既婚男性が忘れられない女性とは?男にとって記憶に残る特別な女性の特徴や妻にはない魔性の魅力の手に入れ方

既婚男性が浮気をする、不倫をするといった以外にも過去出会ったことがある、交際したことがあるといった女性の中には今でも鮮明に覚えているほど魅力的な女性がいるという人は非常に多いです。

それだけ魅力的であるがゆえに、今でも印象深く覚えており、妻や彼女とは全く違うベクトルでいいなと思ってしまう、抗いがたい何かを感じている女性でもあります。

そんな既婚者が忘れられない魅力の持ち主である女性は、いったいどのような特徴を持っているのでしょうか?

奥さんとは全く違う魔性の魅力にて、相手の記憶に強く残る女性になるための方法についてこの記事では紹介していきます。

気になるあの既婚男性と結ばれなくても、強く印象に残るような女になりたいという女性は必見です。

既婚男性の記憶に残り続ける忘れられない女性の特徴

妻(現実)とは正反対の何かを持っていた


既婚男性の記憶に残り続ける、これは忘れられない人だという女性の特徴としては妻とは正反対、目の前の現実とはまた違った何かを持っているという人が多いです。

例えば妻は家事があまり得意ではないが、過去付き合った彼女は家事が得意で料理が上手だった、妻はちょっとぽっちゃりしているが前の彼女はスレンダーでとてもきれいな人だった、そんな今目の前にある現実とは全く違う特徴を持ち合わせている人が特に印象に残りやすくなっています。

かつて交際していた女性というのはある程度記憶に残るものですが、その中でも現在の自身の周辺と比較しても「これは違うな」という何かを持っていると余計に記憶に残り続けるでしょう。

妻以上に美人、妻以上に何かができた、そんな特徴を持っていれば余計に忘れられず、ことあるごとに内心で奥さんと比較している可能性もあります。

「あの子はもっとできていたのにな」「あの子だったらこんなことにはなってないだろうなあ」とないものねだり、もう取り返しのつかない過去へのなつかしさや名残惜しさがまじりあった、非常に複雑な感情にはなるでしょうが、そうした感情も含めると忘れられない女性となってしまうでしょう。

更に結婚した後、それも子供ができた後というのは奥さんも家事や育児で忙しく、さらにそこに仕事も入ってくると自身の容姿や美容関連に気を回すことができないなんていうのも珍しくない状態です。

そのため、すっぴんでジーパンにTシャツ、最悪の場合はスウェットで家をうろつき、外出するといった行動を見ていると綺麗にファッションでコーディネートしてデートをし、なるべく綺麗にいられるように美容方面にも気をまわしていた過去の彼女に思いをはせてしまうなんて言うのも良くあります。

こうした奥さんの美容関連への怠慢によって思い起こされるのは、美人な元カノ。

スレンダーで綺麗にメイクをし、身なりをいつでも気にかけておしゃれだった彼女とすっぴんで外出も構わないという妻を比較してがっくりと肩を落としてしまうのです。

初体験などの印象深い思い出がある


忘れられない思い出のある女性というのも、既婚男性にとっては印象深い女性として残り続けます。

特に初体験を経験したお相手ともなればまた特別な存在として記憶に残るもので、どういうタイミングで、どんな時に体験したのかも含めて強く記憶に残り続けるでしょう。

初めて告白した人、振られた人、交際に至った人、エッチをした人、そんな忘れられない初めての人はたくさんいると思いますが、その中でも告白した人やエッチをした人などは男性としてもかなり記憶に残ります。

所謂初恋の人、というものに近い感覚で残るでしょうから、記憶の補正も相まって非常に可愛い子に恋をしていたなどのすごくきれいな記憶になりやすいです。

また、日常生活では体験できないことを一緒に経験した人や、いろいろな場所に足を運んでデートをした人もなかなか忘れられないほど強烈に記憶に残る経験であったり、思い出す機会が非常に多かったりすることも相まって簡単には忘れられない女性になるでしょう。

