだけ不倫という関係性は普通の不倫と比べてもそれなりのメリットが存在しています。

そのうちの一つが二人の恋心を汚すことなく、純愛だけを貫き通せるというものです。

不倫恋愛の中でも体の関係はかなり大きなもので、不倫に走ってしまう原因として非常に多い性的な欲求不満も含めればほとんどの人が不倫すると同時に肉体関係を持っているというケースも非常に多くあります。

けれど、肉体関係を持ってしまうと生生しさを感じるだけでなく、相手が本当に自身を好いているのか分からなくなってしまうこともあるのです。

特に性行為は欲求不満だからの一言で不貞を始めるきっかけになりやすいものですので、余計に相手の愛情を信じられなくなってしまいます。

しかし、性行為抜き、キスやハグだけを許した状態であればそれだけ愛情を信じられ、相手も自身に恋をしてくれているというのを感じやすいです。

体に触れるとしても性行為は愛情がなく、単に欲を発散するためであれば簡単にできてしまう人も多いですが、キスやハグはそれなりの愛情がなければできない行為でもあります。

海外の人があいさつでしているとしても、日本人がそれを実行するにはそれなりの勇気や愛情が必要で、それを確かめられるのもまたキスやハグです。

肉体関係を結んだことでどこか汚れた関係を築いてしまったと思うよりも、二人の純愛を貫き通せるというのもまた、キスやハグだけ行うメリットになります。

不倫として断じられにくい


キスやハグだけの不倫において最も大きなメリットは、不倫として断じられにくいというものでしょう。

セックスをしたり、写真を残したりしていると簡単に不倫だと断じられるようになりますが、キスやハグだけであれば実はお酒の席での過ちやその場のノリで抱きしめ合ったといったトラブルである可能性があるため、簡単には不倫として断じられなくなるのです。

またキスだけであれば証拠も残りにくいですし、何より人目を避けていても短時間で終わってしまう触れ合いなので、フレンチやバードキスであれば会社内であっても人通りのない廊下や場所で証拠を残すことなく行えます。

絶対に人目につかないと自信をもって言える女性側の自宅などであればディープキスもプレッシャーキスもできるので、証拠を残さずに触れ合いを楽しみたいという人からすれば、非常に交際を継続していきやすい方法でもあるのです。

当然不貞行為であるので、下手にメッセージの履歴や写真を残すと大問題に発展してしまうこともありますが、ホテルの領収書や香水の匂い、行為後の雰囲気などを気にすることはないですし、証拠を必死になって消す必要もありません。

見られてしまえば立場なども含めて終わりというのは事実ではあるものの、体の関係を含めたお付き合いをしているときよりずっと楽に男女ともに付き合っていけるのです。

簡単に誰もが自分たちの関係を不倫だと言い切れないグレーな部分であるからこそ、通常行われるだろう不貞における警戒も、緊張感もあまり感じることなくお付き合いしていけるというのもまた、大きなメリットと言えるでしょう。

不倫恋愛と聞いて身構えてしまう人もキスやハグだけであればまだセーフかな、と思いやすいです。

心がつながっていると強く感じられる


不貞の間柄というのはどうしても体でのみつながっているのではないか、と思い込んでしまう事態に陥ることがあります。

特に性行為を良く行っているのであれば、やっぱり奥さんの方がいいんだろうと不安を抱えてしまう例もありますし、何よりも相手と自身の想いのずれ、心の向いている方向の違いを自覚してしまうなんて事態も良くあるのです。

けれど、そうした性行為を抜きにし、キスやハグだけに限定した交際をしていると心の向く方向がほとんど同じ向きになりますし、何よりも想いのずれがほとんど生じません。

性行為をしているカップルと違い、付き合い方が生々しいものではなくお互いが必要な気持ちを分け合い、そしてなだめ合っているような状態ではありますが、肉体的なつながりがかなり限定されている分、会話やちょっとしたふれあいが増えるのでそれだけ心のつながりが強固になるのも特徴です。