男性によって忘れられないきっかけ、原因というのは違いますが、濃い経験を共にした人や初めてを共有した人というのは記憶に残りやすいです。

愛情深く愛してくれた女性


既婚男性が忘れられないという女性は、愛情深く一途にその人を想い続けてくれた女性という特徴もあげられます。

このような愛情深い女性が記憶に残ってしまう理由としては、結婚生活が満足いくものではない、承認欲求などが解消されないといった男性側の不満がかなり高まっていることが原因です。

愛情深く、一途な思いで男性を支え、愛してくれた女性は承認欲求をきちんと解消してくれ、無償の愛によって条件が悪い男性であった自身であるにもかかわらず、愛を注いでてくれていたという事実も相まって、妻に対して不満をより高めていきます。

その結果、過去に愛情を心底注いでくれた女性と妻を比較してしまい、忘れられなくなってしまうのです。

大人になることで無条件に愛されるのがどれだけ稀有なことなのか、それを結婚したことで実によく思い知ったという男性は多くいます。

最初のうちは良くても徐々に条件が悪くなっていくのに耐え切れず、離婚をして次の条件の良い相手を探すというのも今では珍しくなく、簡単に離婚に踏み切ってしまえる世の中です。

だからこそ、かつて自分を心の底から愛してくれていた女性を忘れられずにいるのでしょう。

既婚男性の記憶や印象に残り続ける別れ方

好きだから応援する、そう言って静かに涙を流す


既婚男性の記憶に残ってしまう、印象に残り続ける女性は別れ方が特徴的だったというのもあるでしょう。

号泣して別れを無理やり了承させる、喧嘩別れで自然消滅といった悪い印象が残ってしまう別れ方もあるでしょうが、基本的に別れるという行為はあまりいい思い出にならないこともあってあっさりと忘れてしまう人も多いです。

けれど、そんな別れに関して印象深く、忘れられない女性となっている人は別れる理由を聞いても決して縋りつかず、むしろ男性の背を押す形で別れを了承しているという特徴があります。

好きだけれどお互いの道が完全にすれ違ってしまっている、やりたいことも全く違い、それをやるならば離れなければならない、そんな状況でも決して取り乱さず、男性からの申し出を受け入れてくれるというのはかなり好印象に男性の中に残るものです。

勝手な申し出だったのでしょうが、それを「好きだから応援させて」と言ってそっと背中を押してくれる彼女を忘れることなんてできないでしょう。

そして、その時に静かに泣いているというのも忘れられないポイントになります。

号泣されると場所によっては恥ずかしさや申し訳なさでさっさと気持ちを切り替えて忘れてしまおうという気持ちになりますが、静かに涙を流す女性というのはとてもきれいなものとして目に映るものです。

いじらしく泣き、最後まで自分のわがままで振り回してしまったのに、それでもきちんと背中を押そうとしてくれる彼女はいつまでも心の中に残ります。

本当にいい人だった、別れて今どうしているのか分からないけれど幸せになっていてほしい、そんな相手の幸せを願うような思いが強く残るような印象の残り方をするでしょう。

男性もやりたいことをきちんとやり遂げられたか、やり遂げられなかったかで申し訳なさを感じるか否かが違ってくるのもありますが、それでも自分のことを応援してくれた稀有な女性、背中をしっかり通してきっかけや勇気を与えてくれた女性として生涯忘れることのない女性になります。

しっかりと話を聞いてお互いに納得して別れる


忘れられない女性の中には、別れ際の態度が冷静でとても印象的だと言う男性もいます。

交際していた女性と別れるとき、その多くが泣かれたり、喧嘩されたりとあまり良い別れ方にならないまま別れて、今ではもうどんなふうに付き合っていたかすら覚えていない、別れ際ももううろ覚えになってしまっているという人も多いです。

しかし、その中でも印象的に残りやすいのが冷静に話をきちんと聞いたうえで納得して別れられるように立ち回ってくれた女性でしょう。

普通であれば別れ話を出されると気が動転して喧嘩に発展する可能性が高いのですが、このような女性はまず座ってきちんと向き合い、話し合いを行います。

どうして別れるのか、お互いにどこか交際においてだめだと思ったのか、そうしたところをちゃんと聞き、そして理解を示してくれるのです。

相手の言葉できちんと聞き、思い返してみれば確かにそんな素振りがあった、そこがダメだったんだね、ごめんねと理解を示して謝罪や別れたいという気持ちを汲んでくれます。

そうした気遣いや理解しようとしてくれる行動一つ一つがとても印象的に映るもので、非常に好印象に残りやすいのです。

それまで泣きながら別れたくないと縋ってくるような姿ばかりであったのなら、その彼女の姿はとても新鮮なものに映ったでしょうし、何よりとても良い人だという印象を強く残していくでしょう。

最後まできちんと互いに理解しようと努めてくれた彼女を忘れることはできない、そうした気持ちもあって強く記憶に残る彼女としてあげられます。

最後に楽しい思い出を話し合って別れる


別れるとき、険悪なムードの漂うひどい別れ方をしてしまうというのは良くある話。

そんな別れ方をした相手を男性もいつまでも覚えていたいとは思いませんし、何よりもさっさと忘れてしまった方が次の恋のためになると、なるべく早く忘れてしまおうという動きに出始めるのです。

しかし、逆に忘れられないような女性は楽しい思い出を最後に語り合って、笑顔で別れるような女性が印象的だという人は多くいます。

そう簡単に出会えるような女性ではないし、別れ話をした後に笑顔でこれまでの出会いからの思いでの中で、とても印象的な楽しかった思い出を語り合うというのはそうやすやすできるようなことではありません。

あの時はあれが楽しかったね、私はこれが楽しかった、そんなことを言いながら穏やかな気持ちでさよならを言えたのであれば、それは良いお別れとして印象深く男性の心の中に残り続けます。

更に、そうした別れをした彼女との思い出がより鮮明になりやすくなっている状態でもあるので、良かったことばかりを思い出しやすくなり、より楽しい思い出を多く思い出しやすい機会に恵まれるでしょう。

あの子と付き合っていた時は良かったな、という未練すら感じやすくなるかもしれません。

一緒にいるだけで楽しかったあの時、あの時間、特別な日ではなくても十分なほど思い出に恵まれているカップルであるのならばより鮮明に、そしていろいろなところに行くたびに妻ではなく、その別れた彼女を思い浮かべるでしょう。

もうすでに別れてしまったけれど、お互いのために笑ってさよならをしてくれたとてもいい人だった彼女、そのほかにも色々な特徴、良いところを思い浮かべてしまうので、記憶の補正も相まって美人に見えたり、さらに良い印象が強くなったりとより印象的に残ります。

もちろん、そうした印象があまりにも良い状態だと再会したときに少し「こんなんだったかな?」という困惑に襲われてしまうかもしれませんが、それでも良い人であるという印象は覆しようのない強いまま、ずっと男性の中に残り続けるのです。

笑顔で別れるというのが、恋人同士ではとても難しいものであるからこそ印象的なお別れであると言えます。

既婚男性が忘れられない特別な女性に対して取る態度

他の人よりも気を遣ってしまう


忘れられない女性とつい再会したとき、男性の態度が他の人とはやはり違ってくるというのは良くあります。

特別な女性だからこそ、既婚男性は思い出や交際していたという事実も含めて他の人よりも気を遣って、優しい態度を取ることが多く、近況などを話しながらもそっとお酒を渡したり、女性側の態度や近況に関して触れないほうがいいと思ったことには触れず、話をしていくのです。

このように、他の人に対しては見られないだろう気遣いがあるというのもまた、特別だからこその対応とも言えます。

優しくしてもらった、別れた時に背中を押してもらった、そうした男性に尽くしてくれたという過去があるからこそ、男性としても特別扱いをしたいという気持ちが強く出るのです。

奥さんに見られてしまうと修羅場になりかねないという男女もいるでしょうが、良い思い出であるからこそ大切にしたいという気持ちが強い分、特別扱いはより顕著になっていくでしょう。

旦那さんにとって忘れられないほど良い影響をもたらしてくれた人、どうにもならないほど今でも忘れることができない大きな思い出のある人、そうした人だからこその特別扱いだと割り切るしかありません。