セックスをしている不貞の仲の二人は、行為が終わって帰るときに「本当は私のこと都合の良い相手としか思っていないんじゃ?」という不安を抱える別れ方をする人もいますが、キスやハグだけであれば心がつながっていると実感できる機会が多いからこそ不安になる機会もそうありません。

互いが互いを強く思っており、性行為なんてしなくても一緒に居たいと思える人との仲だからこその大きなメリットです。

キスは不倫にならない?ハグは?不貞行為や慰謝料請求のボーダーライン

証拠の有無


不貞行為における慰謝料の請求にはそれなりのボーダーラインが引かれています。

キスやハグが見つかったとしてもそれが慰謝料の請求に引っかかりにくいと言われているのは、そのボーダーラインを超えないことが多々あるからです。

そのうちの一つが証拠の有無になります。

ホテルの請求書や一緒にいるときの写真が何枚もある、人によっては行為後の男性が寝ているところを狙ってこっそりと女性がツーショットを取っているなど、証拠が残ってしまうものはたくさんあるものです。

特に性行為をしているのであれば、余計に女性との待ち合わせやホテル関係、そして女性の髪の毛などの名残が残ってしまいやすく、そして証拠になってしまいやすいので余計に慰謝料請求において不利な立場に追いやられてしまいます。

けれど、キスやハグはお酒の席でのトラブル、過ちで片付くこともありますし、ハグに至っては仕事で大成功を収めて感情が高ぶり、男女問わずやってしまうというケースもありますので、非常に証拠になりにくいものです。

証拠が残らない、証拠として弱いものになってしまうからこそ不倫の疑いは残ってしまうとしても、慰謝料請求を逃れられる場合も多くなります。

例え慰謝料請求をされたとしても、肉体関係を結んでいるカップルよりはかなり少ない金額で済む人もいるので、決定的な証拠になりにくいゆえの回避が可能です。

肉体関係があるか無いか


慰謝料を求められる関係というのは、大きなポイントとして肉体関係を結んでいるかどうかというのは非常に関係してきます。

不倫関係と断じる最も強いポイントが肉体関係であり、それ以外の要素で不倫に発展したというケースで判決が出たというのはかなり事例が少ないのもあって、まだそれほど認められていないという現実があるのです。

だからこそ、キスだけハグだけで不貞行為に走ったというのをあまり現実味のないものとして周囲は認識し、逆に肉体関係が無いのであれば非常に仲の良い友人としての触れ合いやちょっとしたお酒の席などでの行き過ぎたトラブルではないかと不倫を断じた奥さんの方が言われてしまう例もあります。

そのため、セックスをしていないのならそれだけ不倫として断じる要素がかなり弱くなってしまうのです。

証拠も残りずらく、もともとそれなりに仲の良い関係を保っていた二人であれば、普段の様子などからしてみても余計に不倫を疑う人はいないでしょう。

奥さんが過剰に反応している、もしくは勘違いしているのではないかと思われておしまいになってしまうケースも珍しくはありません。

証拠がない、弱いといった大きなメリットがあるからこそ、そして肉体関係にないカップルだからこそ慰謝料の請求を逃れられる人も多いのです。

継続した関係であり、特定の人物であるか


不倫であると断じ、慰謝料を請求される際には不倫が継続的なものであるというのがとても重要です。

1人の特定の人と長く関係を持っているのではなく、そうしたお店を利用して関係を持っているのであれば不倫と断じられないのと同じように、短期間で数人の人と一時的に関係を持っていたとしても秘密の恋の仲であると言い切れません。

そのため、特定の誰かと長く付き合っているというのが決定的な証拠とならない限り、慰謝料の請求を免れることができるのです。

特に高額の慰謝料を請求されるのは非常に長く、数年来の交際をしていたカップルであることが多いので、肉体関係がなくほぼ数カ月の付き合いであればそれほど多額の金額を要求されることもありません。

また、数か月であれば仕事などで友好関係を築き、そこから1か月に何度かご飯を一緒したという理由で切り抜けることもできますし、ホテルなどに寄っている証拠もないのでかなりの確率で訴訟を流してしまえる人もいるでしょう。