ただ、忘れられないというだけで好意としては奥さんへの物の方が強いという既婚者も多いので、完全に彼が元恋人に好意を寄せているわけではない可能性もあるというのも良く知っておきましょう。

別れ方によっては友人を思わせる交際前の態度のまま


良い思い出のある忘れられない女性の中でも、別れ方が非常に良いもの、それも笑顔でお互い納得して別れられたというような人の場合は、友人のような態度で明るく、そのまま何ともないように接するケースもあります。

明るく、特に嫌悪感も感じずに別れた場合はそれだけその人との関係性も悪くなく、再会してもそれほど戸惑うことなく接することができるので、当然ながら別れた後でも友人のような感覚で接することができるようなケースはいくつもあるのです。

すでに結婚している男性はもちろんのこと、元カノ側も既婚者であるという例もありますので再会して不倫の兆しが見え始めるか否かは家庭状況にもよるでしょう。

家庭内での立場やそのほかの環境があまりにも悪い場合は、助けてほしい一心で元恋人へアプローチを仕掛けてくるでしょうが、そうではなく互いに円満な家庭であれば仲の良い友人として家庭の愚痴や子育てなどの大変さを分かち合いながらも、たまーにお酒を飲む程度の付き合いはあるかもしれません。

けれどそれ以上の関係に進展することはそうないでしょう。

一度別れた以上、もしかするならばもう一度という気持ちが生まれるかもしれませんが、妻に対しての愛情が変わらないというのならばその心配はありません。

普段から愛情表現をきちんとしている夫婦であれば、よりそれほど心配する必要はないので同窓会などに出席したとしても不安も少ないと思います。

ただ、過去の話をよくするようになるので、もしも同級生や同僚であったことから同じお酒の席に呼ばれたとしても蚊帳の外という状態が続く可能性は高いです。

自分の知らない夫のこと、昔の思い出話、いろいろと感じるものがあるだろう彼らにとっては懐かしい話は嫉妬心が燃え盛るような感覚があるでしょうが、夫からの愛を信じて待つしかないでしょう。

互いにすでにそういう感覚がないのであれば、本当に懐かしいねと話しているだけなので心配して詰問すればするほど逆に夫の方が嫌気がさして遠ざかってしまう可能性もありますので、その点だけ十分注意して接しなければなりません。

まるでアプローチをしているような接し方に


昔懐かしい元カノですので、良い影響を与えてくれた忘れられない人、魅力的な人に対してはどうしてもアプローチしているかのような接し方になるケースもあります。

特にその人が今でも好意を抱きやすいような環境にいる男性であれば、久しぶりに会った魅力的な元カノに抗えずにもしかすればもしかするのではないか、という気持ちからアプローチじみた行動に出る人もいるのです。

不倫に発展しかねない行動でもありますが、人によっては彼女に対して昔のように接したらこのような接し方になってしまったというような場合もあります。

そのアプローチのような対応に他の人は「え!?」と思うような時もあるでしょう。

元恋人に対しての態度としては本気のように見えかねない、もしかするとこの二人はよりを戻しているんじゃないかと疑りをかけられてしまう可能性が出てくるほど、かなり親しい間柄に見えるような接し方でもあります。

下手をすると不倫の疑惑を持たれてしまうだけでなく、妻や友人たちからも「彼女とどういう関係?」と聞かれてしまいかねません。

しかし、そうした過去の交際時と同じような対応をしている男性の中には、どう接していいのか分からず、とりあえず問題ないだろうと考えた過去の対応をしているというケースが非常に多いです。

どれだけ良い別れ方であったとしても、忘れられない元カノというのは影響力が高く、そしてどう対応していいのか分からないからこそ、自分がかつて彼女に対して接していた態度で接しておけば問題ない、変にぎくしゃくするよりは前のように接しておけばその時のようにスムーズに彼女と接することができるだろう、そんな考えからの行動、そして接し方になります。

同窓会や忘年会などでは周りの目が気になるところではあまりしてはいけない接し方だとは分かっているのでしょうが、残念ながらそれ以外に元カノと上手に付き合う方法を知らないが故の行動です。