不倫をするのなら肉体関係がセットであり、バレる前に別れるか、バレるほどに長期間の交際をしているのかの二択だと断じられるケースが非常に多いので、キスやハグだけでなおかつ短期間で発覚したのであれば、それが本当に不倫であるのかと疑問視されてしまうので、慰謝料の請求を逃れられるのです。

むしろ、そのキスやハグの発覚がお酒の席などが関係した日などであればお酒に酔っているのではないか、感情が高ぶったり体勢を崩してしまったりした結果のトラブルや過ちではないかと思われることの方が多いので、それほど長く付き合っていない人であれば躱し方も相応の数があります。

キスだけ、ハグだけだからこそどれほど長く付き合っているのかを断定できないというのも含め、まだ出会ったばかりではないのかと考えられるのを逆手にとれる交際方法でもあるので、証明できないが故の請求不可能を奥さんに突き付けることだって可能です。

既婚男性のキスの仕方で分かる不倫相手への本気度

体を正面に向けて目を合わせてのキス


既婚男性が本気であると確認するには、実はキスの仕方でわかるのです。

既婚男性は不倫を人生経験やスリルのある恋愛がしたいという気持ち一つで行ってしまう人もいるため、あまり信用ならないと思っているのであれば相手の本気を図ることも合わせて、キスの仕方をチェックしてみましょう。

まず最も本気度が高いと判断できる仕方の一つが、体をきちんと正面に向けて彼女と目を合わせてキスをするかどうかというものです。

そもそも不倫においてキスというのは性行為前の前座や入口のような扱いを受けている一面があり、キス=セックスという図式でつながっている人も少なくありません。

けれど、キスやハグのみを許している交際になるとそのふれあいにどれだけ真剣な表情や真面目に行おうとする仕草があるのかで相手の本気度を測ることができます。

おざなりにキスをされたり、軽く目も合わせずにキスされたりすると「あ、私軽く扱われてるな」と思ってしまうのと同じで、キスに対してもきちんと自身を見て、向き合ってしようとしてくれるだけで相手が自分を大切に、そして真剣に見てくれるのを実感できると本気で好意を抱いてくれているのだとよりわかるものです。

扱いも丁寧だと感じられますし、何よりキスやハグという肉体関係のないつながりにおける数少ない触れ合いですので、互いにより好意を深めていきやすいというのも大きいでしょう。

大切にしてもらっている、本気で自身をちゃんと見てくれているというだけでも独身女性にはとても大きなものになりますし、既婚女性であれば自身がまだ異性として魅力があり、交際したいと思ってくれるほどに女としての自分がちゃんとあるのだと安心することができます。

真正面でじっと見つめられると、ちゃんと見ているという感覚が芽生えるからこそ、そしてキスという愛情表現を選んで行うからこそ、本気で思ってもらっているのだと女性は実感できるのです。

手を握って別れ際のキス


不倫において本気かどうかを確かめる際には別れ際の相手の態度、行動をチェックするのもポイントです。

別れ際にキスや触れ合いもなく、「それじゃあまたね」と手を振ってあっさりと別れる男性は、実はそれほど本気で女性のことを想っておらず、簡単に別れられるくらいには割り切った思いで交際しているケースもあります。

だからこそ、別れ際にどのような行動を取っているのかで女性は男性をチェックし、相手の本気度を測るのです。

キスで本気度を確かめるのであれば、別れ際にキスをしてくれるか、その際に手を握ったり、向き合ったりと自身が本気で名残惜しいと思っているという仕草を取っているのかを見てみましょう。

毎日会えるわけではない、性行為をしていないからこそ離れてしまうかもしれない不安におびえてしまう時もあり、デートの最後に何もないのであれば余計に不安が募っていくものです。

そんなときにデートの別れ際、手を取ってキスをしてくれる男性がお相手であれば、それだけで十分本気で自分を想ってくれている、名残惜しいと思ってくれていると感じられます。