元カノと会うとどう接すればいいのか分からないのはどんな男性であっても変わらないもので、とにかくぎくしゃくせずに、他の人たちにも不審に思われないような対応を考えなければならないと必死になってしまうことも。

けれど、必死になって考えてもそう簡単に上手な付き合い方というのは思い浮かばないもので、再会したときにテンパってしまって前と同じように接してしまうということもあるでしょう。

例え他の人たちにそういう意味合いで使っているのではないか、密かによりを戻しているのではないかと噂されるようになったとしても、自分なりに正しいと思った接し方だと確信しているので、他の人にうわさされるかもしれないと思っていても決してその態度を変えることはありません。

他に元カノにどんな態度を取れば普通なのかわからない、深く考え抜いて、ようやく出た応えがこれなのです。

既婚男性が忘れられない女性ともう一度会いたいと感じる時

思い出の場所などに行ったとき


既婚男性は忘れられない女性ともう一度会いたいな、と思うのは彼女との思い出の場所に足を運んだ時でしょう。

初めての経験を一緒にした場所、例えば初デートの場所や初めて手をつないだりキスをしたりした場所、別れ話をした場所などそうした色々と思い出深いところは何気なく訪れていたとしても、「あ、ここ前に来たことがある」と思い返すもの。

特に印象深い彼女のことであればなおのこと、思い出の場所はたくさんありますから何気なく訪れたところが偶然思い出の場所だったなんてことはよくあります。

そんな時、思い出すのはやはり彼女のことです。

妻や子供たちと一緒にいたとしても、既婚男性は内心「彼女と一緒に来た場所だ」と懐かしい気持ちを胸いっぱいに抱え込み、元カノのことを思い返します。

そしてできればもう一度会ってみたいと思うのです。

当然、互いに幸せな家庭を築いている立場であるかもしれない、結婚してはいなくても彼氏がいたり、自分の夢を追いかけるのに忙しかったりするかもしれないでしょう。

けれど、会ってみると何かが変わるような気がしてならないのです。

不倫恋愛に発展してしまうかもしれない、発展せずにお互いを刺激し合いながら今後をそれぞれ頑張っていこうという前向きな気持ちにさせてくれるかもしれない、そんな自分の今を変えてくれる何かを与えてくれる、そんな予感を得ます。

思い出の場所に行ったとき、その時に家族と一緒にいる自分や仕事などにおいての成果に満足しているのであればちょっと思い出した時に、懐かしいしそれなりに時間も経っているから会えるなら会いたいな、という気持ちで終わるのですが、多くのものに不満がある場合は会ってそのまま関係を持ったり、できれば話を長く続けられるような関係に持ち込んでよりを戻せるなら戻してしまいたいと思ったりするような気持ちにもなりやすいです。

現実に不満があればあるほど、過去良い思いをした、良い思い出をたくさん作れた昔の彼女のことを強く思い出します。

そしてもう一度会って、また昔のように良い思いをしていきたいと思ってしまうのです。

だからこそ、もう一度会いたいなと強く思うようになるでしょう。

夫婦生活などが上手く行かないとき


昔の彼女ともう一度会いたい、そう思うのは夫婦生活などが上手く行かないときもあげられます。

妻と喧嘩したとき、子供のことで言い合いになったり互いの考えが一致しなかったりなどのほか、仕事に関することに文句を言われるといった夫婦生活の中では様々な諍いの種が埋め込まれています。

そんな諍いは徐々に妻に対して嫌な気持ちを強めてしまい、おまけに顔を見るほど嫌いになってしまうなんてことも珍しくありません。

夫婦生活が上手く行かない、文句や喧嘩による不機嫌な気持ちの強くなってしまう状態に嫌気がさした時、昔はもっとよかったのにと元カノのことを思い浮かべて懐かしみます。

元カノと一緒にいた時、喧嘩をしたとしてもそれほど強い嫌悪感などを覚えなかったり、それほど長引いたりせずにすぐに仲直り出来たりといつでも仲良く過ごせたような状態を強く思い浮かべた挙句、会いたいと思ってしまうのです。

会っても何が変わるわけではない、むしろ会うこと自体が周りにとがめられてしまうような状態に陥るだけだとは分かっていても、会って何かを変えたいと強く願ってしまいます。

だからこそ、嫌な気持ちばかりが芽生えてしまう現状を変えるために会いたいと願ってしまいますし、実際に行動に移して連絡を取ろうとする男性も出てくるでしょう。

ふと妻や子供たちと一緒に彼女と過ごしたような過ごし方をした時


昔の彼女を思い出すというのはそれなりにあることはあるのですが、中でも印象深い女性を思い出すきっかけや会いたいと思うきっかけの中には、彼女と同じように妻や子供たちと時間を過ごした時も当てはまります。

彼女と一緒に過ごした印象的な時間をもう一度、今度は妻や家族とともに過ごしてみるとふと、「あれ?前にもこんな感じで過ごしたことがあったな」とフラッシュバックや既視感を覚えて、どんなふうに誰と過ごしたのかを思い返し、そして元カノに行きつくのです。

その時、久しぶりに彼女に会ってみたいと思います。

同じように家族と過ごし、そして懐かしい気持ちに後押しされた結果、なつかしさ重視で本当に興味やもう一度会いたいだけという気持ちからくる衝動のようなものではあるのですが、それでもどうなっているのかなと気になり始めるのです。

男性によってはどんどん気になって仕方が無くなり、最後には強く会いたい気持ちが止められなくなり、妻がいる、子供がいるということも無視して彼女に連絡を取ります。

そのあと、恋心がまた燃え上がるのか、それとも仲の良い友人や知人としての立場をしっかりと確定して戻ってくるのかは男性によって違いますので、実際に会って見なければわかりません。

彼女に久しぶりに会った時、記憶とのギャップが大きすぎてむしろ会わなければよかったと思うことだってあるでしょうから、下手に会わないほうが綺麗な思い出のままで追われることだってあるのですから、会ってみて後悔することだってあるでしょう。

けれど、ふと思い返したとき、あの時自分に良くしてくれた彼女も幸せな未来を歩んでいるのだろうか、あの時自分を助けてくれた彼女は何か困っていないだろうか、そんな心配する気持ちも強くなりやすいです。

別れるときに自分のわがままで振り回し、なおかつ元カノに非がない状態で男性側の事情で分かれることを快く了承してくれたのであれば、尚更困ったことがあれば今度は自分が助ける番だと思い込み、できうるかぎり助けてあげたいとも思います。

家族と一緒に過ごしているとき、そして妻と過ごしているときに彼女と過ごしたことのある過ごし方をして、ふと思い出したときには「ああ、懐かしいなあ」と強く感じ、そして会いたくなる気持ちが強くなるのです。

それは不倫相手だろうと、普通に交際していた彼女であったとしても変わりません。

既婚男性の妻にはない魔性の魅力を手に入れる方法

絶対に追いかけない


既婚男性を始め、男性にとって忘れられない女性の特徴としてあげられるのが決して未練を見せず、追いかけないまま別れを選択する女性です。

基本的に女性と別れ話が出てくると、必ず相手から引き留められる、泣かれる、どうにか別れないように行動されるといった女性の方が多く、どうしても別れ話を出すと面倒くささの方が上回ってさっさと別れてしまいたいという気持ちの方が強くなる男性の方が多くいます。

けれど、そんな面倒な別れ際の女性の中でひときわ輝くのが、別れ話を出してきた男性に対して縋らず、追いかけない姿勢を崩さない女性です。

男性が選んだ選択をきちんと理由を聞いて自身なりにのみ込み、そして納得して別れを了承してくれる、そんな女性は他の女性たち良いも特異な部分が多く見られるのも相まって、記憶に残りやすく、忘れられない女性になります。

特に、男性がその後交際した異性がほぼすべて別れ際にしつこく言い募ってくるような面倒くさい女性であれば、「ああ、あの子はすんなり別れてくれたいい子だったのに」と余計に強く記憶に刻まれるでしょう。