簡単にチュッと軽くキスしてバイバイ、なんて本気で思ってくれているとは思えません。

特にそれが不倫恋愛と呼ばれる関係であるのならなおのこと、適当に女性を相手にしてもなんとかなるという気分でいる人はいますので、余計に彼の仕草から軽薄さだけでなくまともに相手をしていないんだろうというものが読み取れてしまいます。

本気で相手のことが好きで、別れ際にもそれをきちんと相手に表したい、彼女に自分の本気を分かってほしいという彼はちゃんと向き合ったり、手を握ったりして名残惜しい、別れたくない、まだ一緒に居たいと言葉にしなくても動きで表しますから、真面目な行動とキスで愛情を示されたのなら、それだけ本気で向き合ってくれていると言えるでしょう。

濃厚なキス


キスで相手の本気度を測るのであれば、相手から濃厚なキスをもらったかどうかというのも判断基準になります。

キスというのも種類は様々。

軽く額や頬に行う親愛や挨拶の部類のものもあれば、相手に性的な魅力を見出しているからこそ、そして強い好意を抱いているからこその濃厚なものまで幅広く、相手の好意の度合いやその時の雰囲気などで行うものは変化します。

けれど、その中でも最も強い異性に対する好意を感じやすいのはやはりディープやプレッシャーといった濃厚な物でしょう。

軽くそっと触れるようなキスも悪いわけではないのですが、慣れてくるとあいさつ代わりや親愛を表す箇所に行われるというのがどうしても気になり始め、恋人や好意を抱く人ではなく、親愛や友愛を感じている人として自身はみられているのではないかと不安を抱き始める女性もいます。

そのため、濃厚なキスがあるか無いかで相手の本気度を確かめることができるのです。

軽くそっと触れるようなキスと違い、濃厚なキスは勢いがあり、それだけ好意が強く重たいものであるというのも表しています。

人によっては性行為の前の前座としてもとらえられかねないものですが、そうした行為全般をしていないカップルであるからこそ、本気度がより分かりやすくなっているのです。

性行為がない分、愛情を直接的に伝えるには行動に起こすか言葉に起こすかになりますが、どれだけ言葉を重ねたとしても関係の在り方が在り方なので、信用したくてもできないという人はかなりの数存在します。

けれど、言葉だけでなくそこに濃厚なキスがあると、その分愛情を強く感じやすくなるのです。

例え性行為をしないお付き合いだとしても、それだけ濃厚なキスをしてくれるくらいには自分のことを魅力的な異性だと感じてくれている、がっつくようなキスをするほど異性として性的に興奮することがあると行動で示してくれているようなものになります。

だからこそ、本気であるのかちゃんと知りたいと思う人は相手とのキスで濃厚なものをしたことがあるのか、頻繁にではないが定期的に濃厚で少し長めにキスをする時間があるのかをチェックしてみるのがおすすめです。

ただ、濃厚なキスをするとそれだけ性的に興奮しやすい状況にあるケースもあるので、うっかり体を許してしまうかもしれないので、少し注意しておくと良いでしょう。

この人遊んでる…!既婚男性のキスの仕方から不倫慣れしているかを知る方法

女性の機嫌が悪い時にキスをする


本気度がキスから分かるということは、逆にその人が遊びで付き合っているのかどうかを確かめられるということ。

既婚男性の中には数人の人と交際した経験からも非常に遊び慣れている例も珍しくないので、キスの仕方によっては自分を都合よく扱えるように遊んだ経験を活かしている人と実は交際していた、と気づくことになる人もいます。

そんな遊び慣れている、不倫恋愛を遊びとして考えている人の特徴として、キスを女性の機嫌が悪いと思った時にする仕草や仕方をしているという点が当てはまるのです。

機嫌が悪いと女性の態度や行動を見て把握し、まるでご機嫌取りのようにキスをする男性はキスさえすれば多少女性の機嫌が良くなるというのを知っており、なおかつある程度自分が思っている通りに彼女を誘導していけるとも思っています。

そのため、自分がキスすれば彼女は機嫌を直し、面倒な状態から抜け出せると知っているからこそ、遊び慣れていると判断できるのです。

キスをすれば女性が機嫌を直してくれると判断できるほど、女性とのお付き合いがあると判断できるだけでなく、女性にどう接すれば機嫌よくしてもらえるのかを熟知しているとも考えられます。

たくさんキスをしてくる


女性と遊び慣れている、遊びで付き合っている既婚者男性を見分けるための方法の中には、キスの回数で本気かどうか、遊びかどうかを判断することもできます。

遊びではない、本気でお付き合いをしている彼になると、キスをしたいと思っても恥ずかしいと感じるだけでなく、大切だからこそキスの回数やシチュエーションにもこだわりたいと思っている人の方が多いです。

しかし、遊びで交際している既婚男性になると自身が真面目に交際していない、たかが遊びとして秘密の恋を楽しんでいるのをごまかすためにたくさんキスをしてきます。

キスをすればごまかすことができる、女性の思考を一度途切れさせることができると考えているのはもちろんですが、たくさんキスすることが愛情表現として彼女に伝われば遊びであるという心配をされずに継続していけると思っているのです。

だからこそ、本気でスキンシップが多い人のように、キスをたくさんしてきます。

もともとスキンシップが多く、ふれあいや密着を好む人であればたくさんキスをしてもおかしくはありませんが、普段ふれあいや密着を好まないのにやたらとキスだけしてくる人は遊びの可能性は高いです。

濃厚なキスをしてこない


キスの仕方によって本気度が分かる方法のなかにはキスの濃厚さで判断するというものもあります。

キスの濃厚さというのは、それだけ強い愛情を示すもの。

場所を選んでプレッシャーキスやディープキスを不倫であってもしてくる人はそれだけ異性として相手のことを好きでいるというのが良くわかる交際者と言えるでしょう。

しかし、こうした濃厚なキスはしたいと思う人とそうでない人に別れやすいのもあり、体の関係を築いていないカップルになるとあまり縁のないものになってしまう例も多いです。

ただ、どうしても愛情が止められない、強い愛情表現をしたいという時には相手の方からされるケースもありますし、女性の方からねだってやってもらうというケースもありますので、そこまで全く縁のないものとは言えません。

けれども、この濃厚なキスが全くない、簡単に触れるだけのキスに近いという男性になるとそれだけ愛情を感じていない、多少愛情はあるとはいえ異性としての好意はそれほど感じていないと思われます。

だからこそ、簡単にキスしてやればいいだろうと思っていると考えていると判断できるのです。

濃厚なキスが数少ないとはいえあるのならそこまで不安になることはないですが、あまりにも記憶にないほど少ない回数や全くされたことがないという女性は、相手が遊びであると疑った方が良いでしょう。

キスとハグの不倫はグレーゾーン!証拠を残せばアウトなので気付かれないように


肉体関係を持つと不倫は発覚した際に完全にアウトというのは知っていますが、今では肉体関係なしのただデートや食事をしたり、手をつないだりハグをしたりといったような関係性を気付いたうえでの不倫も例があります。

しかし、不倫は不倫、既婚者である男性は家庭や妻を裏切っており、女性もそんな男性と同罪の立場にあることは変わりません。

けれど、そんなキスやハグのみの不倫は実はグレーゾーンと言われているのです。

まず証拠が残されないのが一つ、そして不倫だと判断されにくい関係であるというのが一つ、理由にあげられます。

基本的に秘密の恋は肉体関係ありきと思われているので、肉体関係がなく継続性がきちんと確認できない以上、簡単に不倫であると判断できないのです。

だからこそ慰謝料請求を逃れられるなど、非常にグレーな部分にとどまっています。

けれど、グレーゾーンと言っても証拠が残っているのなら話は別。

きちんとした証拠であるのなら速攻で訴えられた挙句、慰謝料を請求されてしまうでしょう。

深くつながるような関係ではないとしても、証拠が残らないように他の人に見られないように、普通の不倫同様に誰にもばれないために気を付けなければなりません。

おすすめの記事