エッチのテクニックを上げておく


男性にとって忘れられない女性の中には、体の相性が良かったり、エッチが上手な女性であったりするというのも一つのポイントとして挙げられます。

体の相性に関しても男性は重要視し、真剣に交際をしていた元カノはもちろんのこと、不倫関係にあった秘密の恋人に関しても性交渉をはじめとした体の相性が強くものをいう行為をしたことはあるはずです。

そんな時、体の相性がびっくりするほど良い人というのは男女ともに忘れにくいもの。

あの人とのエッチは気持ちよかった、あの人セックスがすごく上手だったという記憶であったとしても、かなり強く印象的に残りますので、不倫恋愛などでの秘密の恋人候補に上がるほど、忘れにくくなるのです。

特に妻とのセックスなどがかなりつまらない、マンネリ化しているような男性のほかに、妻とすでに長くご無沙汰な状態の男性などは、こうした性的行為の相性が良かった女性のことを強く思い出す機会に恵まれます。

なので、記憶に残りたいという女性であれば、セックスのテクニックをなるべく上手になるように少し練習してみても良いかもしれません。

テクニック以外にも、セックスの最中に男性がしてほしい行動や気遣いなどを調べて、彼が気持ちよく行為に及べるようにしておくというのも、彼にうれしい行動として記憶に残る女性なる下地になってくれます。

奥さんの出来ないこと、苦手なことをきちんとこなせるようになる


男性が忘れられない元カノや秘密の恋人を思い返すときというのは、奥さんの不出来を確認して嫌気がさしてしまうそんなときです。

「あの子はもっとできていたのに」「やっぱり妻はできないわけだ」とどこか呆れたような感覚で妻を見始めているときには、特に印象的な妻ができないものをなんてことなくこなしていた彼女を思い浮かべます。

だからこそ、相手の奥さんがどんなタイプなのか、どんなことができないのかというのを良く調べておき、そのできないことをそつなくこなせるタイプになってしまうのが、魅力的な女性として記憶に残る第一歩と言えるでしょう。

もちろん、結婚しているわけですから奥さんにも強い魅力があるものですので、その奥さんの魅力とはまた別のベクトルの魅力を引き出す方が印象に残ります。

同じ魅力的な物が並んだ時、男性がどちらを選ぶのかはわからないものの、既婚者であるのなら慣れ親しんだ奥さんを選ぶ方がより堅実と言えるでしょうから、奥さんの魅力が及ばない範囲、部分を相手に印象付けるようにした方がよほど建設的。

気になる男性がいるのなら、その人の彼女や妻の話を良く聞いて、何が苦手なのかを確認したうえで、それを得意なものにしてしまいましょう。

忘れられない女性は男性によって特徴も違う。しかし、男性に強く印象付けられれば忘れにくくできる


男性には忘れにくい、忘れられない魅力を持ち合わせた女性というのが一人は記憶の中にいるもので、ふとした時にその記憶が呼び起こされます。

人それぞれ忘れられない特徴は違うものの、確かな魅力を持ち合わせている女性で、妻とは違う、これから先も決して忘れられないだろうという確信を得られるほどの魔性の魅力ともいえるものを持った女性です。

だからこそ、そうした女性になりたいと思うのは必然。

どうにか別れた後にも彼の記憶の中に残り続けたいと思ったときには、彼の記憶に残るほどの印象深い何かを見せなければなりません。

特に印象的に残るのは別れ際。

彼に縋らず、送り出すような別れ方、涙をそっと流して「頑張れ」とエールを送るような別れ方など、前向きな送り出しをすると男性は他の女性と比べて非常に良い別れ方ができたと記憶に残します。

更に、別れる原因が男性側にあり、仕事の事情や自身の夢を優先して別れるというのなら、余計に彼は自分の背中を押してくれた稀有な女性だと思い、忘れることはなくなるでしょう。

むしろ、何かあったら今度は自分が力になってあげたいとすら思うので、記憶にとどめ続けてくれます。

男性の印象に残る女性は特徴なども様々ではありますが、要点を抑えればかなりの確率で記憶に残すことができるので、彼との関係性の中にぜひとも他の女性ではまねできない何かを取り入れてみましょう。

おすすめの記事